AWS CloudShellコンピューティング環境:仕様とソフトウェア - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CloudShellコンピューティング環境:仕様とソフトウェア

を起動するとAWS CloudShellに基づいているコンピューティング環境です。Amazon Linux 2は、シェルエクスペリエンスをホストするために作成されます。環境はコンピューティングリソース (vCPU およびメモリ)の広い範囲を提供します。プリインストール済みソフトウェアコマンドラインインターフェイスからアクセスすることができます。また、ソフトウェアをインストールし、シェルスクリプトを変更することで、デフォルトの環境を構成することもできます。

コンピューティング環境リソース

各AWS CloudShellコンピューティング環境には、次の CPU およびメモリリソースが割り当てられます。

  • 1 vCPU(仮想中央処理装置)

  • 2 GiB のRAM

さらに、環境は次のストレージ構成でプロビジョニングされます。

  • 1 GB の永続ストレージ(セッション終了後もストレージは持続する)

詳細については、「永続的ストレージ」を参照してください。

重要

現在、AWS CloudShellコンピューティング環境はDockerコンテナをサポートしていません。

プリインストール済みソフトウェア

注記

なぜなら、AWS CloudShell開発環境は定期的に更新され、最新のソフトウェアにアクセスできるようになっています。このドキュメントでは、特定のバージョン番号は記載していません。代わりに、インストールされているバージョンを確認する方法を説明しています。多くの場合、これはプログラム名の後に--versionオプション (たとえば、git --version).

Shells

プレインストールされたシェル
名前 説明 [Version information]

Bash

Bash シェルは、AWS CloudShell。

bash --version

PowerShell

PowerShellは、コマンドラインインターフェイスとスクリプト言語のサポートを提供し、Microsoftの.NETコマンド言語ランタイムの上に構築されています。PowerShellは、cmdletsで、.NET オブジェクトを受け入れて返します。

(Get-Host).Version

Zシェル (zsh)

Z シェルは、zshは、Bourne Shell の拡張バージョンで、テーマとプラグインのカスタマイズサポートが強化されています。

zsh --version

AWSコマンドラインインターフェイス (CLI)

CLI
名前 説明 [Version information]

AWS CLI

-AWS CLIは、コマンドラインインターフェイスで、複数のAWSサービスをコマンドラインから実行したり、スクリプトを使用して自動化したりできます。詳細については、「の使用AWS内のサービスAWS CloudShell」を参照してください。

最新のバージョンを使用していることを確認する方法については、AWS CLIバージョン 2 については、を参照してください。のインストールAWS CLIホームディレクトリに

aws --version

EB CLI

-AWS Elastic BeanstalkCLI には、ローカルリポジトリの環境の作成、更新、モニタリングを簡素化するコマンドラインインターフェイスが用意されています。

詳細については、「」を参照してください。Elastic Beanstalk コマンドラインインターフェイス (EB CLI) の使用()AWS Elastic Beanstalk開発者ガイド

eb --version

Amazon ECS CLI

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) コマンドラインインターフェース (CLI) には、クラスターおよびタスクの作成、更新、モニタリングを簡素化する高レベルコマンドが用意されています。

詳細については、「」を参照してください。Amazon ECS コマンドラインインターフェイスの使用()Amazon Elastic Container Service

ecs-cli --version

AWS SAM CLI

AWS SAMCLI は、コマンドラインツールです。AWS Serverless Application Modelテンプレートとアプリケーションコード。いくつかのタスクを実行できます。これには、ローカルで Lambda 関数を呼び出す、サーバーレスアプリケーションのデプロイパッケージを作成する、サーバーレスアプリケーションをAWSクラウド。

詳細については、「」を参照してください。AWS SAMCLI コマンドリファレンス()AWS Serverless Application Model開発者ガイド

sam --version

ランタイムおよび AWS SDK: Node.js と Python 3

ランタイムと AWS SDK
名前 説明 [Version information]

Node.js(npm付き)

Node.js は、非同期プログラミング手法を簡単に適用できるように設計された JavaScript ランタイムです。詳細については、「」を参照してください。公式の Node.js サイトのドキュメント

npmは、JavaScriptモジュールのオンラインレジストリへのアクセスを提供するパッケージマネージャです。詳細については、「」を参照してください。公式npmサイトのドキュメント

  • Node.js:node --version

  • npm:npm --version

SDK for JavaScript in Node.js Node.js

このソフトウェア開発キット(SDK)は、Amazon S3、Amazon EC2、DynamoDB、Amazon SWF などの AWS サービスに JavaScript オブジェクトを提供することで、コーディングを簡素化するのに役立ちます。詳細については、「AWS SDK for JavaScript デベロッパーガイド」を参照してください。

npm -g ls --depth 0 2>/dev/null | grep aws-sdk

Python

Python 3とPython 2は、どちらもシェル環境で使用できる状態です。現在、Python 3はプログラミング言語のデフォルトバージョンとみなされている(Python 2のサポートは2020年1月に終了した)。詳細については、「」を参照してください。公式Pythonサイトのドキュメント

また、プリインストールされているのは、Pythonのパッケージインストーラであるpipです。このコマンドラインプログラムを使用して、Python パッケージインデックスなどのオンラインインデックスから Python パッケージをインストールできます。詳細については、「」を参照してください。Python Packaging Authority が提供するドキュメント

  • Python 2:python --version

  • Python 3:python3 --version

  • pip:pip3 --version

SDK for Python (Boto3)

Boto は Python 開発者は EC2 や S3 などの AWS サービスを作成、設定、および管理するために使用するソフトウェア開発キット (SDK) です。SDK は、使いやすく、オブジェクト指向 API と AWS サービスへの低レベルアクセスを提供します。

詳細については、「」を参照してください。Boto 3 のドキュメント

pip3 list | grep boto3

開発ツールとシェルユーティリティ

開発ツールとシェルユーティリティ
名前 説明 [Version information]

Git 用の CodeCommit ユーティリティ

git-remote-codecmit は Git を拡張することにより、CodeCommit リポジトリのコードをプッシュおよびプルするための簡単な方法を提供するユーティリティです。これは、フェデレーティッドアクセス、ID プロバイダー、および一時的な認証情報を使用した接続をサポートするために推奨される方法です。

詳細については、「」を参照してください。HTTPS 接続をセットアップする手順AWS CodeCommitgit-remote-codecommit を使用して()AWS CodeCommitユーザーガイド

pip3 list | grep git-remote-codecommit

Git

Gitは、ブランチワークフローとコンテンツステージングを通じて最新のソフトウェア開発プラクティスをサポートする分散バージョン管理システムです。詳細については、「」を参照してください。Gitの公式サイトのドキュメントページ

git --version

イプチル

iputils パッケージには、Linux ネットワーク用のユーティリティが含まれています。提供されるユーティリティの詳細については、『』を参照してください。GitHub の iputils リポジトリ

iputilsツールの例:arping -V

jq jq ユーティリティは JSON 形式のデータを解析し、コマンドラインフィルターによって変更された出力を生成します。詳細については、「」を参照してください。GitHub でホストされているjqマニュアル

jq --version

make

make ユーティリティはmakefilesを使用して、タスクのセットを自動化し、コードのコンパイルを整理します。詳細については、「」を参照してください。GNU Make のドキュメント

make --version

man

man コマンドには、コマンドラインユーティリティとツールのマニュアルページがあります。例:man lsはマニュアルページを返します。lsコマンドで、ディレクトリの内容を一覧表示します。詳細については、「」を参照してください。マニュアルページのウィキペディアエントリ

man --version

プロップス

procps は、現在実行中のプロセスを監視および停止するために使用できるシステム管理ユーティリティです。詳細については、「」を参照してください。procps で実行できるプログラムをリストする README ファイル

ps --version

SSH クライアント

SSH クライアントは、リモートコンピューターとの暗号化された通信にセキュアシェルプロトコルを使用します。OpenSSH は、プリインストールされている SSH クライアントです。詳細については、「」を参照してください。OpenSSH サイトOpenBSD によって維持されています。

ssh -V

sudo

sudo ユーティリティを使用すると、ユーザーは別のユーザー (通常はスーパーユーザー) のセキュリティ権限でプログラムを実行できます。sudo は、システム管理者としてアプリケーションをインストールする必要がある場合に便利です。詳細については、「」を参照してください。sudo マニュアル

sudo --version

tar

tar はコマンドラインユーティリティで、複数のファイルを 1 つのアーカイブファイル (tarball とも呼ばれます) にグループ化できます。詳細については、「」を参照してください。GNU tar のドキュメント

tar --version.

tmux

tmux は、複数のウィンドウで異なるプログラムを同時に実行するために使用できる端末マルチプレクサです。実行中、tmux はウィンドウの下部にあるステータスバーに現在のセッションに関する情報を表示します。詳細については、「」を参照してください。tmuxの簡潔な紹介を提供するブログ

tmux -V

unzip

「ZIP/解凍」を参照
vim

vimはカスタマイズ可能なエディタで、ユーザーがテキストベースのインターフェイスを介して操作します。詳細については、「」を参照してください。vim.org で提供されるドキュメントリソース

vim --version

wget

wget は、コマンドラインでエンドポイントで指定されたWebサーバーからコンテンツを取得するために使用されるコンピュータプログラムです。詳細については、「」を参照してください。GNU Wget のドキュメント

wget --version

zip /unzip

zip/unzipユーティリティは、データを失うことなくロスレスなデータ圧縮を実現するアーカイブファイル形式を使用します。zip コマンドを呼び出して、ファイルを 1 つのアーカイブにグループ化して圧縮します。unzip を使用して、アーカイブから指定したディレクトリにファイルを抽出します。

unzip --version

zip --version

のインストールAWS CLIホームディレクトリに

CloudShell 環境にプレインストールされている他のソフトウェアと同様に、AWS CLIツールは、スケジュールされたアップグレードとセキュリティパッチによって自動的に更新されます。最新バージョンのAWS CLIでは、シェルのホームディレクトリーにツールを手動でインストールできます。

重要

コピーは、手動でインストールする必要があります。AWS CLIをホームディレクトリーに保存し、次回 CloudShell セッションを開始するときに使用できるようにします。これは、外部ディレクトリに追加されるファイルが$HOMEは、シェルセッションの終了後に削除されます。また、このコピーをインストールした後AWS CLIに設定されている場合、自動的には更新されません。つまり、アップデートとセキュリティパッチを管理するのはお客様の責任です。

の詳細AWS責任共有モデル。AWS CloudShell でのデータ保護

AWS CLI をインストールするには

  1. まず、CloudShell コマンドラインで、curlコマンドの圧縮コピーを転送するには、AWS CLIをシェルにインストールします。

    curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
  2. 圧縮されたフォルダを解凍します。

    unzip awscliv2.zip
  3. 次に、を実行します。AWS CLIインストーラを使用して、指定したフォルダにツールを追加します。

    sudo ./aws/install --install-dir /home/cloudshell-user/usr/local/aws-cli --bin-dir /home/cloudshell-user/usr/local/bin

    正常にインストールされると、コマンドラインに次のメッセージが表示されます。

    You can now run: /home/cloudshell-user/usr/local/bin/aws --version
  4. 独自の便宜のために、私たちはまた、更新することをお勧めしますPATH環境変数を設定して、ツールのインストール先へのパスを指定する必要がないようにします。awsコマンド:

    export PATH=/home/cloudshell-user/usr/local/bin:$PATH
    注記

    この変更を元に戻すとPATH,awsコマンドは、指定されたパスを持たないプリインストールバージョンのAWS CLIデフォルトはです。

シェル環境にサードパーティーソフトウェアをインストールする

注記

「」を確認することをお勧めします。セキュリティ責任共有モデルにサードパーティ製アプリケーションをインストールする前にAWS CloudShellコンピューティング環境。

デフォルトでは、すべてのAWS CloudShellユーザーには sudo 権限があります。したがって、を使用できます。sudoコマンドを使用して、シェルのコンピュート環境でまだ利用できないソフトウェアをインストールすることができます。たとえば、を使用できます。sudoを使用して、GNU nano テキストエディタをインストールします。

sudo yum install nano

次に、新しくインストールされたプログラムを起動するには、nano

重要

パッケージ管理ユーティリティ (yum インストールプログラムなど)/user/binなど)、シェルセッションが終了したときにリサイクルされます。つまり、追加のソフトウェアがセッションごとにインストールされ、使用されることを意味します。

スクリプトによるシェルの変更

デフォルトのシェル環境を変更する場合は、シェル環境が起動するたびに実行されるシェルスクリプトを編集できます。-.bashrcスクリプトは、デフォルトのbashシェルが起動するたびに実行されます。

警告

誤って変更した場合.bashrcファイルから、後でシェル環境にアクセスできないことがあります。編集する前に、ファイルのコピーを作成することをお勧めします。また、編集時に 2 つのシェルを開くことでリスクを軽減することもできます.bashrc。一方のシェルでアクセスできなくなった場合でも、もう一方のシェルにログインしており、変更をロールバックできます。

誤って変更した後にアクセスが失われた場合.bashrcまたは他のファイルを返す場合は、AWS CloudShellをデフォルト設定にホームディレクトリの削除

この手順では、.bashrcスクリプトを実行して、シェル環境が Z シェルの実行に自動的に切り替わるようにします。

  1. を開く.bashrcテキストエディタ (例:Vim など) を使用します。

    vim .bashrc
  2. エディターインターフェイスで、インスタンスキーを押して編集を開始し、以下を追加します。

    zsh
  3. 編集済みの.bashrcファイルでEscを押して Vim コマンドモードに入り、以下のコマンドを入力します。

    :wq

  4. の使用sourceコマンドを実行して、.bashrcfile:

    source .bashrc

    コマンドラインインターフェイスが再び使用可能になると、プロンプトシンボルが%をクリックして、Z シェルを使用していることを示します。

ホームディレクトリを削除する

警告

ホームディレクトリの削除は、ホームディレクトリに格納されているすべてのデータが完全に削除される、不可逆的な操作です。ただし、次のような場合は、このオプションを検討することをお勧めします。

  • ファイルを誤って変更したため、AWS CloudShellコンピューティング環境。ホームディレクトリを削除するとAWS CloudShellをデフォルト設定に設定します。

  • すべてのデータをAWS CloudShellただちにできます。使用を停止すると、AWS CloudShellでAWSリージョン、永続ストレージは保持期間の終了時に自動的に削除を起動しない限りAWS CloudShell再びリージョンで。

ファイルの長期保存が必要な場合は、Amazon S3 や CodeCommit などのサービスを検討してください。

ホームディレクトリを削除してリセットするにはAWS CloudShell

  1. 選択アクション,削除AWS CloudShellホームディレクトリ

  2. ダイアログボックスで、「delete」という単語を入力して、削除オプション。

    
      [ホームディレクトリの削除] ボタンをアクティブにします。
  3. [削除] を選択します。

    新しいAWS CloudShellコンピュート環境が作成され、起動されます。削除を確認するには、lsコマンドを実行します。