を使用した Amazon GameLift の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Amazon GameLift の例 AWS CLI

次のコード例は、Amazon AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています GameLift。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、create-build を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Example1: S3 バケット内のファイルからゲームビルドを作成するには

次のcreate-build例では、カスタムゲームビルドリソースを作成します。ユーザーが管理する AWS アカウントの S3 の場所に保存されている zip ファイルを使用します。この例では、S3 の場所へのアクセス GameLift 許可を Amazon に付与する IAM ロールが既に作成されていることを前提としています。リクエストではオペレーティングシステムが指定されていないため、新しいビルドリソースはデフォルトで WINDOWS_2012 になります。

aws gamelift create-build \ --storage-location file://storage-loc.json \ --name MegaFrogRaceServer.NA \ --build-version 12345.678

storage-loc.json の内容:

{ "Bucket":"MegaFrogRaceServer_NA_build_files" "Key":"MegaFrogRaceServer_build_123.zip" "RoleArn":"arn:aws:iam::123456789012:role/gamelift" }

出力:

{ "Build": { "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "CreationTime": 1496708916.18, "Name": "MegaFrogRaceServer.NA", "OperatingSystem": "WINDOWS_2012", "SizeOnDisk": 479303, "Status": "INITIALIZED", "Version": "12345.678" }, "StorageLocation": { "Bucket": "MegaFrogRaceServer_NA_build_files", "Key": "MegaFrogRaceServer_build_123.zip" } }

Example2: にファイルを手動でアップロードするためのゲームビルドリソースを作成するには GameLift

次のcreate-build例では、新しいビルドリソースを作成します。また、Amazon S3 内の場所にゲームビルドを手動でアップロードできるストレージ GameLift の場所と一時的な認証情報も取得します。ビルドが正常にアップロードされると、 GameLift サービスはビルドを検証し、新しいビルドのステータスを更新します。

aws gamelift create-build \ --name MegaFrogRaceServer.NA \ --build-version 12345.678 \ --operating-system AMAZON_LINUX

出力:

{ "Build": { "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "CreationTime": 1496708916.18, "Name": "MegaFrogRaceServer.NA", "OperatingSystem": "AMAZON_LINUX", "SizeOnDisk": 0, "Status": "INITIALIZED", "Version": "12345.678" }, "StorageLocation": { "Bucket": "gamelift-builds-us-west-2", "Key": "123456789012/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }, "UploadCredentials": { "AccessKeyId": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE", "SecretAccessKey": "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY", "SessionToken": "AgoGb3JpZ2luENz...EXAMPLETOKEN==" } }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「カスタムサーバービルドを にアップロードする GameLift」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateBuild」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-fleet を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: 基本的な Linux フリートを作成するには

次のcreate-fleet例では、カスタムサーバービルドをホストするために、最小限の設定のオンデマンド Linux インスタンスのフリートを作成します。を使用して設定を完了できますupdate-fleet

aws gamelift create-fleet \ --name MegaFrogRaceServer.NA.v2 \ --description 'Hosts for v2 North America' \ --build-id build-1111aaaa-22bb-33cc-44dd-5555eeee66ff \ --certificate-configuration 'CertificateType=GENERATED' \ --ec2-instance-type c4.large \ --fleet-type ON_DEMAND \ --runtime-configuration 'ServerProcesses=[{LaunchPath=/local/game/release-na/MegaFrogRace_Server.exe,ConcurrentExecutions=1}]'

出力:

{ "FleetAttributes": { "BuildId": "build-1111aaaa-22bb-33cc-44dd-5555eeee66ff", "CertificateConfiguration": { "CertificateType": "GENERATED" }, "CreationTime": 1496365885.44, "Description": "Hosts for v2 North America", "FleetArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2:444455556666:fleet/fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "FleetId": "fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "FleetType": "ON_DEMAND", "InstanceType": "c4.large", "MetricGroups": ["default"], "Name": "MegaFrogRace.NA.v2", "NewGameSessionProtectionPolicy": "NoProtection", "OperatingSystem": "AMAZON_LINUX", "ServerLaunchPath": "/local/game/release-na/MegaFrogRace_Server.exe", "Status": "NEW" } }

例 2: 基本的な Windows フリートを作成するには

次のcreate-fleet例では、カスタムサーバービルドをホストするために、最小設定のスポット Windows インスタンスのフリートを作成します。を使用して設定を完了できますupdate-fleet

aws gamelift create-fleet \ --name MegaFrogRace.NA.v2 \ --description 'Hosts for v2 North America' \ --build-id build-2222aaaa-33bb-44cc-55dd-6666eeee77ff \ --certificate-configuration 'CertificateType=GENERATED' \ --ec2-instance-type c4.large \ --fleet-type SPOT \ --runtime-configuration 'ServerProcesses=[{LaunchPath=C:\game\Bin64.Release.Dedicated\MegaFrogRace_Server.exe,ConcurrentExecutions=1}]'

出力:

{ "FleetAttributes": { "BuildId": "build-2222aaaa-33bb-44cc-55dd-6666eeee77ff", "CertificateConfiguration": { "CertificateType": "GENERATED" }, "CreationTime": 1496365885.44, "Description": "Hosts for v2 North America", "FleetArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2:444455556666:fleet/fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "FleetId": "fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "FleetType": "SPOT", "InstanceType": "c4.large", "MetricGroups": ["default"], "Name": "MegaFrogRace.NA.v2", "NewGameSessionProtectionPolicy": "NoProtection", "OperatingSystem": "WINDOWS_2012", "ServerLaunchPath": "C:\game\Bin64.Release.Dedicated\MegaFrogRace_Server.exe", "Status": "NEW" } }

例 3: 完全に設定されたフリートを作成するには

次のcreate-fleet例では、カスタムサーバービルド用のスポット Windows インスタンスのフリートを作成し、最も一般的に使用される設定を提供します。

aws gamelift create-fleet \ --name MegaFrogRace.NA.v2 \ --description 'Hosts for v2 North America' \ --build-id build-2222aaaa-33bb-44cc-55dd-6666eeee77ff \ --certificate-configuration 'CertificateType=GENERATED' \ --ec2-instance-type c4.large \ --ec2-inbound-permissions 'FromPort=33435,ToPort=33435,IpRange=10.24.34.0/23,Protocol=UDP' \ --fleet-type SPOT \ --new-game-session-protection-policy FullProtection \ --runtime-configuration file://runtime-config.json \ --metric-groups default \ --instance-role-arn 'arn:aws:iam::444455556666:role/GameLiftS3Access'

runtime-config.json の内容:

GameSessionActivationTimeoutSeconds=300, MaxConcurrentGameSessionActivations=2, ServerProcesses=[ {LaunchPath=C:\game\Bin64.Release.Dedicated\MegaFrogRace_Server.exe,Parameters=-debug,ConcurrentExecutions=1}, {LaunchPath=C:\game\Bin64.Release.Dedicated\MegaFrogRace_Server.exe,ConcurrentExecutions=1}]

出力:

{ "FleetAttributes": { "InstanceRoleArn": "arn:aws:iam::444455556666:role/GameLiftS3Access", "Status": "NEW", "InstanceType": "c4.large", "FleetArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2:444455556666:fleet/fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "FleetId": "fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "Description": "Hosts for v2 North America", "FleetType": "SPOT", "OperatingSystem": "WINDOWS_2012", "Name": "MegaFrogRace.NA.v2", "CreationTime": 1569309011.11, "MetricGroups": [ "default" ], "BuildId": "build-2222aaaa-33bb-44cc-55dd-6666eeee77ff", "ServerLaunchParameters": "abc", "ServerLaunchPath": "C:\\game\\Bin64.Release.Dedicated\\MegaFrogRace_Server.exe", "NewGameSessionProtectionPolicy": "FullProtection", "CertificateConfiguration": { "CertificateType": "GENERATED" } } }

例 4: リアルタイムサーバーフリートを作成するには

次のcreate-fleet例では、Amazon にアップロードされたリアルタイム設定スクリプトを使用してスポットインスタンスのフリートを作成します GameLift。すべての Realtime サーバーは Linux マシンにデプロイされます。この例の目的上、アップロードされたリアルタイムスクリプトに複数のスクリプトファイルが含まれ、 というスクリプトファイルにある Init()関数があるとしますMainScript.js。図に示すように、このファイルはランタイム設定で起動スクリプトとして識別されます。

aws gamelift create-fleet \ --name MegaFrogRace.NA.realtime \ --description 'Mega Frog Race Realtime fleet' \ --script-id script-1111aaaa-22bb-33cc-44dd-5555eeee66ff \ --ec2-instance-type c4.large \ --fleet-type SPOT \ --certificate-configuration 'CertificateType=GENERATED' --runtime-configuration 'ServerProcesses=[{LaunchPath=/local/game/MainScript.js,Parameters=+map Winter444,ConcurrentExecutions=5}]'

出力:

{ "FleetAttributes": { "FleetId": "fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "Status": "NEW", "CreationTime": 1569310745.212, "InstanceType": "c4.large", "NewGameSessionProtectionPolicy": "NoProtection", "CertificateConfiguration": { "CertificateType": "GENERATED" }, "Name": "MegaFrogRace.NA.realtime", "ScriptId": "script-1111aaaa-22bb-33cc-44dd-5555eeee66ff", "FleetArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2:444455556666:fleet/fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "FleetType": "SPOT", "MetricGroups": [ "default" ], "Description": "Mega Frog Race Realtime fleet", "OperatingSystem": "AMAZON_LINUX" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateFleet」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-game-session-queue を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Example1: 順序付けされたゲームセッションキューをセットアップするには

次のcreate-game-session-queue例では、2 つのリージョンに送信先を持つ新しいゲームセッションキューを作成します。また、配置を 10 分待ってからゲームセッションリクエストがタイムアウトするようにキューを設定します。レイテンシーポリシーが定義されていないため、 は、最初の送信先がリストされているすべてのゲームセッションを配置 GameLift しようとします。

aws gamelift create-game-session-queue \ --name MegaFrogRaceServer-NA \ --destinations file://destinations.json \ --timeout-in-seconds 600

destinations.json の内容:

{ "Destinations": [ {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }, {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-1::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222" } ] }

出力:

{ "GameSessionQueues": [ { "Name": "MegaFrogRaceServer-NA", "GameSessionQueueArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2:123456789012:gamesessionqueue/MegaFrogRaceServer-NA", "TimeoutInSeconds": 600, "Destinations": [ {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111"}, {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-1::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222"} ] } ] }

Example2: プレイヤーレイテンシーポリシーを使用してゲームセッションキューを設定するには

次のcreate-game-session-queue例では、2 つのプレイヤーレイテンシーポリシーを持つ新しいゲームセッションキューを作成します。最初のポリシーは、ゲームセッション配置の試行の最初の 1 分間に適用される 100 ミリ秒のレイテンシーの上限を設定します。2 番目のポリシーでは、プレイスメントリクエストが 3 分でタイムアウトするまで、レイテンシーの上限を 200 ミリ秒に引き上げます。

aws gamelift create-game-session-queue \ --name MegaFrogRaceServer-NA \ --destinations file://destinations.json \ --player-latency-policies file://latency-policies.json \ --timeout-in-seconds 180

destinations.json の内容:

{ "Destinations": [ { "DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }, { "DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-east-1::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222" } ] }

latency-policies.json の内容:

{ "PlayerLatencyPolicies": [ {"MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 200}, {"MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 100, "PolicyDurationSeconds": 60} ] }

出力:

{ "GameSessionQueue": { "Name": "MegaFrogRaceServer-NA", "GameSessionQueueArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2:111122223333:gamesessionqueue/MegaFrogRaceServer-NA", "TimeoutInSeconds": 600, "PlayerLatencyPolicies": [ { "MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 100, "PolicyDurationSeconds": 60 }, { "MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 200 } ] "Destinations": [ {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111"}, {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-east-1::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222"} ], } }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「キューの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateGameSessionQueue」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-build を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

カスタムゲームビルドを削除するには

次のdelete-build例では、Amazon GameLift アカウントからビルドを削除します。ビルドが削除されると、それを使用して新しいフリートを作成することはできません。このオペレーションは元に戻すことができません。

aws gamelift delete-build \ --build-id build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteBuild」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-fleet を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

使用されなくなったフリートを削除するには

次のdelete-fleet例では、ゼロインスタンスにスケールダウンされたフリートを削除します。フリートの容量がゼロより大きい場合、リクエストは HTTP 400 エラーで失敗します。

aws gamelift delete-fleet \ --fleet-id fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の GameLift 「フリートの管理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteFleet」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-game-session-queue を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ゲームセッションキューを削除するには

次のdelete-game-session-queue例では、指定されたゲームセッションキューを削除します。

aws gamelift delete-game-session-queue \ --name MegaFrogRace-NA

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteGameSessionQueue」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-build を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

カスタムゲームビルドに関する情報を取得するには

次のdescribe-build例では、ゲームサーバービルドリソースのプロパティを取得します。

aws gamelift describe-build \ --build-id build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "Build": { "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "CreationTime": 1496708916.18, "Name": "My_Game_Server_Build_One", "OperatingSystem": "AMAZON_LINUX", "SizeOnDisk": 1304924, "Status": "READY", "Version": "12345.678" } }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「カスタムサーバービルドを にアップロードする GameLift」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeBuild」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-ec2-instance-limits を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

EC2 インスタンスタイプのサービス制限を取得するには

次のdescribe-ec2-instance-limits例では、現在のリージョンで指定された EC2 インスタンスタイプに使用されている最大許容インスタンス数と現在のインスタンス数を表示します。結果は、許可された 20 個のインスタンスのうち 5 個のみが使用されていることを示しています。

aws gamelift describe-ec2-instance-limits \ --ec2-instance-type m5.large

出力:

{ "EC2InstanceLimits": [ { "EC2InstanceType": ""m5.large", "CurrentInstances": 5, "InstanceLimit": 20 } ] }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「リソースの計算」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンス」のDescribeEc「2InstanceLimits」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-fleet-attributes を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Example1: フリートのリストの属性を表示するには

次のdescribe-fleet-attributes例では、指定した 2 つのフリートのフリート属性を取得します。図に示すように、リクエストされたフリートは同じビルドでデプロイされます。1 つはオンデマンドインスタンス用、もう 1 つはスポットインスタンス用で、いくつかの小さな設定の違いがあります。

aws gamelift describe-fleet-attributes \ --fleet-ids arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222

出力:

{ "FleetAttributes": [ { "FleetId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "FleetArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "FleetType": "ON_DEMAND", "InstanceType": "c4.large", "Description": "On-demand hosts for v2 North America", "Name": "MegaFrogRaceServer.NA.v2-od", "CreationTime": 1568836191.995, "Status": "ACTIVE", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "ServerLaunchPath": "C:\\game\\MegaFrogRace_Server.exe", "ServerLaunchParameters": "+gamelift_start_server", "NewGameSessionProtectionPolicy": "NoProtection", "OperatingSystem": "WINDOWS_2012", "MetricGroups": [ "default" ], "CertificateConfiguration": { "CertificateType": "DISABLED" } }, { "FleetId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "FleetArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "FleetType": "SPOT", "InstanceType": "c4.large", "Description": "On-demand hosts for v2 North America", "Name": "MegaFrogRaceServer.NA.v2-spot", "CreationTime": 1568838275.379, "Status": "ACTIVATING", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "ServerLaunchPath": "C:\\game\\MegaFrogRace_Server.exe", "NewGameSessionProtectionPolicy": "NoProtection", "OperatingSystem": "WINDOWS_2012", "MetricGroups": [ "default" ], "CertificateConfiguration": { "CertificateType": "GENERATED" } } ] }

Example2: すべてのフリートの属性をリクエストするには

以下では、ステータスが のすべてのフリートのフリート属性describe-fleet-attributesを返します。この例では、ページ分割パラメータを使用して一度に 1 つのフリートを返す方法を示します。

aws gamelift describe-fleet-attributes \ --limit 1

出力:

{ "FleetAttributes": [ { "FleetId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "FleetArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "FleetType": "SPOT", "InstanceType": "c4.large", "Description": "On-demand hosts for v2 North America", "Name": "MegaFrogRaceServer.NA.v2-spot", "CreationTime": 1568838275.379, "Status": "ACTIVATING", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "ServerLaunchPath": "C:\\game\\MegaFrogRace_Server.exe", "NewGameSessionProtectionPolicy": "NoProtection", "OperatingSystem": "WINDOWS_2012", "MetricGroups": [ "default" ], "CertificateConfiguration": { "CertificateType": "GENERATED" } } ], "NextToken": "eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC01NWYxZTZmMS1jY2FlLTQ3YTctOWI5ZS1iYjFkYTQwMjEXAMPLE2" }

出力には、 コマンドを 2 回呼び出すときに使用できるNextToken値が含まれています。値を --next-tokenパラメータに渡して、出力を取得する場所を指定します。次のコマンドは、出力の 2 番目の結果を返します。

aws gamelift describe-fleet-attributes \ --limit 1 \ --next-token eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC01NWYxZTZmMS1jY2FlLTQ3YTctOWI5ZS1iYjFkYTQwMjEXAMPLE1

レスポンスにNextToken値が含まれなくなるまで繰り返します。

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の GameLift 「フリートのセットアップ」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeFleetAttributes」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-fleet-capacity を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

フリートのリストの容量ステータスを表示するには

次のdescribe-fleet-capacity例では、指定した 2 つのフリートの現在の容量を取得します。

aws gamelift describe-fleet-capacity \ --fleet-ids arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222

出力:

{ "FleetCapacity": [ { "FleetId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "InstanceType": "c5.large", "InstanceCounts": { "DESIRED": 10, "MINIMUM": 1, "MAXIMUM": 20, "PENDING": 0, "ACTIVE": 10, "IDLE": 3, "TERMINATING": 0 } }, { "FleetId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "InstanceType": "c5.large", "InstanceCounts": { "DESIRED": 13, "MINIMUM": 1, "MAXIMUM": 20, "PENDING": 0, "ACTIVE": 15, "IDLE": 2, "TERMINATING": 2 } } ] }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」のGameLift 「フリートのメトリクス」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeFleetCapacity」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-fleet-events を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

指定した期間のイベントをリクエストするには

次のdescribe-fleet-events例では、指定した期間に発生したすべてのフリート関連イベントの詳細を表示します。

aws gamelift describe-fleet-events \ --fleet-id arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 \ --start-time 1579647600 \ --end-time 1579649400 \ --limit 5

出力:

{ "Events": [ { "EventId": "a37b6892-5d07-4d3b-8b47-80244ecf66b9", "ResourceId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "EventCode": "FLEET_STATE_ACTIVE", "Message": "Fleet fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 changed state to ACTIVE", "EventTime": 1579649342.191 }, { "EventId": "67da4ec9-92a3-4d95-886a-5d6772c24063", "ResourceId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "EventCode": "FLEET_STATE_ACTIVATING", "Message": "Fleet fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 changed state to ACTIVATING", "EventTime": 1579649321.427 }, { "EventId": "23813a46-a9e6-4a53-8847-f12e6a8381ac", "ResourceId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "EventCode": "FLEET_STATE_BUILDING", "Message": "Fleet fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 changed state to BUILDING", "EventTime": 1579649321.243 }, { "EventId": "3bf217d0-1d44-42f9-9202-433ed475d2e8", "ResourceId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "EventCode": "FLEET_STATE_VALIDATING", "Message": "Fleet fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 changed state to VALIDATING", "EventTime": 1579649197.449 }, { "EventId": "2ecd0130-5986-44eb-99a7-62df27741084", "ResourceId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "EventCode": "FLEET_VALIDATION_LAUNCH_PATH_NOT_FOUND", "Message": "Failed to find a valid path", "EventTime": 1569319075.839, "PreSignedLogUrl": "https://gamelift-event-logs-prod-us-west-2.s3.us-west-2.amazonaws.com/logs/fleet-83422059-8329-42a2-a4d6-c4444386a6f8/events/2ecd0130-5986-44eb-99a7-62df27741084/FLEET_VALIDATION_LAUNCH_PATH_NOT_FOUND.txt?X-Amz-Security-Token=IQoJb3JpZ2luX2VjEB8aCXVzLXdlc3QtMiJHMEUCIHV5K%2FLPx8h310D%2FAvx0%2FZxsDy5XA3cJOwPdu3T0eBa%2FAiEA1yovokcZYy%2FV4CWW6l26aFyiSHO%2Bxz%2FBMAhEHYHMQNcqkQMImP%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2FARAAGgw3NDEwNjE1OTIxNzEiDI8rsZtzLzlwEDQhXSrlAtl5Ae%2Fgo6FCIzqXPbXfBOnSvFYqeDlriZarEpKqKrUt8mXQv9iqHResqCph9AKo49lwgSYTT2QoSxnrD7%2FUgv%2BZm2pVuczvuKtUA0fcx6s0GxpjIAzdIE%2F5P%2FB7B9M%2BVZ%2F9KF82hbJi0HTE6Y7BjKsEgFCvk4UXILhfjtan9iQl8%2F21ZTurAcJbm7Y5tuLF9SWSK3%2BEa7VXOcCK4D4O1sMjmdRm0q0CKZ%2FIaXoHkNvg0RVTa0hIqdvpaDQlsSBNdqTXbjHTu6fETE9Y9Ky%2BiJK5KiUG%2F59GjCpDcvS1FqKeLUEmKT7wysGmvjMc2n%2Fr%2F9VxQfte7w9srXwlLAQuwhiXAAyI5ICMZ5JvzjzQwTqD4CHTVKUUDwL%2BRZzbuuqkJObZml02CkRGp%2B74RTAzLbWptVqZTIfzctiCTmWxb%2FmKyELRYsVLrwNJ%2BGJ7%2BCrN0RC%2FjlgfLYIZyeAqjPgAu5HjgX%2BM7jCo9M7wBTrnAXKOFQuf9dvA84SuwXOJFp17LYGjrHMKv0qC3GfbTMrZ6kzeNV9awKCpXB2Gnx9z2KvIlJdqirWVpvHVGwKCmJBCesDzjJHrae3neogI1uW%2F9C6%2B4jIZPME3jXmZcEHqqw5uvAVF7aeIavtUZU8pxpDIWT0YE4p3Kriy2AA7ziCRKtVfjV839InyLk8LUjsioWK2qlpg2HXKFLpAXw1QsQyxYmFMB9sGKOUlbL7Jdkk%2BYUq8%2FDTlLxqj1S%2FiO4TI0Wo7ilAo%2FKKWWF4guuNDexj8EOOynSp1yImB%2BZf2Fua3O44W4eEXAMPLE33333&X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256&X-Amz-Date=20170621T231808Z&X-Amz-SignedHeaders=host&X-Amz-Expires=900&X-Amz-Credential=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE%2F20170621%2Fus-west-2%2Fs3%2Faws4_request&X-Amz-Signature=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY" } ], "NextToken": "eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC01NWYxZTZmMS1jY2FlLTQ3YTctOWI5ZS1iYjFkYTQwMjEXAMPLE2" }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の GameLift 「フリートの問題のデバッグ」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeFleetEvents」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-fleet-port-settings を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

フリートのインバウンド接続許可を表示するには

次のdescribe-fleet-port-settings例では、指定したフリートの接続設定を取得します。

aws gamelift describe-fleet-port-settings \ --fleet-id arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "InboundPermissions": [ { "FromPort": 33400, "ToPort": 33500, "IpRange": "0.0.0.0/0", "Protocol": "UDP" }, { "FromPort": 1900, "ToPort": 2000, "IpRange": "0.0.0.0/0", "Protocol": "TCP" } ] }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の GameLift 「フリートのセットアップ」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeFleetPortSettings」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-fleet-utilization を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Example1: フリートのリストの使用状況データを表示するには

次のdescribe-fleet-utilization例では、指定した 1 つのフリートの現在の使用状況情報を取得します。

aws gamelift describe-fleet-utilization \ --fleet-ids arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "FleetUtilization": [ { "FleetId": "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "ActiveServerProcessCount": 100, "ActiveGameSessionCount": 62, "CurrentPlayerSessionCount": 329, "MaximumPlayerSessionCount": 1000 } ] }

Example2: すべてのフリートの使用状況データをリクエストするには

以下では、ステータスが のすべてのフリートのフリート使用状況データdescribe-fleet-utilizationを返します。この例では、ページ分割パラメータを使用して、一度に 2 つのフリートのデータを返します。

aws gamelift describe-fleet-utilization \ --limit 2

出力:

{ "FleetUtilization": [ { "FleetId": "fleet-1111aaaa-22bb-33cc-44dd-5555eeee66ff", "ActiveServerProcessCount": 100, "ActiveGameSessionCount": 13, "CurrentPlayerSessionCount": 98, "MaximumPlayerSessionCount": 1000 }, { "FleetId": "fleet-2222bbbb-33cc-44dd-55ee-6666ffff77aa", "ActiveServerProcessCount": 100, "ActiveGameSessionCount": 62, "CurrentPlayerSessionCount": 329, "MaximumPlayerSessionCount": 1000 } ], "NextToken": "eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC01NWYxZTZmMS1jY2FlLTQ3YTctOWI5ZS1iYjFkYTQwMjEXAMPLE2" }

2 回目に コマンドを呼び出し、引数としてNextToken値を --next-tokenパラメータに渡して、次の 2 つの結果を確認します。

aws gamelift describe-fleet-utilization \ --limit 2 \ --next-token eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC01NWYxZTZmMS1jY2FlLTQ3YTctOWI5ZS1iYjFkYTQwMjEXAMPLE2

レスポンスが出力にNextToken値を含めなくなるまで繰り返します。

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」のGameLift 「フリートのメトリクス」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeFleetUtilization」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-game-session-queues を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ゲームセッションキューを表示するには

次のdescribe-game-session-queues例では、指定された 2 つのキューのプロパティを取得します。

aws gamelift describe-game-session-queues \ --names MegaFrogRace-NA MegaFrogRace-EU

出力:

{ "GameSessionQueues": [{ "Destinations": [{ "DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }, { "DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222" } ], "Name": "MegaFrogRace-NA", "TimeoutInSeconds": 600, "GameSessionQueueArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::gamesessionqueue/MegaFrogRace-NA", "PlayerLatencyPolicies": [{ "MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 200 }, { "MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 100, "PolicyDurationSeconds": 60 } ], "FilterConfiguration": { "AllowedLocations": ["us-west-2", "ap-south-1", "us-east-1"] }, "PriorityConfiguration": { "PriorityOrder": ["LOCATION", "FLEET_TYPE", "DESTINATION"], "LocationOrder": ["us-west-2", "ap-south-1", "us-east-1"] } }, { "Destinations": [{ "DestinationArn": "arn:aws:gamelift:eu-west-3::fleet/fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222" }], "Name": "MegaFrogRace-EU", "TimeoutInSeconds": 600, "GameSessionQueueArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::gamesessionqueue/MegaFrogRace-EU" } ] }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「マルチリージョンキューの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeGameSessionQueues」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-runtime-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

フリートのランタイム設定をリクエストするには

次のdescribe-runtime-configuration例では、指定したフリートの現在のランタイム設定に関する詳細を取得します。

aws gamelift describe-runtime-configuration \ --fleet-id fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "RuntimeConfiguration": { "ServerProcesses": [ { "LaunchPath": "C:\game\Bin64.Release.Dedicated\MegaFrogRace_Server.exe", "Parameters": "+gamelift_start_server", "ConcurrentExecutions": 3 }, { "LaunchPath": "C:\game\Bin64.Release.Dedicated\MegaFrogRace_Server.exe", "Parameters": "+gamelift_start_server +debug", "ConcurrentExecutions": 1 } ], "MaxConcurrentGameSessionActivations": 2147483647, "GameSessionActivationTimeoutSeconds": 300 } }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「フリートで複数のプロセスを実行する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeRuntimeConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-builds を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Example1: カスタムゲームビルドのリストを取得するには

次のlist-builds例では、現在のリージョンにあるすべてのゲームサーバービルドのプロパティを取得します。サンプルリクエストは、ページ分割パラメータ Limitおよび を使用してNextToken、結果をシーケンシャルセットで取得する方法を示しています。最初のコマンドは、最初の 2 つのビルドを取得します。利用可能な結果が 3 つ以上あるため、レスポンスには、より多くの結果が利用可能であることを示す NextToken が含まれます。

aws gamelift list-builds \ --limit 2

出力:

{ "Builds": [ { "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "CreationTime": 1495664528.723, "Name": "My_Game_Server_Build_One", "OperatingSystem": "WINDOWS_2012", "SizeOnDisk": 8567781, "Status": "READY", "Version": "12345.678" }, { "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "CreationTime": 1495528748.555, "Name": "My_Game_Server_Build_Two", "OperatingSystem": "AMAZON_LINUX_2", "SizeOnDisk": 8567781, "Status": "FAILED", "Version": "23456.789" } ], "NextToken": "eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC01NWYxZTZmMS1jY2FlLTQ3YTctOWI5ZS1iYjFkYTQwMjJEXAMPLE=" }

その後、次のように --next-tokenパラメータを使用して コマンドを再度呼び出して、次の 2 つのビルドを表示できます。

aws gamelift list-builds \ --limit 2 --next-token eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC01NWYxZTZmMS1jY2FlLTQ3YTctOWI5ZS1iYjFkYTQwMjJEXAMPLE=

レスポンスにNextToken値が含まれなくなるまで繰り返します。

Example2: 失敗ステータスのカスタムゲームビルドのリストを取得するには

次のlist-builds例では、現在のリージョンで現在 FAILED ステータスになっているすべてのゲームサーバービルドのプロパティを取得します。

aws gamelift list-builds \ --status FAILED

出力:

{ "Builds": [ { "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "CreationTime": 1495528748.555, "Name": "My_Game_Server_Build_Two", "OperatingSystem": "AMAZON_LINUX_2", "SizeOnDisk": 8567781, "Status": "FAILED", "Version": "23456.789" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListBuilds」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-fleets を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Example1: リージョン内のすべてのフリートのリストを取得するには

次のlist-fleets例では、現在のリージョン内のすべてのフリートのフリート IDs を表示します。この例では、ページ分割パラメータを使用して、一度に 2 つのフリート IDsを取得します。レスポンスには、取得する結果がさらにあることを示す next-token 属性が含まれています。

aws gamelift list-fleets \ --limit 2

出力:

{ "FleetIds": [ "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222" ], "NextToken": "eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC01NWYxZTZmMS1jY2FlLTQ3YTctOWI5ZS1iYjFkYTQwMjJEXAMPLE=" }

ここに示すように、次のコマンドで前のレスポンスのNextToken値を渡すことで、次の 2 つの結果を取得できます。

aws gamelift list-fleets \ --limit 2 \ --next-token eyJhd3NBY2NvdW50SWQiOnsicyI6IjMwMjc3NjAxNjM5OCJ9LCJidWlsZElkIjp7InMiOiJidWlsZC00NDRlZjQxZS1hM2I1LTQ2NDYtODJmMy0zYzI4ZTgxNjVjEXAMPLE=

Example2: 特定のビルドまたはスクリプトを持つリージョン内のすべてのフリートのリストを取得するには

次のlist-builds例では、指定されたゲームビルドでデプロイされたフリートの IDs を取得します。リアルタイムサーバーを使用している場合は、ビルド ID の代わりにスクリプト ID を指定できます。この例では制限パラメータを指定していないため、結果には最大 16 個のフリート IDsを含めることができます。

aws gamelift list-fleets \ --build-id build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "FleetIds": [ "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE44444" ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListFleets」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、request-upload-credentials を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ビルドをアップロードするためのアクセス認証情報を更新するには

次のcreate-build例では、 GameLift ビルドファイルを Amazon S3 の場所にアップロードするための新しい有効なアクセス認証情報を取得します。認証情報の有効期間は限られています。ビルド ID は、元のCreateBuildリクエストに対するレスポンスから取得します。

aws gamelift request-upload-credentials \ --build-id build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "StorageLocation": { "Bucket": "gamelift-builds-us-west-2", "Key": "123456789012/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }, "UploadCredentials": { "AccessKeyId": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE", "SecretAccessKey": "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY", "SessionToken": "AgoGb3JpZ2luENz...EXAMPLETOKEN==" } }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「カスタムサーバービルドを にアップロードする GameLift」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRequestUploadCredentials」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、start-fleet-actions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

フリートの自動スケーリングアクティビティを再起動するには

次のstart-fleet-actions例では、指定したフリートに対して定義されているが、stop-fleet-actions``````` を呼び出して停止されたすべてのスケーリングポリシーの使用を再開します。開始すると、スケーリングポリシーはすぐにそれぞれのメトリクスの追跡を開始します。

aws gamelift start-fleet-actions \ --fleet-id fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 \ --actions AUTO_SCALING

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStartFleetActions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、stop-fleet-actions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

フリートの自動スケーリングアクティビティを停止するには

次のstop-fleet-actions例では、指定したフリートに定義されているすべてのスケーリングポリシーの使用を停止します。ポリシーが停止した後も、手動で調整しない限り、フリート容量はアクティブなインスタンス数と同じままになります。

aws gamelift start-fleet-actions \ --fleet-id fleet-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 \ --actions AUTO_SCALING

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStopFleetActions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-build を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

カスタムゲームビルドを更新するには

次のupdate-build例では、指定されたビルドリソースに関連付けられている名前とバージョン情報を変更します。返されたビルドオブジェクトは、変更が正常に行われたことを確認します。

aws gamelift update-build \ --build-id build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 \ --name MegaFrogRaceServer.NA.east \ --build-version 12345.east

出力:

{ "Build": { "BuildArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::build/build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "BuildId": "build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "CreationTime": 1496708916.18, "Name": "MegaFrogRaceServer.NA.east", "OperatingSystem": "AMAZON_LINUX_2", "SizeOnDisk": 1304924, "Status": "READY", "Version": "12345.east" } }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「ビルドファイルの更新」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateBuild」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-game-session-queue を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ゲームセッションキュー設定を更新するには

次のupdate-game-session-queue例では、新しい送信先を追加し、既存のゲームセッションキューのプレイヤーレイテンシーポリシーを更新します。

aws gamelift update-game-session-queue \ --name MegaFrogRace-NA \ --destinations file://destinations.json \ --player-latency-policies file://latency-policies.json

destinations.json の内容:

{ "Destinations": [ {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-1a2b3c4d-5e6f-7a8b-9c0d-1e2f3a4b5c6d"}, {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-east-1::fleet/fleet-5c6d3c4d-5e6f-7a8b-9c0d-1e2f3a4b5a2b"}, {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-east-1::alias/alias-11aa22bb-3c4d-5e6f-000a-1111aaaa22bb"} ] }

latency-policies.json の内容:

{ "PlayerLatencyPolicies": [ {"MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 200}, {"MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 150, "PolicyDurationSeconds": 120}, {"MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 100, "PolicyDurationSeconds": 120} ] }

出力:

{ "GameSessionQueue": { "Destinations": [ {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2::fleet/fleet-1a2b3c4d-5e6f-7a8b-9c0d-1e2f3a4b5c6d"}, {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-east-1::fleet/fleet-5c6d3c4d-5e6f-7a8b-9c0d-1e2f3a4b5a2b"}, {"DestinationArn": "arn:aws:gamelift:us-east-1::alias/alias-11aa22bb-3c4d-5e6f-000a-1111aaaa22bb"} ], "GameSessionQueueArn": "arn:aws:gamelift:us-west-2:111122223333:gamesessionqueue/MegaFrogRace-NA", "Name": "MegaFrogRace-NA", "TimeoutInSeconds": 600, "PlayerLatencyPolicies": [ {"MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 200}, {"MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 150, "PolicyDurationSeconds": 120}, {"MaximumIndividualPlayerLatencyMilliseconds": 100, "PolicyDurationSeconds": 120} ] } }

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「マルチリージョンキューの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateGameSessionQueue」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、upload-build を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Example1: Linux ゲームサーバービルドをアップロードするには

次のupload-build例では、Linux ゲームサーバービルドファイルをファイルディレクトリから GameLift サービスにアップロードし、ビルドリソースを作成します。

aws gamelift upload-build \ --name MegaFrogRaceServer.NA \ --build-version 2.0.1 \ --build-root ~/MegaFrogRace_Server/release-na \ --operating-system AMAZON_LINUX_2 --server-sdk-version 4.0.2

出力:

Uploading ~/MegaFrogRace_Server/release-na: 16.0 KiB / 74.6 KiB (21.45%) Uploading ~/MegaFrogRace_Server/release-na: 32.0 KiB / 74.6 KiB (42.89%) Uploading ~/MegaFrogRace_Server/release-na: 48.0 KiB / 74.6 KiB (64.34%) Uploading ~/MegaFrogRace_Server/release-na: 64.0 KiB / 74.6 KiB (85.79%) Uploading ~/MegaFrogRace_Server/release-na: 74.6 KiB / 74.6 KiB (100.00%) Successfully uploaded ~/MegaFrogRace_Server/release-na to AWS GameLift Build ID: build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

Example2: Windows ゲームサーバービルドをアップロードするには

次のupload-build例では、Windows ゲームサーバービルドファイルをディレクトリから GameLift サービスにアップロードし、ビルドレコードを作成します。

aws gamelift upload-build \ --name MegaFrogRaceServer.NA \ --build-version 2.0.1 \ --build-root C:\MegaFrogRace_Server\release-na \ --operating-system WINDOWS_2012 --server-sdk-version 4.0.2

出力:

Uploading C:\MegaFrogRace_Server\release-na: 16.0 KiB / 74.6 KiB (21.45%) Uploading C:\MegaFrogRace_Server\release-na: 32.0 KiB / 74.6 KiB (42.89%) Uploading C:\MegaFrogRace_Server\release-na: 48.0 KiB / 74.6 KiB (64.34%) Uploading C:\MegaFrogRace_Server\release-na: 64.0 KiB / 74.6 KiB (85.79%) Uploading C:\MegaFrogRace_Server\release-na: 74.6 KiB / 74.6 KiB (100.00%) Successfully uploaded C:\MegaFrogRace_Server\release-na to AWS GameLift Build ID: build-a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

詳細については、「Amazon GameLift デベロッパーガイド」の「カスタムサーバービルドを にアップロードする GameLift」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUploadBuild」の「」を参照してください。 AWS CLI