AWS SDK またはコマンドラインツールCreateAutoScalingGroupで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateAutoScalingGroupで を使用する

以下のコード例は、CreateAutoScalingGroup の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// Create a new Amazon EC2 Auto Scaling group. /// </summary> /// <param name="groupName">The name to use for the new Auto Scaling /// group.</param> /// <param name="launchTemplateName">The name of the Amazon EC2 Auto Scaling /// launch template to use to create instances in the group.</param> /// <returns>A Boolean value indicating the success of the action.</returns> public async Task<bool> CreateAutoScalingGroupAsync( string groupName, string launchTemplateName, string availabilityZone) { var templateSpecification = new LaunchTemplateSpecification { LaunchTemplateName = launchTemplateName, }; var zoneList = new List<string> { availabilityZone, }; var request = new CreateAutoScalingGroupRequest { AutoScalingGroupName = groupName, AvailabilityZones = zoneList, LaunchTemplate = templateSpecification, MaxSize = 6, MinSize = 1 }; var response = await _amazonAutoScaling.CreateAutoScalingGroupAsync(request); Console.WriteLine($"{groupName} Auto Scaling Group created"); return response.HttpStatusCode == System.Net.HttpStatusCode.OK; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateAutoScalingGroup」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

C++
SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

Aws::Client::ClientConfiguration clientConfig; // Optional: Set to the AWS Region (overrides config file). // clientConfig.region = "us-east-1"; Aws::AutoScaling::AutoScalingClient autoScalingClient(clientConfig); Aws::AutoScaling::Model::CreateAutoScalingGroupRequest request; request.SetAutoScalingGroupName(groupName); Aws::Vector<Aws::String> availabilityGroupZones; availabilityGroupZones.push_back( availabilityZones[availabilityZoneChoice - 1].GetZoneName()); request.SetAvailabilityZones(availabilityGroupZones); request.SetMaxSize(1); request.SetMinSize(1); Aws::AutoScaling::Model::LaunchTemplateSpecification launchTemplateSpecification; launchTemplateSpecification.SetLaunchTemplateName(templateName); request.SetLaunchTemplate(launchTemplateSpecification); Aws::AutoScaling::Model::CreateAutoScalingGroupOutcome outcome = autoScalingClient.CreateAutoScalingGroup(request); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Created Auto Scaling group '" << groupName << "'..." << std::endl; } else if (outcome.GetError().GetErrorType() == Aws::AutoScaling::AutoScalingErrors::ALREADY_EXISTS_FAULT) { std::cout << "Auto Scaling group '" << groupName << "' already exists." << std::endl; } else { std::cerr << "Error with AutoScaling::CreateAutoScalingGroup. " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateAutoScalingGroup」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

例 1: Auto Scaling グループを作成するには

次の create-auto-scaling-group の例では、リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーンのサブネット内に Auto Scaling グループを作成します。インスタンスは、指定された起動テンプレートのデフォルトバージョンで起動されます。終了ポリシーやヘルスチェック設定など、他のほとんどの設定にはデフォルトが使用されることに注意してください。

aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --auto-scaling-group-name my-asg \ --launch-template LaunchTemplateId=lt-1234567890abcde12 \ --min-size 1 \ --max-size 5 \ --vpc-zone-identifier "subnet-5ea0c127,subnet-6194ea3b,subnet-c934b782"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Auto Scaling グループ」を参照してください。

例 2: Application Load Balancer、Network Load Balancer、または Gateway Load Balancer をアタッチするには

この例では、予想されるトラフィックをサポートするロードバランサーのターゲットグループの ARN を指定します。ヘルスチェックタイプは、Elastic Load Balancing がインスタンスを異常として報告したときに、Auto Scaling グループがそのインスタンスを置き換えるよう ELB を指定します。このコマンドは、ヘルスチェックの猶予期間 (600 秒) も定義します。猶予期間は、新しく起動したインスタンスが早期に終了するのを防ぐのに役立ちます。

aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --auto-scaling-group-name my-asg \ --launch-template LaunchTemplateId=lt-1234567890abcde12 \ --target-group-arns arn:aws:elasticloadbalancing:us-west-2:123456789012:targetgroup/my-targets/943f017f100becff \ --health-check-type ELB \ --health-check-grace-period 600 \ --min-size 1 \ --max-size 5 \ --vpc-zone-identifier "subnet-5ea0c127,subnet-6194ea3b,subnet-c934b782"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Elastic Load Balancing を使用して Auto Scaling グループ内のインスタンス全体にトラフィックを分散させる」を参照してください。

例 3: プレイスメントグループを指定し、起動テンプレートの最新バージョンを使用するには

この例では、単一のアベイラビリティーゾーン内のプレイスメントグループ内でインスタンスを起動します。これは、HPC ワークロードを使用する低レイテンシーのグループに役立ちます。この例では、グループの最小サイズ、最大サイズ、希望する容量も指定しています。

aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --auto-scaling-group-name my-asg \ --launch-template LaunchTemplateId=lt-1234567890abcde12,Version='$Latest' \ --min-size 1 \ --max-size 5 \ --desired-capacity 3 \ --placement-group my-placement-group \ --vpc-zone-identifier "subnet-6194ea3b"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「プレイスメントグループ」を参照してください。

例 4: 単一のインスタンスの Auto Scaling グループを指定し、特定のバージョンの起動テンプレートを使用するには

この例では、単一のインスタンスが強制的に実行されるように、最小容量と最大容量を 1 に設定した Auto Scaling グループを作成します。このコマンドは、既存の ENI の ID が指定されている起動テンプレートの v1 も指定します。eth0 の既存の ENI を指定する起動テンプレートを使用する際は、リクエストにサブネット ID を指定せずに、ネットワークインターフェイスと一致する Auto Scaling グループのアベイラビリティーゾーンを指定する必要があります。

aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --auto-scaling-group-name my-asg-single-instance \ --launch-template LaunchTemplateName=my-template-for-auto-scaling,Version='1' \ --min-size 1 \ --max-size 1 \ --availability-zones us-west-2a

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Auto Scaling グループ」を参照してください。

例 5: 別の終了ポリシーを指定するには

この例では、起動設定を使用して Auto Scaling グループを作成し、最も古いインスタンスを最初に終了するように終了ポリシーを設定します。またこのコマンドは、Role キーと WebServer 値を使用して、グループとインスタンスにタグを適用します。

aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --auto-scaling-group-name my-asg \ --launch-configuration-name my-lc \ --min-size 1 \ --max-size 5 \ --termination-policies "OldestInstance" \ --tags "ResourceId=my-asg,ResourceType=auto-scaling-group,Key=Role,Value=WebServer,PropagateAtLaunch=true" \ --vpc-zone-identifier "subnet-5ea0c127,subnet-6194ea3b,subnet-c934b782"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Amazon EC2 Auto Scaling 終了ポリシーを使用する」を参照してください。

例 6: 起動ライフサイクルフックを指定するには

この例では、インスタンス起動時のカスタムアクションをサポートするライフサイクルフックで Auto Scaling グループを設定します。

aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --cli-input-json file://~/config.json

config.json ファイルの内容。

{ "AutoScalingGroupName": "my-asg", "LaunchTemplate": { "LaunchTemplateId": "lt-1234567890abcde12" }, "LifecycleHookSpecificationList": [{ "LifecycleHookName": "my-launch-hook", "LifecycleTransition": "autoscaling:EC2_INSTANCE_LAUNCHING", "NotificationTargetARN": "arn:aws:sqs:us-west-2:123456789012:my-sqs-queue", "RoleARN": "arn:aws:iam::123456789012:role/my-notification-role", "NotificationMetadata": "SQS message metadata", "HeartbeatTimeout": 4800, "DefaultResult": "ABANDON" }], "MinSize": 1, "MaxSize": 5, "VPCZoneIdentifier": "subnet-5ea0c127,subnet-6194ea3b,subnet-c934b782", "Tags": [{ "ResourceType": "auto-scaling-group", "ResourceId": "my-asg", "PropagateAtLaunch": true, "Value": "test", "Key": "environment" }] }

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Amazon EC2 Auto Scaling のライフサイクルフック」を参照してください。

例 7: 終了ライフサイクルフックを指定するには

次の例は、インスタンス終了時のカスタムアクションをサポートするライフサイクルフックで Auto Scaling グループを設定します。

aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --cli-input-json file://~/config.json

config.json の内容:

{ "AutoScalingGroupName": "my-asg", "LaunchTemplate": { "LaunchTemplateId": "lt-1234567890abcde12" }, "LifecycleHookSpecificationList": [{ "LifecycleHookName": "my-termination-hook", "LifecycleTransition": "autoscaling:EC2_INSTANCE_TERMINATING", "HeartbeatTimeout": 120, "DefaultResult": "CONTINUE" }], "MinSize": 1, "MaxSize": 5, "TargetGroupARNs": [ "arn:aws:elasticloadbalancing:us-west-2:123456789012:targetgroup/my-targets/73e2d6bc24d8a067" ], "VPCZoneIdentifier": "subnet-5ea0c127,subnet-6194ea3b,subnet-c934b782" }

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Amazon EC2 Auto Scaling のライフサイクルフック」を参照してください。

例 8: カスタム終了ポリシーを指定するには

この例では、スケールイン時にどのインスタンスを安全に終了できるかを Amazon EC2 Auto Scaling に指示するカスタム Lambda 関数終了ポリシーを指定する Auto Scaling グループを作成します。

aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --auto-scaling-group-name my-asg-single-instance \ --launch-template LaunchTemplateName=my-template-for-auto-scaling \ --min-size 1 \ --max-size 5 \ --termination-policies "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:HelloFunction:prod" \ --vpc-zone-identifier "subnet-5ea0c127,subnet-6194ea3b,subnet-c934b782"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Lambda を使用したカスタム終了ポリシーを作成する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateAutoScalingGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.core.waiters.WaiterResponse; import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.autoscaling.AutoScalingClient; import software.amazon.awssdk.services.autoscaling.model.AutoScalingException; import software.amazon.awssdk.services.autoscaling.model.CreateAutoScalingGroupRequest; import software.amazon.awssdk.services.autoscaling.model.DescribeAutoScalingGroupsRequest; import software.amazon.awssdk.services.autoscaling.model.DescribeAutoScalingGroupsResponse; import software.amazon.awssdk.services.autoscaling.model.LaunchTemplateSpecification; import software.amazon.awssdk.services.autoscaling.waiters.AutoScalingWaiter; /** * Before running this SDK for Java (v2) code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class CreateAutoScalingGroup { public static void main(String[] args) { final String usage = """ Usage: <groupName> <launchTemplateName> <serviceLinkedRoleARN> <vpcZoneId> Where: groupName - The name of the Auto Scaling group. launchTemplateName - The name of the launch template.\s vpcZoneId - A subnet Id for a virtual private cloud (VPC) where instances in the Auto Scaling group can be created. """; if (args.length != 3) { System.out.println(usage); System.exit(1); } String groupName = args[0]; String launchTemplateName = args[1]; String vpcZoneId = args[2]; AutoScalingClient autoScalingClient = AutoScalingClient.builder() .region(Region.US_EAST_1) .build(); createAutoScalingGroup(autoScalingClient, groupName, launchTemplateName, vpcZoneId); autoScalingClient.close(); } public static void createAutoScalingGroup(AutoScalingClient autoScalingClient, String groupName, String launchTemplateName, String vpcZoneId) { try { AutoScalingWaiter waiter = autoScalingClient.waiter(); LaunchTemplateSpecification templateSpecification = LaunchTemplateSpecification.builder() .launchTemplateName(launchTemplateName) .build(); CreateAutoScalingGroupRequest request = CreateAutoScalingGroupRequest.builder() .autoScalingGroupName(groupName) .availabilityZones("us-east-1a") .launchTemplate(templateSpecification) .maxSize(1) .minSize(1) .vpcZoneIdentifier(vpcZoneId) .build(); autoScalingClient.createAutoScalingGroup(request); DescribeAutoScalingGroupsRequest groupsRequest = DescribeAutoScalingGroupsRequest.builder() .autoScalingGroupNames(groupName) .build(); WaiterResponse<DescribeAutoScalingGroupsResponse> waiterResponse = waiter .waitUntilGroupExists(groupsRequest); waiterResponse.matched().response().ifPresent(System.out::println); System.out.println("Auto Scaling Group created"); } catch (AutoScalingException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateAutoScalingGroup」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun createAutoScalingGroup(groupName: String, launchTemplateNameVal: String, serviceLinkedRoleARNVal: String, vpcZoneIdVal: String) { val templateSpecification = LaunchTemplateSpecification { launchTemplateName = launchTemplateNameVal } val request = CreateAutoScalingGroupRequest { autoScalingGroupName = groupName availabilityZones = listOf("us-east-1a") launchTemplate = templateSpecification maxSize = 1 minSize = 1 vpcZoneIdentifier = vpcZoneIdVal serviceLinkedRoleArn = serviceLinkedRoleARNVal } // This object is required for the waiter call. val groupsRequestWaiter = DescribeAutoScalingGroupsRequest { autoScalingGroupNames = listOf(groupName) } AutoScalingClient { region = "us-east-1" }.use { autoScalingClient -> autoScalingClient.createAutoScalingGroup(request) autoScalingClient.waitUntilGroupExists(groupsRequestWaiter) println("$groupName was created!") } }
  • API の詳細については、CreateAutoScalingGroupAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

PHP
SDK for PHP
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public function createAutoScalingGroup( $autoScalingGroupName, $availabilityZones, $minSize, $maxSize, $launchTemplateId ) { return $this->autoScalingClient->createAutoScalingGroup([ 'AutoScalingGroupName' => $autoScalingGroupName, 'AvailabilityZones' => $availabilityZones, 'MinSize' => $minSize, 'MaxSize' => $maxSize, 'LaunchTemplate' => [ 'LaunchTemplateId' => $launchTemplateId, ], ]); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateAutoScalingGroup」の「」を参照してください。 AWS SDK for PHP

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された名前と属性を持つ Auto Scaling グループを作成します。デフォルトの希望する容量は最小サイズです。したがって、この Auto Scaling グループは、指定された 2 つのアベイラビリティーゾーンのそれぞれに 1 つずつ、2 つのインスタンスを起動します。

New-ASAutoScalingGroup -AutoScalingGroupName my-asg -LaunchConfigurationName my-lc -MinSize 2 -MaxSize 6 -AvailabilityZone @("us-west-2a", "us-west-2b")
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateAutoScalingGroup」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class AutoScalingWrapper: """Encapsulates Amazon EC2 Auto Scaling actions.""" def __init__(self, autoscaling_client): """ :param autoscaling_client: A Boto3 Amazon EC2 Auto Scaling client. """ self.autoscaling_client = autoscaling_client def create_group( self, group_name, group_zones, launch_template_name, min_size, max_size ): """ Creates an Auto Scaling group. :param group_name: The name to give to the group. :param group_zones: The Availability Zones in which instances can be created. :param launch_template_name: The name of an existing Amazon EC2 launch template. The launch template specifies the configuration of instances that are created by auto scaling activities. :param min_size: The minimum number of active instances in the group. :param max_size: The maximum number of active instances in the group. """ try: self.autoscaling_client.create_auto_scaling_group( AutoScalingGroupName=group_name, AvailabilityZones=group_zones, LaunchTemplate={ "LaunchTemplateName": launch_template_name, "Version": "$Default", }, MinSize=min_size, MaxSize=max_size, ) except ClientError as err: logger.error( "Couldn't create group %s. Here's why: %s: %s", group_name, err.response["Error"]["Code"], err.response["Error"]["Message"], ) raise
  • API の詳細については、CreateAutoScalingGroupAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn create_group(client: &Client, name: &str, id: &str) -> Result<(), Error> { client .create_auto_scaling_group() .auto_scaling_group_name(name) .instance_id(id) .min_size(1) .max_size(5) .send() .await?; println!("Created AutoScaling group"); Ok(()) }
  • API の詳細については、CreateAutoScalingGroupAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。