SDK for JavaScript (v3) を使用した Lambda の例 - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SDK for JavaScript (v3) を使用した Lambda の例

次のコード例は、Lambda で AWS SDK for JavaScript (v3) を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。ここでは GitHub、コンテキスト内でコードを設定および実行する方法の手順を確認できます。

開始方法

次のコード例では、Lambda の使用を開始する方法について示しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import { LambdaClient, paginateListFunctions } from "@aws-sdk/client-lambda"; const client = new LambdaClient({}); export const helloLambda = async () => { const paginator = paginateListFunctions({ client }, {}); const functions = []; for await (const page of paginator) { const funcNames = page.Functions.map((f) => f.FunctionName); functions.push(...funcNames); } console.log("Functions:"); console.log(functions.join("\n")); return functions; };
  • API の詳細については、「 API リファレンスListFunctions」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

アクション

次の例は、CreateFunction を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

const createFunction = async (funcName, roleArn) => { const client = new LambdaClient({}); const code = await readFile(`${dirname}../functions/${funcName}.zip`); const command = new CreateFunctionCommand({ Code: { ZipFile: code }, FunctionName: funcName, Role: roleArn, Architectures: [Architecture.arm64], Handler: "index.handler", // Required when sending a .zip file PackageType: PackageType.Zip, // Required when sending a .zip file Runtime: Runtime.nodejs16x, // Required when sending a .zip file }); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateFunction」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、DeleteFunction を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/** * @param {string} funcName */ const deleteFunction = (funcName) => { const client = new LambdaClient({}); const command = new DeleteFunctionCommand({ FunctionName: funcName }); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteFunction」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、GetFunction を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

const getFunction = (funcName) => { const client = new LambdaClient({}); const command = new GetFunctionCommand({ FunctionName: funcName }); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetFunction」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、Invoke を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

const invoke = async (funcName, payload) => { const client = new LambdaClient({}); const command = new InvokeCommand({ FunctionName: funcName, Payload: JSON.stringify(payload), LogType: LogType.Tail, }); const { Payload, LogResult } = await client.send(command); const result = Buffer.from(Payload).toString(); const logs = Buffer.from(LogResult, "base64").toString(); return { logs, result }; };
  • API の詳細については、「AWS SDK for JavaScript API リファレンス」の「Invoke」を参照してください。

次の例は、ListFunctions を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

const listFunctions = () => { const client = new LambdaClient({}); const command = new ListFunctionsCommand({}); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスListFunctions」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、UpdateFunctionCode を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

const updateFunctionCode = async (funcName, newFunc) => { const client = new LambdaClient({}); const code = await readFile(`${dirname}../functions/${newFunc}.zip`); const command = new UpdateFunctionCodeCommand({ ZipFile: code, FunctionName: funcName, Architectures: [Architecture.arm64], Handler: "index.handler", // Required when sending a .zip file PackageType: PackageType.Zip, // Required when sending a .zip file Runtime: Runtime.nodejs16x, // Required when sending a .zip file }); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスUpdateFunctionCode」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、UpdateFunctionConfiguration を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

const updateFunctionConfiguration = (funcName) => { const client = new LambdaClient({}); const config = readFileSync(`${dirname}../functions/config.json`).toString(); const command = new UpdateFunctionConfigurationCommand({ ...JSON.parse(config), FunctionName: funcName, }); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスUpdateFunctionConfiguration」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

シナリオ

次のコードサンプルは、以下の操作方法を示しています。

  • IAM ロールと Lambda 関数を作成し、ハンドラーコードをアップロードします。

  • 1 つのパラメーターで関数を呼び出して、結果を取得します。

  • 関数コードを更新し、環境変数で設定します。

  • 新しいパラメーターで関数を呼び出して、結果を取得します。返された実行ログを表示します。

  • アカウントの関数を一覧表示し、リソースをクリーンアップします。

詳細については、「コンソールで Lambda 関数を作成する」を参照してください。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

ログに書き込むアクセス許可を Lambda に付与する AWS Identity and Access Management (IAM) ロールを作成します。

log(`Creating role (${NAME_ROLE_LAMBDA})...`); const response = await createRole(NAME_ROLE_LAMBDA); import { AttachRolePolicyCommand, IAMClient } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); /** * * @param {string} policyArn * @param {string} roleName */ export const attachRolePolicy = (policyArn, roleName) => { const command = new AttachRolePolicyCommand({ PolicyArn: policyArn, RoleName: roleName, }); return client.send(command); };

Lambda 関数を作成し、ハンドラーコードをアップロードします。

const createFunction = async (funcName, roleArn) => { const client = new LambdaClient({}); const code = await readFile(`${dirname}../functions/${funcName}.zip`); const command = new CreateFunctionCommand({ Code: { ZipFile: code }, FunctionName: funcName, Role: roleArn, Architectures: [Architecture.arm64], Handler: "index.handler", // Required when sending a .zip file PackageType: PackageType.Zip, // Required when sending a .zip file Runtime: Runtime.nodejs16x, // Required when sending a .zip file }); return client.send(command); };

1 つのパラメーターで関数を呼び出して、結果を取得します。

const invoke = async (funcName, payload) => { const client = new LambdaClient({}); const command = new InvokeCommand({ FunctionName: funcName, Payload: JSON.stringify(payload), LogType: LogType.Tail, }); const { Payload, LogResult } = await client.send(command); const result = Buffer.from(Payload).toString(); const logs = Buffer.from(LogResult, "base64").toString(); return { logs, result }; };

関数コードを更新し、Lambda 環境を環境可変で設定します。

const updateFunctionCode = async (funcName, newFunc) => { const client = new LambdaClient({}); const code = await readFile(`${dirname}../functions/${newFunc}.zip`); const command = new UpdateFunctionCodeCommand({ ZipFile: code, FunctionName: funcName, Architectures: [Architecture.arm64], Handler: "index.handler", // Required when sending a .zip file PackageType: PackageType.Zip, // Required when sending a .zip file Runtime: Runtime.nodejs16x, // Required when sending a .zip file }); return client.send(command); }; const updateFunctionConfiguration = (funcName) => { const client = new LambdaClient({}); const config = readFileSync(`${dirname}../functions/config.json`).toString(); const command = new UpdateFunctionConfigurationCommand({ ...JSON.parse(config), FunctionName: funcName, }); return client.send(command); };

アカウントの関数を一覧表示します。

const listFunctions = () => { const client = new LambdaClient({}); const command = new ListFunctionsCommand({}); return client.send(command); };

IAM ロールと Lambda 関数を削除します。

import { DeleteRoleCommand, IAMClient } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); /** * * @param {string} roleName */ export const deleteRole = (roleName) => { const command = new DeleteRoleCommand({ RoleName: roleName }); return client.send(command); }; /** * @param {string} funcName */ const deleteFunction = (funcName) => { const client = new LambdaClient({}); const command = new DeleteFunctionCommand({ FunctionName: funcName }); return client.send(command); };

サーバーレスサンプル

次のコード例では、Kinesis ストリームからレコードを受信することによってトリガーされるイベントを受け取る、Lambda 関数の実装方法を示しています。この関数は Kinesis ペイロードを取得し、それを Base64 からデコードして、そのレコードの内容をログ記録します。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

を使用して Lambda で Kinesis イベントを消費する JavaScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 exports.handler = async (event, context) => { for (const record of event.Records) { try { console.log(`Processed Kinesis Event - EventID: ${record.eventID}`); const recordData = await getRecordDataAsync(record.kinesis); console.log(`Record Data: ${recordData}`); // TODO: Do interesting work based on the new data } catch (err) { console.error(`An error occurred ${err}`); throw err; } } console.log(`Successfully processed ${event.Records.length} records.`); }; async function getRecordDataAsync(payload) { var data = Buffer.from(payload.data, "base64").toString("utf-8"); await Promise.resolve(1); //Placeholder for actual async work return data; }

を使用して Lambda で Kinesis イベントを消費する TypeScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 import { KinesisStreamEvent, Context, KinesisStreamHandler, KinesisStreamRecordPayload, } from "aws-lambda"; import { Buffer } from "buffer"; import { Logger } from "@aws-lambda-powertools/logger"; const logger = new Logger({ logLevel: "INFO", serviceName: "kinesis-stream-handler-sample", }); export const functionHandler: KinesisStreamHandler = async ( event: KinesisStreamEvent, context: Context ): Promise<void> => { for (const record of event.Records) { try { logger.info(`Processed Kinesis Event - EventID: ${record.eventID}`); const recordData = await getRecordDataAsync(record.kinesis); logger.info(`Record Data: ${recordData}`); // TODO: Do interesting work based on the new data } catch (err) { logger.error(`An error occurred ${err}`); throw err; } logger.info(`Successfully processed ${event.Records.length} records.`); } }; async function getRecordDataAsync( payload: KinesisStreamRecordPayload ): Promise<string> { var data = Buffer.from(payload.data, "base64").toString("utf-8"); await Promise.resolve(1); //Placeholder for actual async work return data; }

次のコード例は、DynamoDB ストリームからレコードを受信することによってトリガーされるイベントを受信する Lambda 関数を実装する方法を示しています。関数は DynamoDB ペイロードを取得し、レコードの内容をログ記録します。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

を使用して Lambda で DynamoDB イベントを消費する JavaScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 exports.handler = async (event, context) => { console.log(JSON.stringify(event, null, 2)); event.Records.forEach(record => { logDynamoDBRecord(record); }); }; const logDynamoDBRecord = (record) => { console.log(record.eventID); console.log(record.eventName); console.log(`DynamoDB Record: ${JSON.stringify(record.dynamodb)}`); };

を使用して Lambda で DynamoDB イベントを消費する TypeScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 export const handler = async (event, context) => { console.log(JSON.stringify(event, null, 2)); event.Records.forEach(record => { logDynamoDBRecord(record); }); } const logDynamoDBRecord = (record) => { console.log(record.eventID); console.log(record.eventName); console.log(`DynamoDB Record: ${JSON.stringify(record.dynamodb)}`); };

次のコード例は、DocumentDB 変更ストリームからレコードを受信することによってトリガーされるイベントを受信する Lambda 関数を実装する方法を示しています。関数は DocumentDB ペイロードを取得し、レコードの内容をログ記録します。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

を使用して Lambda で Amazon DocumentDB イベントを消費する JavaScript。

console.log('Loading function'); exports.handler = async (event, context) => { event.events.forEach(record => { logDocumentDBEvent(record); }); return 'OK'; }; const logDocumentDBEvent = (record) => { console.log('Operation type: ' + record.event.operationType); console.log('db: ' + record.event.ns.db); console.log('collection: ' + record.event.ns.coll); console.log('Full document:', JSON.stringify(record.event.fullDocument, null, 2)); };

を使用した Lambda での Amazon DocumentDB イベントの消費 TypeScript

import { DocumentDBEventRecord, DocumentDBEventSubscriptionContext } from 'aws-lambda'; console.log('Loading function'); export const handler = async ( event: DocumentDBEventSubscriptionContext, context: any ): Promise<string> => { event.events.forEach((record: DocumentDBEventRecord) => { logDocumentDBEvent(record); }); return 'OK'; }; const logDocumentDBEvent = (record: DocumentDBEventRecord): void => { console.log('Operation type: ' + record.event.operationType); console.log('db: ' + record.event.ns.db); console.log('collection: ' + record.event.ns.coll); console.log('Full document:', JSON.stringify(record.event.fullDocument, null, 2)); };

次のコード例は、S3 バケットにオブジェクトをアップロードすることによってトリガーされるイベントを受け取る Lambda 関数を実装する方法を示しています。この関数は、イベントパラメータから S3 バケット名とオブジェクトキーを取得し、Amazon S3 API を呼び出してオブジェクトのコンテンツタイプを取得してログに記録します。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

を使用して Lambda で S3 イベントを消費する JavaScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 import { S3Client, HeadObjectCommand } from "@aws-sdk/client-s3"; const client = new S3Client(); exports.handler = async (event, context) => { // Get the object from the event and show its content type const bucket = event.Records[0].s3.bucket.name; const key = decodeURIComponent(event.Records[0].s3.object.key.replace(/\+/g, ' ')); try { const { ContentType } = await client.send(new HeadObjectCommand({ Bucket: bucket, Key: key, })); console.log('CONTENT TYPE:', ContentType); return ContentType; } catch (err) { console.log(err); const message = `Error getting object ${key} from bucket ${bucket}. Make sure they exist and your bucket is in the same region as this function.`; console.log(message); throw new Error(message); } };

を使用して Lambda で S3 イベントを消費する TypeScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 import { S3Event } from 'aws-lambda'; import { S3Client, HeadObjectCommand } from '@aws-sdk/client-s3'; const s3 = new S3Client({ region: process.env.AWS_REGION }); export const handler = async (event: S3Event): Promise<string | undefined> => { // Get the object from the event and show its content type const bucket = event.Records[0].s3.bucket.name; const key = decodeURIComponent(event.Records[0].s3.object.key.replace(/\+/g, ' ')); const params = { Bucket: bucket, Key: key, }; try { const { ContentType } = await s3.send(new HeadObjectCommand(params)); console.log('CONTENT TYPE:', ContentType); return ContentType; } catch (err) { console.log(err); const message = `Error getting object ${key} from bucket ${bucket}. Make sure they exist and your bucket is in the same region as this function.`; console.log(message); throw new Error(message); } };

次のコード例は、SNS トピックからメッセージを受信することによってトリガーされるイベントを受け取る Lambda 関数を実装する方法を示しています。この関数はイベントパラメータからメッセージを取得し、各メッセージの内容を記録します。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

を使用して Lambda で SNS イベントを消費する JavaScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 exports.handler = async (event, context) => { for (const record of event.Records) { await processMessageAsync(record); } console.info("done"); }; async function processMessageAsync(record) { try { const message = JSON.stringify(record.Sns.Message); console.log(`Processed message ${message}`); await Promise.resolve(1); //Placeholder for actual async work } catch (err) { console.error("An error occurred"); throw err; } }

を使用して Lambda で SNS イベントを消費する TypeScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 import { SNSEvent, Context, SNSHandler, SNSEventRecord } from "aws-lambda"; export const functionHandler: SNSHandler = async ( event: SNSEvent, context: Context ): Promise<void> => { for (const record of event.Records) { await processMessageAsync(record); } console.info("done"); }; async function processMessageAsync(record: SNSEventRecord): Promise<any> { try { const message: string = JSON.stringify(record.Sns.Message); console.log(`Processed message ${message}`); await Promise.resolve(1); //Placeholder for actual async work } catch (err) { console.error("An error occurred"); throw err; } }

次のコード例では、SQS キューからメッセージを受信することによってトリガーされるイベントを受け取る、Lambda 関数の実装方法を示しています。この関数はイベントパラメータからメッセージを取得し、各メッセージの内容を記録します。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

を使用して Lambda で SQS イベントを消費する JavaScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 exports.handler = async (event, context) => { for (const message of event.Records) { await processMessageAsync(message); } console.info("done"); }; async function processMessageAsync(message) { try { console.log(`Processed message ${message.body}`); // TODO: Do interesting work based on the new message await Promise.resolve(1); //Placeholder for actual async work } catch (err) { console.error("An error occurred"); throw err; } }

を使用して Lambda で SQS イベントを消費する TypeScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 import { SQSEvent, Context, SQSHandler, SQSRecord } from "aws-lambda"; export const functionHandler: SQSHandler = async ( event: SQSEvent, context: Context ): Promise<void> => { for (const message of event.Records) { await processMessageAsync(message); } console.info("done"); }; async function processMessageAsync(message: SQSRecord): Promise<any> { try { console.log(`Processed message ${message.body}`); // TODO: Do interesting work based on the new message await Promise.resolve(1); //Placeholder for actual async work } catch (err) { console.error("An error occurred"); throw err; } }

以下のコード例では、Kinesis ストリームからイベントを受け取る Lambda 関数のための、部分的なバッチレスポンスの実装方法を示しています。この関数は、レスポンスとしてバッチアイテムの失敗を報告し、対象のメッセージを後で再試行するよう Lambda に伝えます。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

Javascript を使用した Lambda での Kinesis バッチアイテム失敗のレポート。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 exports.handler = async (event, context) => { for (const record of event.Records) { try { console.log(`Processed Kinesis Event - EventID: ${record.eventID}`); const recordData = await getRecordDataAsync(record.kinesis); console.log(`Record Data: ${recordData}`); // TODO: Do interesting work based on the new data } catch (err) { console.error(`An error occurred ${err}`); /* Since we are working with streams, we can return the failed item immediately. Lambda will immediately begin to retry processing from this failed item onwards. */ return { batchItemFailures: [{ itemIdentifier: record.kinesis.sequenceNumber }], }; } } console.log(`Successfully processed ${event.Records.length} records.`); return { batchItemFailures: [] }; }; async function getRecordDataAsync(payload) { var data = Buffer.from(payload.data, "base64").toString("utf-8"); await Promise.resolve(1); //Placeholder for actual async work return data; }

を使用して Lambda で Kinesis バッチアイテムの失敗をレポートする TypeScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 import { KinesisStreamEvent, Context, KinesisStreamHandler, KinesisStreamRecordPayload, KinesisStreamBatchResponse, } from "aws-lambda"; import { Buffer } from "buffer"; import { Logger } from "@aws-lambda-powertools/logger"; const logger = new Logger({ logLevel: "INFO", serviceName: "kinesis-stream-handler-sample", }); export const functionHandler: KinesisStreamHandler = async ( event: KinesisStreamEvent, context: Context ): Promise<KinesisStreamBatchResponse> => { for (const record of event.Records) { try { logger.info(`Processed Kinesis Event - EventID: ${record.eventID}`); const recordData = await getRecordDataAsync(record.kinesis); logger.info(`Record Data: ${recordData}`); // TODO: Do interesting work based on the new data } catch (err) { logger.error(`An error occurred ${err}`); /* Since we are working with streams, we can return the failed item immediately. Lambda will immediately begin to retry processing from this failed item onwards. */ return { batchItemFailures: [{ itemIdentifier: record.kinesis.sequenceNumber }], }; } } logger.info(`Successfully processed ${event.Records.length} records.`); return { batchItemFailures: [] }; }; async function getRecordDataAsync( payload: KinesisStreamRecordPayload ): Promise<string> { var data = Buffer.from(payload.data, "base64").toString("utf-8"); await Promise.resolve(1); //Placeholder for actual async work return data; }

次のコード例は、DynamoDB ストリームからイベントを受信する Lambda 関数に部分的なバッチレスポンスを実装する方法を示しています。この関数は、レスポンスとしてバッチアイテムの失敗を報告し、対象のメッセージを後で再試行するよう Lambda に伝えます。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

を使用した Lambda での DynamoDB バッチアイテムの失敗のレポート JavaScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 export const handler = async (event) => { const records = event.Records; let curRecordSequenceNumber = ""; for (const record of records) { try { // Process your record curRecordSequenceNumber = record.dynamodb.SequenceNumber; } catch (e) { // Return failed record's sequence number return { batchItemFailures: [{ itemIdentifier: curRecordSequenceNumber }] }; } } return { batchItemFailures: [] }; };

を使用した Lambda での DynamoDB バッチアイテムの失敗のレポート TypeScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 import { DynamoDBBatchItemFailure, DynamoDBStreamEvent } from "aws-lambda"; export const handler = async (event: DynamoDBStreamEvent): Promise<DynamoDBBatchItemFailure[]> => { const batchItemsFailures: DynamoDBBatchItemFailure[] = [] let curRecordSequenceNumber for(const record of event.Records) { curRecordSequenceNumber = record.dynamodb?.SequenceNumber if(curRecordSequenceNumber) { batchItemsFailures.push({ itemIdentifier: curRecordSequenceNumber }) } } return batchItemsFailures }

以下のコード例では、SQS キューからイベントを受け取る Lambda 関数のための、部分的なバッチレスポンスの実装方法を示しています。この関数は、レスポンスとしてバッチアイテムの失敗を報告し、対象のメッセージを後で再試行するよう Lambda に伝えます。

SDK for JavaScript (v3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。サーバーレスサンプルリポジトリで完全な例を検索し、設定および実行の方法を確認してください。

を使用して Lambda で SQS バッチアイテムの失敗をレポートする JavaScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 export const handler = async (event, context) => { const batchItemFailures = []; for (const record of event.Records) { try { await processMessageAsync(record, context); } catch (error) { batchItemFailures.push({ itemIdentifier: record.messageId }); } } return { batchItemFailures }; }; async function processMessageAsync(record, context) { if (record.body && record.body.includes("error")) { throw new Error("There is an error in the SQS Message."); } console.log(`Processed message: ${record.body}`); }

を使用して Lambda で SQS バッチアイテムの失敗をレポートする TypeScript。

// Copyright Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 import { SQSEvent, SQSBatchResponse, Context, SQSBatchItemFailure, SQSRecord } from 'aws-lambda'; export const handler = async (event: SQSEvent, context: Context): Promise<SQSBatchResponse> => { const batchItemFailures: SQSBatchItemFailure[] = []; for (const record of event.Records) { try { await processMessageAsync(record); } catch (error) { batchItemFailures.push({ itemIdentifier: record.messageId }); } } return {batchItemFailures: batchItemFailures}; }; async function processMessageAsync(record: SQSRecord): Promise<void> { if (record.body && record.body.includes("error")) { throw new Error('There is an error in the SQS Message.'); } console.log(`Processed message ${record.body}`); }