チュートリアル: ローカルマシンととの間で複数のファイルをコピーするAWS CloudShell - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアル: ローカルマシンととの間で複数のファイルをコピーするAWS CloudShell

CloudShell インターフェイスを使用して、ローカルマシンとシェル環境の間で一度に 1 つのファイルをアップロードまたはダウンロードできます。CloudShell とローカルマシン間で複数のファイルを同時にコピーするには、次のいずれかのオプションを使用します。

  • Amazon S3: ローカルマシンと CloudShell 間でファイルをコピーするときは、S3 バケットを仲介として使用します。

  • Zip ファイル: CloudShell インターフェイスを使用してアップロードまたはダウンロードできる 1 つの zip フォルダーに複数のファイルを圧縮します。

注記

なぜならAWS CloudShellは着信インターネットトラフィックを許可しません。現在、次のようなコマンドは使用できません。scpまたはrsyncローカルマシンと CloudShell コンピューティング環境間で複数のファイルをコピーします。

Amazon S3 を使用した複数のファイルのアップロードとダウンロード

前提条件

バケットとオブジェクトを操作するには、次の Amazon S3 API アクションを実行するアクセス権限を付与する IAM ポリシーが必要です。

  • s3:CreateBucket

  • s3:PutObject

  • s3:GetObject

Amazon S3 のアクションの一覧については、「」を参照してください。アクションAmazon Simple Storage Service API リファレンス

に複数のファイルをアップロードするAWS CloudShellAmazon S3 の使用

  1. EclipseAWS CloudShellで、以下を実行して S3 バケットを作成します。s3コマンド:

    aws s3api create-bucket --bucket your-bucket-name --region us-east-1

    コールが成功すると、コマンドラインに S3 サービスからの応答が表示されます。

    { "Location": "/your-bucket-name" }
  2. 次に、ローカルマシンからバケットにディレクトリ内のファイルをアップロードする必要があります。ファイルをアップロードするには、次の 2 つのオプションがあります。

    • AWS Management Console: ドラッグアンドドロップを使用して、ファイルおよびフォルダをバケットにアップロードします。

    • AWS CLI: ローカルマシンにインストールされているツールのバージョンで、コマンドラインを使用してファイルとフォルダーをバケットにアップロードします。

    Using the console
    • [https://console.aws.amazon.com/s3/] で Amazon S3 コンソールを開きます。

      (使用している)AWS CloudShellの場合は、コンソールに既にログインしている必要があります。)

    • [Buckets (バケット)] リストで、フォルダやファイルのアップロード先のバケットの名前を選択します。

    • コンソールウィンドウ以外のウィンドウで、アップロードするファイルとフォルダを選択します。次に、ターゲットバケット内のオブジェクトを一覧表示するコンソールウィンドウに選択内容をドラッグアンドドロップします。

      選択したファイルは、[Upload (アップロード)] ページに一覧表示されます。

    • チェックボックスをオンにして、追加するファイルを指定します。

    • 選択アップロードをクリックして、バケットに選択したファイルを追加します。

    注記

    コンソール使用時の設定オプションの一覧については、「」を参照してください。S3 バケットにファイルとフォルダをアップロードする方法Amazon Simple Storage Service ユーザーガイド

    Using AWS CLI
    注記

    このオプションには、以下が必要です。AWS CLIツールがローカルマシンにインストールされ、への呼び出しに対して資格情報が構成されているAWSのサービス。詳細については、AWS Command Line Interface「 ユーザーガイド」を参照してください。

    • を起動します。AWS CLIツールを実行し、以下を実行します。aws s3コマンドを実行して、指定したバケットをローカルマシン上の現在のディレクトリの内容と同期します。

      aws s3 sync . s3://your-bucket-name

    同期が成功すると、バケットに追加されたすべてのオブジェクトについてアップロードメッセージが表示されます。

  3. 次に、AWS CloudShellコマンドラインで次のコマンドを入力して、シェル環境のディレクトリを S3 バケットの内容と同期させます。

    aws s3 sync s3://your-bucket-name .
    注記

    追加することもできます。--exclude "<value>"そして--include "<value>"パラメータをsyncコマンドを使用すると、特定のファイルまたはオブジェクトを除外またはインクルードするためのパターンマッチングを実行します。

    詳細については、「」を参照してください。除外フィルタとインクルードフィルタの使用AWS CLIコマンドリファレンス

    同期が成功すると、バケットからディレクトリにダウンロードされたすべてのファイルについてダウンロードメッセージが表示されます。

    注記

    sync コマンドを使用すると、新しいファイルおよび更新されたファイルのみがソースディレクトリから送信先に再帰的にコピーされます。

複数のファイルをダウンロードするAWS CloudShellAmazon S3 の使用

  1. の使用AWS CloudShellコマンドラインで、以下を入力します。aws s3シェル環境内の現在のディレクトリの内容に S3 バケットを同期させるコマンドは次のとおりです。

    aws s3 sync . s3://your-bucket-name
    注記

    追加することもできます。--exclude "<value>"そして--include "<value>"へのパラメータsyncコマンドを使用すると、特定のファイルまたはオブジェクトを除外またはインクルードするためのパターンマッチングを実行します。

    詳細については、「」を参照してください。除外フィルタとインクルードフィルタの使用AWS CLIコマンドリファレンス

    同期が成功すると、バケットに追加されたすべてのオブジェクトについてアップロードメッセージが表示されます。

  2. これで、バケットの内容をローカルマシンにダウンロードする必要があります。Amazon S3 コンソールは複数のオブジェクトのダウンロードをサポートしていないため、AWS CLIローカルマシンにインストールされているツール。

    のコマンドラインから、AWS CLIツールで、以下のコマンドを実行します。

    aws s3 sync s3://your-bucket-name .

    同期が成功すると、宛先ディレクトリに更新または追加された各ファイルのダウンロードメッセージがコマンドラインに表示されます。

    注記

    このオプションには、以下が必要です。AWS CLIツールがローカルマシンにインストールされ、への呼び出しに対して資格情報が構成されているAWSのサービス。詳細については、AWS Command Line Interface「 ユーザーガイド」を参照してください。

zip 形式のフォルダを使用した複数のファイルのアップロードとダウンロード

zip/unzip ユーティリティを使用すると、単一のファイルとして扱うことができるアーカイブ内の複数のファイルを圧縮できます。ユーティリティは CloudShell コンピューティング環境にプリインストールされています。

プリインストールされたツールの詳細については、「」を参照してください。開発ツールとシェルユーティリティ

に複数のファイルをアップロードするAWS CloudShell圧縮 Folders の使用

  1. ローカルマシンで、アップロードするファイルを zip 形式で追加します。

  2. を起動するAWS CloudShell[] を選択して [] を選択しますアクション,ファイルのアップロード

  3. ファイルのアップロード] ダイアログボックスで、[] を選択します。ファイルを選択次に、先ほど作成した Zip 形式のフォルダを選択します。

  4. 次に、ファイルのアップロード] ダイアログボックスで、[] を選択します。アップロードを選択して、選択したファイルをシェル環境に追加します。

  5. 次に、CloudShell コマンドラインで次のコマンドを実行して、zip アーカイブの内容を指定されたディレクトリに解凍します。

    unzip zipped-files.zip -d my-unzipped-folder

複数のファイルをダウンロードするAWS CloudShell圧縮 Folders の使用

  1. CloudShell コマンドラインで次のコマンドを実行して、現在のディレクトリ内のすべてのファイルを zip 形式のフォルダーに追加します。

    zip -r zipped-archive.zip *
  2. 次に [] を選択します。アクション,ファイルのダウンロード

  3. ファイルのダウンロード] ダイアログボックスで、圧縮フォルダのパスを入力します (/home/cloudshell-user/zip-folder/zipped-archive.zipなど)を選択し、のダウンロード

    パスが正しい場合は、ブラウザのダイアログで zip 形式のフォルダを開くか、ローカルマシンに保存するかを選択できます。

  4. ローカルマシンで、ダウンロードした zip フォルダの内容を解凍できるようになりました。