AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteAlarmsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteAlarmsで を使用する

以下のコード例は、DeleteAlarms の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// Delete a list of alarms from CloudWatch. /// </summary> /// <param name="alarmNames">A list of names of alarms to delete.</param> /// <returns>True if successful.</returns> public async Task<bool> DeleteAlarms(List<string> alarmNames) { var deleteAlarmsResult = await _amazonCloudWatch.DeleteAlarmsAsync( new DeleteAlarmsRequest() { AlarmNames = alarmNames }); return deleteAlarmsResult.HttpStatusCode == HttpStatusCode.OK; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteAlarms」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

C++
SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

必要なファイルを含めます。

#include <aws/core/Aws.h> #include <aws/monitoring/CloudWatchClient.h> #include <aws/monitoring/model/DeleteAlarmsRequest.h> #include <iostream>

アラームを削除します。

Aws::CloudWatch::CloudWatchClient cw; Aws::CloudWatch::Model::DeleteAlarmsRequest request; request.AddAlarmNames(alarm_name); auto outcome = cw.DeleteAlarms(request); if (!outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to delete CloudWatch alarm:" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } else { std::cout << "Successfully deleted CloudWatch alarm " << alarm_name << std::endl; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteAlarms」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

アラームを削除するには

次の例では、 delete-alarms コマンドを使用して「myalarm」という名前の Amazon CloudWatch アラームを削除します。

aws cloudwatch delete-alarms --alarm-names myalarm

出力:

This command returns to the prompt if successful.
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteAlarms」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.cloudwatch.CloudWatchClient; import software.amazon.awssdk.services.cloudwatch.model.CloudWatchException; import software.amazon.awssdk.services.cloudwatch.model.DeleteAlarmsRequest; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class DeleteAlarm { public static void main(String[] args) { final String usage = """ Usage: <alarmName> Where: alarmName - An alarm name to delete (for example, MyAlarm). """; if (args.length != 1) { System.out.println(usage); System.exit(1); } String alarmName = args[0]; Region region = Region.US_EAST_2; CloudWatchClient cw = CloudWatchClient.builder() .region(region) .build(); deleteCWAlarm(cw, alarmName); cw.close(); } public static void deleteCWAlarm(CloudWatchClient cw, String alarmName) { try { DeleteAlarmsRequest request = DeleteAlarmsRequest.builder() .alarmNames(alarmName) .build(); cw.deleteAlarms(request); System.out.printf("Successfully deleted alarm %s", alarmName); } catch (CloudWatchException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteAlarms」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { DeleteAlarmsCommand } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; import { client } from "../libs/client.js"; const run = async () => { const command = new DeleteAlarmsCommand({ AlarmNames: [process.env.CLOUDWATCH_ALARM_NAME], // Set the value of CLOUDWATCH_ALARM_NAME to the name of an existing alarm. }); try { return await client.send(command); } catch (err) { console.error(err); } }; export default run();

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { CloudWatchClient } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; export const client = new CloudWatchClient({});
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatch service object var cw = new AWS.CloudWatch({ apiVersion: "2010-08-01" }); var params = { AlarmNames: ["Web_Server_CPU_Utilization"], }; cw.deleteAlarms(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data); } });
  • 詳細については、AWS SDK for JavaScript デベロッパーガイドを参照してください。

  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteAlarms」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun deleteAlarm(alarmNameVal: String) { val request = DeleteAlarmsRequest { alarmNames = listOf(alarmNameVal) } CloudWatchClient { region = "us-east-1" }.use { cwClient -> cwClient.deleteAlarms(request) println("Successfully deleted alarm $alarmNameVal") } }
  • API の詳細については、DeleteAlarmsAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class CloudWatchWrapper: """Encapsulates Amazon CloudWatch functions.""" def __init__(self, cloudwatch_resource): """ :param cloudwatch_resource: A Boto3 CloudWatch resource. """ self.cloudwatch_resource = cloudwatch_resource def delete_metric_alarms(self, metric_namespace, metric_name): """ Deletes all of the alarms that are currently watching the specified metric. :param metric_namespace: The namespace of the metric. :param metric_name: The name of the metric. """ try: metric = self.cloudwatch_resource.Metric(metric_namespace, metric_name) metric.alarms.delete() logger.info( "Deleted alarms for metric %s.%s.", metric_namespace, metric_name ) except ClientError: logger.exception( "Couldn't delete alarms for metric %s.%s.", metric_namespace, metric_name, ) raise
  • API の詳細については、DeleteAlarmsAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

SAP ABAP
SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. lo_cwt->deletealarms( it_alarmnames = it_alarm_names ). MESSAGE 'Alarms deleted.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_cwtresourcenotfound . MESSAGE 'Resource being accessed is not found.' TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DeleteAlarmsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。