AWS IoT data を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT data を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS IoT data。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、delete-thing-shadow を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

デバイスのシャドウドキュメントを削除するには

次のdelete-thing-shadow例では、 という名前のデバイスのシャドウドキュメント全体を削除しますMyRPi

aws iot-data delete-thing-shadow \ --thing-name MyRPi \ "output.txt"

コマンドは、ディスプレイに出力を生成しませんが、削除したシャドウドキュメントのバージョンとタイムスタンプを確認する情報output.txtが含まれています。

{"version":2,"timestamp":1560270384}

詳細については、「 IoT デベロッパーガイド」の「シャドウの使用」を参照してください。 AWS IoT

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteThingShadow」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-thing-shadow を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Thing Shadow ドキュメントを取得するには

次のget-thing-shadow例では、指定された IoT モノのモノシャドウドキュメントを取得します。

aws iot-data get-thing-shadow \ --thing-name MyRPi \ output.txt

このコマンドはディスプレイに出力を生成しませんが、 の内容は次のとおりですoutput.txt

{ "state":{ "reported":{ "moisture":"low" } }, "metadata":{ "reported":{ "moisture":{ "timestamp":1560269319 } } }, "version":1,"timestamp":1560269405 }

詳細については、「 IoT デベロッパーガイド」の「Device Shadow Service データフロー」を参照してください。 AWS IoT

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetThingShadow」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-thing-shadow を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Thing Shadow を更新するには

次のupdate-thing-shadow例では、指定したモノのデバイスシャドウの現在の状態を変更し、それをファイル に保存しますoutput.txt

aws iot-data update-thing-shadow \ --thing-name MyRPi \ --payload "{"state":{"reported":{"moisture":"okay"}}}" \ "output.txt"

このコマンドはディスプレイに出力を生成しませんが、 の内容は次のとおりですoutput.txt

{ "state": { "reported": { "moisture": "okay" } }, "metadata": { "reported": { "moisture": { "timestamp": 1560270036 } } }, "version": 2, "timestamp": 1560270036 }

詳細については、「 IoT デベロッパーガイド」の「Device Shadow Service データフロー」を参照してください。 AWS IoT

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateThingShadow」の「」を参照してください。 AWS CLI