を使用した Amazon IVS リアルタイムストリーミングの例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Amazon IVS リアルタイムストリーミングの例 AWS CLI

次のコード例は、Amazon IVS リアルタイムストリーミング AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、create-encoder-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションエンコーダー設定を作成するには

次のcreate-encoder-configuration例では、指定されたプロパティを使用してコンポジションエンコーダー設定を作成します。

aws ivs-realtime create-encoder-configuration \ --name test-ec --video bitrate=3500000,framerate=30.0,height=1080,width=1920

出力:

{ "encoderConfiguration": { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABabCDcdEFef", "name": "test-ec", "tags": {}, "video": { "bitrate": 3500000, "framerate": 30, "height": 1080, "width": 1920 } } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateEncoderConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-participant-token を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージ参加者トークンを作成するには

次のcreate-participant-token例では、指定されたステージの参加者トークを作成します。

aws ivs-realtime create-participant-token \ --stage-arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh \ --user-id bob

出力:

{ "participantToken": { "expirationTime": "2023-03-07T09:47:43+00:00", "participantId": "ABCDEfghij01234KLMN6789", "token": "abcd1234defg5678" } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateParticipantToken」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-stage を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージを作成するには

次のcreate-stage例では、指定されたユーザーのステージ参加者トークンとステージ参加者トークンを作成します。

aws ivs-realtime create-stage \ --name stage1 \ --participant-token-configurations userId=alice

出力:

{ "participantTokens": [ { "participantId": "ABCDEfghij01234KLMN5678", "token": "a1b2c3d4567890ab", "userId": "alice" } ], "stage": { "activeSessionId": "st-a1b2c3d4e5f6g", "arn": "arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh", "name": "stage1", "tags": {} } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateStage」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-storage-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションストレージ設定を作成するには

次のcreate-storage-configuration例では、指定されたプロパティを使用してコンポジションストレージ設定を作成します。

aws ivs-realtime create-storage-configuration \ --name "test-sc" --s3 "bucketName=test-bucket-name"

出力:

{ "storageConfiguration": { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/ABabCDcdEFef", "name": "test-sc", "s3": { "bucketName": "test-bucket-name" }, "tags": {} } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateStorageConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-encoder-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションエンコーダー設定を削除するには

以下では、指定された ARN (Amazon リソースネーム) で指定されたコンポジションエンコーダー設定delete-encoder-configurationを削除します。

aws ivs-realtime delete-encoder-configuration \ --arn "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABabCDcdEFef"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteEncoderConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-stage を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージを削除するには

次のdelete-stage例では、指定されたステージを削除します。

aws ivs-realtime delete-stage \ --arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteStage」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-storage-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションストレージ設定を削除するには

以下では、指定された ARN (Amazon リソースネーム) で指定されたコンポジションストレージ設定delete-storage-configurationを削除します。

aws ivs-realtime delete-storage-configuration \ --arn "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/ABabCDcdEFef"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteStorageConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disconnect-participant を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージ参加者を切断するには

次のdisconnect-participant例では、指定された参加者を指定されたステージから切断します。

aws ivs-realtime disconnect-participant \ --stage-arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh \ --participant-id ABCDEfghij01234KLMN5678

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDisconnectParticipant」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-composition を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションを取得するには

次のget-composition例では、指定された ARN (Amazon リソースネーム) の構成を取得します。

aws ivs-realtime get-composition \ --name arn "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:composition/abcdABCDefgh"

出力:

{ "composition": { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:composition/abcdABCDefgh", "destinations": [ { "configuration": { "channel": { "channelArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:channel/abcABCdefDEg", "encoderConfigurationArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABabCDcdEFef" }, "name": "" }, "id": "AabBCcdDEefF", "startTime": "2023-10-16T23:26:00+00:00", "state": "ACTIVE" }, { "configuration": { "name": "", "s3": { "encoderConfigurationArns": [ "arn:aws:ivs:arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABabCDcdEFef" ], "recordingConfiguration": { "format": "HLS" }, "storageConfigurationArn": "arn:arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/FefABabCDcdE" } }, "detail": { "s3": { "recordingPrefix": "aBcDeFgHhGfE/AbCdEfGhHgFe/GHFabcgefABC/composite" } }, "id": "GHFabcgefABC", "startTime": "2023-10-16T23:26:00+00:00", "state": "STARTING" } ], "layout": { "grid": { "featuredParticipantAttribute": "" } }, "stageArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:stage/defgABCDabcd", "startTime": "2023-10-16T23:24:00+00:00", "state": "ACTIVE", "tags": {} } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetComposition」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-encoder-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションエンコーダー設定を取得するには

次のget-encoder-configuration例では、指定された ARN (Amazon リソースネーム) で指定されたコンポジションエンコーダー設定を取得します。

aws ivs-realtime get-encoder-configuration \ --arn "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/abcdABCDefgh"

出力:

{ "encoderConfiguration": { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/abcdABCDefgh", "name": "test-ec", "tags": {}, "video": { "bitrate": 3500000, "framerate": 30, "height": 1080, "width": 1920 } } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetEncoderConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-participant を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージ参加者を取得するには

次のget-participant例では、指定されたステージ ARN (Amazon リソースネーム) 内の指定された参加者 ID とセッション ID のステージ参加者を取得します。

aws ivs-realtime get-participant \ --stage-arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh \ --session-id st-a1b2c3d4e5f6g \ --participant-id abCDEf12GHIj

出力:

{ "participant": { "browserName", "Google Chrome", "browserVersion", "116", "firstJoinTime": "2023-04-26T20:30:34+00:00", "ispName", "Comcast", "osName", "Microsoft Windows 10 Pro", "osVersion", "10.0.19044", "participantId": "abCDEf12GHIj", "published": true, "sdkVersion", "", "state": "DISCONNECTED", "userId": "" } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetParticipant」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-stage-session を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージセッションを取得するには

次のget-stage-session例では、指定されたステージ ARN (Amazon リソースネーム) の指定されたセッション ID のステージセッションを取得します。

aws ivs-realtime get-stage-session \ --stage-arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh \ --session-id st-a1b2c3d4e5f6g

出力:

{ "stageSession": { "endTime": "2023-04-26T20:36:29+00:00", "sessionId": "st-a1b2c3d4e5f6g", "startTime": "2023-04-26T20:30:29.602000+00:00" } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetStageSession」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-stage を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージの設定情報を取得するには

次のget-stage例では、指定されたステージ ARN (Amazon リソースネーム) のステージ設定を取得します。

aws ivs-realtime get-stage \ --arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh

出力:

{ "stage": { "activeSessionId": "st-a1b2c3d4e5f6g", "arn": "arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh", "name": "test", "tags": {} } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetStage」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-storage-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションストレージ設定を取得するには

次のget-storage-configuration例では、指定された ARN (Amazon リソースネーム) で指定されたコンポジションストレージ設定を取得します。

aws ivs-realtime get-storage-configuration \ --name arn "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/abcdABCDefgh"

出力:

{ "storageConfiguration": { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/abcdABCDefgh", "name": "test-sc", "s3": { "bucketName": "test-bucket-name" }, "tags": {} } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetStorageConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-compositions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションのリストを取得するには

API リクエストが処理される AWS リージョンにおける AWS アカウントのすべてのコンポジションを以下list-compositionsに示します。

aws ivs-realtime list-compositions

出力:

{ "compositions": [ { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:composition/abcdABCDefgh", "destinations": [ { "id": "AabBCcdDEefF", "startTime": "2023-10-16T23:25:23+00:00", "state": "ACTIVE" } ], "stageArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:stage/defgABCDabcd", "startTime": "2023-10-16T23:25:21+00:00", "state": "ACTIVE", "tags": {} }, { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:composition/ABcdabCDefgh", "destinations": [ { "endTime": "2023-10-16T23:25:00.786512+00:00", "id": "aABbcCDdeEFf", "startTime": "2023-10-16T23:24:01+00:00", "state": "STOPPED" }, { "endTime": "2023-10-16T23:25:00.786512+00:00", "id": "deEFfaABbcCD", "startTime": "2023-10-16T23:24:01+00:00", "state": "STOPPED" } ], "endTime": "2023-10-16T23:25:00+00:00", "stageArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:stage/efghabcdABCD", "startTime": "2023-10-16T23:24:00+00:00", "state": "STOPPED", "tags": {} } ] }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListCompositions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-encoder-configurations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションエンコーダー設定を一覧表示するには

API リクエストが処理される AWS リージョンにおける AWS アカウントのすべてのコンポジションエンコーダー設定を以下list-encoder-configurationsに示します。

aws ivs-realtime list-encoder-configurations

出力:

{ "encoderConfigurations": [ { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/abcdABCDefgh", "name": "test-ec-1", "tags": {} }, { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABCefgEFGabc", "name": "test-ec-2", "tags": {} } ] }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListEncoderConfigurations」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-participant-events を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージ参加者イベントのリストを取得するには

次のlist-participant-events例では、指定したステージ ARN (Amazon リソースネーム) の指定した参加者 ID とセッション ID のすべての参加者イベントを一覧表示します。

aws ivs-realtime list-participant-events \ --stage-arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh \ --session-id st-a1b2c3d4e5f6g \ --participant-id abCDEf12GHIj

出力:

{ "events": [ { "eventTime": "2023-04-26T20:36:28+00:00", "name": "LEFT", "participantId": "abCDEf12GHIj" }, { "eventTime": "2023-04-26T20:36:28+00:00", "name": "PUBLISH_STOPPED", "participantId": "abCDEf12GHIj" }, { "eventTime": "2023-04-26T20:30:34+00:00", "name": "JOINED", "participantId": "abCDEf12GHIj" }, { "eventTime": "2023-04-26T20:30:34+00:00", "name": "PUBLISH_STARTED", "participantId": "abCDEf12GHIj" } ] }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListParticipantEvents」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-participants を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージ参加者のリストを取得するには

次のlist-participants例では、指定されたステージ ARN (Amazon リソースネーム) の指定されたセッション ID のすべての参加者を一覧表示します。

aws ivs-realtime list-participants \ --stage-arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh \ --session-id st-a1b2c3d4e5f6g

出力:

{ "participants": [ { "firstJoinTime": "2023-04-26T20:30:34+00:00", "participantId": "abCDEf12GHIj" "published": true, "state": "DISCONNECTED", "userId": "" } ] }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListParticipants」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-stage-sessions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージセッションのリストを取得するには

次のlist-stage-sessions例では、指定されたステージ ARN (Amazon リソースネーム) のすべてのセッションを一覧表示します。

aws ivs-realtime list-stage-sessions \ --stage-arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh

出力:

{ "stageSessions": [ { "endTime": "2023-04-26T20:36:29+00:00", "sessionId": "st-a1b2c3d4e5f6g", "startTime": "2023-04-26T20:30:29.602000+00:00" } ] }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListStageSessions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-stages を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

すべてのステージに関する概要情報を取得するには

次のlist-stages例では、API リクエストが処理される AWS リージョンにおける AWS アカウントのすべてのステージを一覧表示します。

aws ivs-realtime list-stages

出力:

{ "stages": [ { "activeSessionId": "st-a1b2c3d4e5f6g", "arn": "arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh", "name": "stage1", "tags": {} }, { "activeSessionId": "st-a123bcd456efg", "arn": "arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcd1234ABCD", "name": "stage2", "tags": {} }, { "activeSessionId": "st-abcDEF1234ghi", "arn": "arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/ABCD1234efgh", "name": "stage3", "tags": {} } ] }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListStages」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-storage-configurations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションストレージ設定を一覧表示するには

API リクエストが処理される AWS リージョンにおける AWS アカウントのすべてのコンポジションストレージ設定を以下list-storage-configurationsに示します。

aws ivs-realtime list-storage-configurations

出力:

{ "storageConfigurations": [ { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/abcdABCDefgh", "name": "test-sc-1", "s3": { "bucketName": "test-bucket-1-name" }, "tags": {} }, { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/ABCefgEFGabc", "name": "test-sc-2", "s3": { "bucketName": "test-bucket-2-name" }, "tags": {} } ] }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListStorageConfigurations」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、start-composition を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションを開始するには

次のstart-composition例では、指定されたステージの構成を、指定された場所にストリーミングするように開始します。

aws ivs-realtime start-composition \ --stage-arn arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:stage/defgABCDabcd \ --destinations '[{"channel": {"channelArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:channel/abcABCdefDEg", \ "encoderConfigurationArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABabCDcdEFef"}}, \ {"s3":{"encoderConfigurationArns":["arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABabCDcdEFef"], \ "storageConfigurationArn":"arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/FefABabCDcdE"}}]'

出力:

{ "composition": { "arn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:composition/abcdABCDefgh", "destinations": [ { "configuration": { "channel": { "channelArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:channel/abcABCdefDEg", "encoderConfigurationArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABabCDcdEFef" }, "name": "" }, "id": "AabBCcdDEefF", "state": "STARTING" }, { "configuration": { "name": "", "s3": { "encoderConfigurationArns": [ "arn:aws:ivs:arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:encoder-configuration/ABabCDcdEFef" ], "recordingConfiguration": { "format": "HLS" }, "storageConfigurationArn": "arn:arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:storage-configuration/FefABabCDcdE" } }, "detail": { "s3": { "recordingPrefix": "aBcDeFgHhGfE/AbCdEfGhHgFe/GHFabcgefABC/composite" } }, "id": "GHFabcgefABC", "state": "STARTING" } ], "layout": { "grid": { "featuredParticipantAttribute": "" } }, "stageArn": "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:stage/defgABCDabcd", "startTime": "2023-10-16T23:24:00+00:00", "state": "STARTING", "tags": {} } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStartComposition」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、stop-composition を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンポジションを停止するには

以下では、指定された ARN (Amazon リソースネーム) で指定されたコンポジションをstop-composition停止します。

aws ivs-realtime stop-composition \ --arn "arn:aws:ivs:ap-northeast-1:123456789012:composition/abcdABCDefgh"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStopComposition」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-stage を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ステージの設定を更新するには

次のupdate-stage例では、指定されたステージ ARN のステージを更新してステージ名を更新します。

aws ivs-realtime update-stage \ --arn arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh \ --name stage1a

出力:

{ "stage": { "arn": "arn:aws:ivs:us-west-2:123456789012:stage/abcdABCDefgh", "name": "stage1a" } }

詳細については、「Amazon Interactive Video Service ユーザーガイド」の「Amazon IVS ストリームで複数のホストを有効にする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateStage」の「」を参照してください。 AWS CLI