MediaStore を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

MediaStore を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています MediaStore。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、create-container を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナを作成するには

次のcreate-container例では、新しい空のコンテナを作成します。

aws mediastore create-container --container-name ExampleContainer

出力:

{ "Container": { "AccessLoggingEnabled": false, "CreationTime": 1563557265, "Name": "ExampleContainer", "Status": "CREATING", "ARN": "arn:aws:mediastore:us-west-2:111122223333:container/ExampleContainer" } }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateContainer」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-container-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナポリシーを削除するには

次のdelete-container-policy例では、指定されたコンテナに割り当てられているポリシーを削除します。ポリシーが削除されると、 AWS Elemental は自動的にデフォルトのポリシーをコンテナに MediaStore 割り当てます。

aws mediastore delete-container-policy \ --container-name LiveEvents

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore API リファレンスDeleteContainerPolicy」の「」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteContainerPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-container を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナを削除するには

次のdelete-container例では、指定されたコンテナを削除します。コンテナにオブジェクトが含まれていない場合に限り、コンテナを削除できます。

aws mediastore delete-container \ --container-name=ExampleLiveDemo

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナの削除」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteContainer」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-cors-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

CORS ポリシーを削除するには

次のdelete-cors-policy例では、指定されたコンテナに割り当てられた Cross-Origin Resource Sharing (CORS) ポリシーを削除します。

aws mediastore delete-cors-policy \ --container-name ExampleContainer

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイドの「CORS ポリシーの削除」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteCorsPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-lifecycle-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オブジェクトライフサイクルポリシーを削除するには

次のdelete-lifecycle-policy例では、指定されたコンテナにアタッチされているオブジェクトライフサイクルポリシーを削除します。この変更が有効になるまでに最大 20 分かかる場合があります。

aws mediastore delete-lifecycle-policy \ --container-name LiveEvents

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイドの「オブジェクトライフサイクルポリシーの削除」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteLifecyclePolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-container を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナの詳細を表示するには

次のdescribe-container例では、指定されたコンテナの詳細を表示します。

aws mediastore describe-container \ --container-name ExampleContainer

出力:

{ "Container": { "CreationTime": 1563558086, "AccessLoggingEnabled": false, "ARN": "arn:aws:mediastore:us-west-2:111122223333:container/ExampleContainer", "Status": "ACTIVE", "Name": "ExampleContainer", "Endpoint": "https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com" } }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナの詳細の表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeContainer」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-object を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

特定のコンテナ内のオブジェクトとフォルダのリストを表示するには

次のdescribe-object例では、特定のコンテナに保存されている項目 (オブジェクトとフォルダ) を表示します。

aws mediastore-data describe-object \ --endpoint https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com \ --path /folder_name/file1234.jpg

出力:

{ "ContentType": "image/jpeg", "LastModified": "Fri, 19 Jul 2019 21:32:20 GMT", "ContentLength": "2307346", "ETag": "2aa333bbcc8d8d22d777e999c88d4aa9eeeeee4dd89ff7f555555555555da6d3" }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「オブジェクトの詳細の表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeObject」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-container-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナポリシーを表示するには

次のget-container-policy例では、指定したコンテナのリソースベースのポリシーを表示します。

aws mediastore get-container-policy \ --container-name ExampleLiveDemo

出力:

{ "Policy": { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "PublicReadOverHttps", "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": "arn:aws:iam::111122223333:root" }, "Action": [ "mediastore:GetObject", "mediastore:DescribeObject" ], "Resource": "arn:aws:mediastore:us-west-2:111122223333:container/ExampleLiveDemo/", "Condition": { "Bool": { "aws:SecureTransport": "true" } } } ] } }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナポリシーの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetContainerPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-cors-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

CORS ポリシーを表示するには

次のget-cors-policy例では、指定されたコンテナに割り当てられた Cross-Origin Resource Sharing (CORS) ポリシーを表示します。

aws mediastore get-cors-policy \ --container-name ExampleContainer \ --region us-west-2

出力:

{ "CorsPolicy": [ { "AllowedMethods": [ "GET", "HEAD" ], "MaxAgeSeconds": 3000, "AllowedOrigins": [ "" ], "AllowedHeaders": [ "" ] } ] }

詳細については、 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイドの「CORS ポリシーの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetCorsPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-lifecycle-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オブジェクトライフサイクルポリシーを表示するには

次のget-lifecycle-policy例では、指定されたコンテナにアタッチされたオブジェクトライフサイクルポリシーを表示します。

aws mediastore get-lifecycle-policy \ --container-name LiveEvents

出力:

{ "LifecyclePolicy": { "rules": [ { "definition": { "path": [ { "prefix": "Football/" }, { "prefix": "Baseball/" } ], "days_since_create": [ { "numeric": [ ">", 28 ] } ] }, "action": "EXPIRE" } ] } }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「オブジェクトライフサイクルポリシーの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetLifecyclePolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-object を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オブジェクトをダウンロードするには

次のget-object例では、指定されたエンドポイントにオブジェクトをダウンロードします。

aws mediastore-data get-object \ --endpoint https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com \ --path=/folder_name/README.md README.md

出力:

{ "ContentLength": "2307346", "ContentType": "image/jpeg", "LastModified": "Fri, 19 Jul 2019 21:32:20 GMT", "ETag": "2aa333bbcc8d8d22d777e999c88d4aa9eeeeee4dd89ff7f555555555555da6d3", "StatusCode": 200 }

オブジェクトの一部をダウンロードするには

次のget-object例では、指定されたエンドポイントにオブジェクトの一部をダウンロードします。

aws mediastore-data get-object \ --endpoint https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com \ --path /folder_name/README.md \ --range="bytes=0-100" README2.md

出力:

{ "StatusCode": 206, "ContentRange": "bytes 0-100/2307346", "ContentLength": "101", "LastModified": "Fri, 19 Jul 2019 21:32:20 GMT", "ContentType": "image/jpeg", "ETag": "2aa333bbcc8d8d22d777e999c88d4aa9eeeeee4dd89ff7f555555555555da6d3" }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「オブジェクトのダウンロード」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetObject」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-containers を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナのリストを表示するには

次のlist-containers例では、アカウントに関連付けられているすべてのコンテナのリストを表示します。

aws mediastore list-containers

出力:

{ "Containers": [ { "CreationTime": 1505317931, "Endpoint": "https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com", "Status": "ACTIVE", "ARN": "arn:aws:mediastore:us-west-2:111122223333:container/ExampleLiveDemo", "AccessLoggingEnabled": false, "Name": "ExampleLiveDemo" }, { "CreationTime": 1506528818, "Endpoint": "https://fffggghhhiiijj.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com", "Status": "ACTIVE", "ARN": "arn:aws:mediastore:us-west-2:111122223333:container/ExampleContainer", "AccessLoggingEnabled": false, "Name": "ExampleContainer" } ] }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナのリストの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListContainers」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-items を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: 特定のコンテナ内のオブジェクトとフォルダのリストを表示するには

次のlist-items例では、指定したコンテナに保存されている項目 (オブジェクトとフォルダ) を表示します。

aws mediastore-data list-items \ --endpoint https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com

出力:

{ "Items": [ { "ContentType": "image/jpeg", "LastModified": 1563571859.379, "Name": "filename.jpg", "Type": "OBJECT", "ETag": "543ab21abcd1a234ab123456a1a2b12345ab12abc12a1234abc1a2bc12345a12", "ContentLength": 3784 }, { "Type": "FOLDER", "Name": "ExampleLiveDemo" } ] }

例 2: 特定のフォルダ内のオブジェクトとフォルダのリストを表示するには

次のlist-items例では、特定のフォルダに保存されている項目 (オブジェクトとフォルダ) を表示します。

aws mediastore-data list-items \ --endpoint https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com

出力:

{ "Items": [ { "ContentType": "image/jpeg", "LastModified": 1563571859.379, "Name": "filename.jpg", "Type": "OBJECT", "ETag": "543ab21abcd1a234ab123456a1a2b12345ab12abc12a1234abc1a2bc12345a12", "ContentLength": 3784 }, { "Type": "FOLDER", "Name": "ExampleLiveDemo" } ] }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「オブジェクトのリストの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListItems」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-tags-for-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナのタグを一覧表示するには

次のlist-tags-for-resource例では、指定したコンテナに割り当てられたタグキーと値を表示します。

aws mediastore list-tags-for-resource \ --resource arn:aws:mediastore:us-west-2:1213456789012:container/ExampleContainer

出力:

{ "Tags": [ { "Value": "Test", "Key": "Environment" }, { "Value": "West", "Key": "Region" } ] }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore API リファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-container-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナポリシーを編集するには

次のput-container-policy例では、指定されたコンテナに別のポリシーを割り当てます。この例では、更新されたポリシーは という名前のファイルに定義されていますLiveEventsContainerPolicy.json

aws mediastore put-container-policy \ --container-name LiveEvents \ --policy file://LiveEventsContainerPolicy.json

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナポリシーの編集」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutContainerPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-cors-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: CORS ポリシーを追加するには

次のput-cors-policy例では、指定されたコンテナに Cross-Origin Resource Sharing (CORS) ポリシーを追加します。CORS ポリシーの内容は、 という名前のファイルにありますcorsPolicy.json

aws mediastore put-cors-policy \ --container-name ExampleContainer \ --cors-policy file://corsPolicy.json

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナへの CORS ポリシーの追加」を参照してください。

例 2: CORS ポリシーを編集するには

次のput-cors-policy例では、指定されたコンテナに割り当てられた Cross-Origin Resource Sharing (CORS) ポリシーを更新します。更新された CORS ポリシーの内容は、 という名前のファイルにありますcorsPolicy2.json

詳細については、 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイドの「CORS ポリシーの編集」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutCorsPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-lifecycle-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オブジェクトライフサイクルポリシーを作成するには

次のput-lifecycle-policy例では、指定されたコンテナにオブジェクトライフサイクルポリシーをアタッチします。これにより、 という名前のファイルにあるポリシーで示されているように、コンテナ MediaStore にオブジェクトを保存する期間を指定できます。 LiveEventsLifecyclePolicy.json

aws mediastore put-lifecycle-policy \ --container-name ExampleContainer \ --lifecycle-policy file://ExampleLifecyclePolicy.json

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナへのオブジェクトライフサイクルポリシーの追加」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutLifecyclePolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-object を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オブジェクトをアップロードするには

次のput-object例では、指定されたコンテナにオブジェクトをアップロードします。オブジェクトをコンテナ内に保存するフォルダパスを指定できます。フォルダが既に存在する場合、 AWS Elemental はオブジェクトを フォルダに MediaStore 保存します。フォルダが存在しない場合、サービスはフォルダを作成し、オブジェクトをフォルダに保存します。

aws mediastore-data put-object \ --endpoint https://aaabbbcccdddee.data.mediastore.us-west-2.amazonaws.com \ --body README.md \ --path /folder_name/README.md \ --cache-control "max-age=6, public" \ --content-type binary/octet-stream

出力:

{ "ContentSHA256": "74b5fdb517f423ed750ef214c44adfe2be36e37d861eafe9c842cbe1bf387a9d", "StorageClass": "TEMPORAL", "ETag": "af3e4731af032167a106015d1f2fe934e68b32ed1aa297a9e325f5c64979277b" }

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「オブジェクトのアップロード」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutObject」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、start-access-logging を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナでアクセスログを有効にするには

次のstart-access-logging例では、指定されたコンテナでアクセスログ記録を有効にします。

aws mediastore start-access-logging \ --container-name LiveEvents

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナのアクセスログ記録の有効化」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStartAccessLogging」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、stop-access-logging を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナのアクセスログ記録を無効にするには

次のstop-access-logging例では、指定されたコンテナのアクセスログを無効にします。

aws mediastore stop-access-logging \ --container-name LiveEvents

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore ユーザーガイド」の「コンテナのアクセスログ記録の無効化」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStopAccessLogging」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナにタグを追加するには

次のtag-resource例では、指定したコンテナにタグのキーと値を追加します。

aws mediastore tag-resource \ --resource arn:aws:mediastore:us-west-2:123456789012:container/ExampleContainer \ --tags '[{"Key": "Region", "Value": "West"}, {"Key": "Environment", "Value": "Test"}]'

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaStore API リファレンスTagResource」の「」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コンテナからタグを削除するには

次のuntag-resource例では、指定されたタグキーとそれに関連する値をコンテナから削除します。

aws mediastore untag-resource \ --resource arn:aws:mediastore:us-west-2:123456789012:container/ExampleContainer \ --tag-keys Region

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 Elemental API リファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS MediaStore

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI