Batch ビルドビルド仕様のリファレンス - AWS CodeBuild

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Batch ビルドビルド仕様のリファレンス

このトピックでは、バッチビルドプロパティの buildspec リファレンスを示します。

batch

オプションのマッピング。プロジェクトのバッチビルド設定。

バッチ/高速失敗

省略可能。

false

デフォルト値。実行中のすべてのビルドが完了します。

true

ビルドの 1 つが失敗すると、実行中のすべてのビルドが停止します。

デフォルトでは、すべてのバッチビルドタスクは、envおよびphasesbuildspec ファイルで指定されている。デフォルトのビルド設定をオーバーライドするには、異なるenv値または別の buildspec ファイルをbatch/<batch-type>/buildspecパラメータ。

の内容batchプロパティは、指定されたバッチビルドのタイプによって異なります。可能なバッチ構築タイプは次のとおりです。

batch/build-graph

定義グラフを構築。ビルドグラフは、バッチ内の他のタスクに依存する一連のタスクを定義します。詳細については、「ビルドのグラフ」を参照してください。

この要素には、ビルドタスクの配列が含まれます。各ビルドタスクには、以下のプロパティが含まれます。

ID

必須。タスクの識別子。

BuildSpec

省略可能。このタスクに使用する buildspec ファイルのパスとファイル名。このパラメータを指定しないと、現在の buildspec ファイルが使用されます。

デバッグセッション

省略可能。セッションデバッグがこのバッチビルドで有効かどうかを示すブール値。セッションのデバッグの詳細については、」セッションマネージャーで実行中のビルドを表示する

false

セッションデバッグはディセーブルです。

true

セッションデバッグはイネーブルです。

依存

省略可能。このタスクが依存するタスク識別子の配列。このタスクは、これらのタスクが完了するまで実行されません。

env

省略可能。タスクのビルド環境がオーバーライドされます。これには、以下のプロパティが含まれます。

コンピューティングタイプ

タスクに使用するコンピュートタイプの識別子。「」を参照してください。computeTypeビルド環境のコンピューティングタイプ可能な値のために。

イメージ

タスクに使用するイメージの識別子。「」を参照してください。イメージ識別子CodeBuild によって提供されるドッカーイメージ可能な値のために。

特権モード

Docker コンテナ内の Docker デーモンを実行するかどうかを示すブール値。「」に設定します。trueビルドプロジェクトを使用して Docker イメージを構築する場合にのみ、そうしないと、Docker デーモンとやり取りしようとするビルドは失敗します。デフォルトの設定は、false です。

type

タスクに使用する環境タイプの識別子。「」を参照してください。環境タイプビルド環境のコンピューティングタイプ可能な値のために。

変数

ビルド環境に存在する環境変数。「」を参照してください。env/variables詳細については,.

無視-失敗

省略可能。バッチ内の失敗を無視できるかどうかを示すブール値。

false

デフォルト値。1 つのビルドタスクが失敗すると、バッチビルドは失敗します。

true

1 つのビルドタスクが失敗しても、残りのビルドタスクは引き続き実行されます。

ビルドグラフの buildspec エントリの例を次に示します。

batch: fast-fail: false build-graph: - identifier: build1 env: compute-type: BUILD_GENERAL1_SMALL debug-session: true - identifier: build2 env: compute-type: BUILD_GENERAL1_MEDIUM depend-on: - build1 debug-session: false - identifier: build3 env: compute-type: BUILD_GENERAL1_LARGE depend-on: - build2

batch/build-list

定義ビルドリスト。ビルドリストは、並行して実行されるタスクの数を定義するために使用されます。詳細については、「ビルドリスト」を参照してください。

この要素には、ビルドタスクの配列が含まれます。各ビルドタスクには、以下のプロパティが含まれます。

ID

必須。タスクの識別子。

BuildSpec

省略可能。このタスクに使用する buildspec ファイルのパスとファイル名。このパラメータを指定しないと、現在の buildspec ファイルが使用されます。

デバッグセッション

省略可能。セッションデバッグがこのバッチビルドで有効かどうかを示すブール値。セッションのデバッグの詳細については、」セッションマネージャーで実行中のビルドを表示する

false

セッションデバッグはディセーブルです。

true

セッションデバッグはイネーブルです。

env

省略可能。タスクのビルド環境がオーバーライドされます。これには、以下のプロパティが含まれます。

コンピューティングタイプ

タスクに使用するコンピュートタイプの識別子。「」を参照してください。computeTypeビルド環境のコンピューティングタイプ可能な値のために。

イメージ

タスクに使用するイメージの識別子。「」を参照してください。イメージ識別子CodeBuild によって提供されるドッカーイメージ可能な値のために。

特権モード

Docker コンテナ内の Docker デーモンを実行するかどうかを示すブール値。「」に設定します。trueビルドプロジェクトを使用して Docker イメージを構築する場合にのみ、そうしないと、Docker デーモンとやり取りしようとするビルドは失敗します。デフォルトの設定は、false です。

type

タスクに使用する環境タイプの識別子。「」を参照してください。環境タイプビルド環境のコンピューティングタイプ可能な値のために。

変数

ビルド環境に存在する環境変数。「」を参照してください。env/variables詳細については,.

無視-失敗

省略可能。バッチ内の失敗を無視できるかどうかを示すブール値。

false

デフォルト値。1 つのビルドタスクが失敗すると、バッチビルドは失敗します。

true

1 つのビルドタスクが失敗しても、残りのビルドタスクは引き続き実行されます。

ビルドリストの buildspec エントリの例を次に示します。

batch: fast-fail: false build-list: - identifier: linux_small env: compute-type: BUILD_GENERAL1_SMALL ignore-failure: true debug-session: true - identifier: windows_medium env: type: WINDOWS_SERVER_2019_CONTAINER image: aws/codebuild/windows-base:2019-1.0 compute-type: BUILD_GENERAL1_MEDIUM

batch/build-matrix

定義ビルドマトリックス。ビルドマトリックスは、並行して実行される異なる構成のタスクを定義します。CodeBuild は、設定可能な組み合わせごとに個別のビルドを作成します。詳細については、「ビルドマトリックス」を参照してください。

静的

静的プロパティは、すべてのビルドタスクに適用されます。

無視-失敗

省略可能。バッチ内の失敗を無視できるかどうかを示すブール値。

false

デフォルト値。1 つのビルドタスクが失敗すると、バッチビルドは失敗します。

true

1 つのビルドタスクが失敗しても、残りのビルドタスクは引き続き実行されます。

env

省略可能。ビルド環境はすべてのタスクに対して上書きされます。

コンピューティングタイプ

タスクに使用するコンピュートタイプの識別子。「」を参照してください。computeTypeビルド環境のコンピューティングタイプ可能な値のために。

イメージ

タスクに使用するイメージの識別子。「」を参照してください。イメージ識別子CodeBuild によって提供されるドッカーイメージ可能な値のために。

特権モード

Docker コンテナ内の Docker デーモンを実行するかどうかを示すブール値。「」に設定します。trueビルドプロジェクトを使用して Docker イメージを構築する場合にのみ、そうしないと、Docker デーモンとやり取りしようとするビルドは失敗します。デフォルトの設定は、false です。

type

タスクに使用する環境タイプの識別子。「」を参照してください。環境タイプビルド環境のコンピューティングタイプ可能な値のために。

変数

ビルド環境に存在する環境変数。「」を参照してください。env/variables詳細については,.

特権モード

Docker コンテナ内の Docker デーモンを実行するかどうかを示すブール値。「」に設定します。trueビルドプロジェクトを使用して Docker イメージを構築する場合にのみ、それを表します。そうしないと、Docker デーモンとやり取りしようとするビルドは失敗します。デフォルトの設定は、false です。

type

これらのタスクに使用する環境タイプの識別子。「」を参照してください。環境タイプビルド環境のコンピューティングタイプ可能な値のために。

動的

動的プロパティはビルドマトリックスを定義します。

BuildSpec

省略可能。これらのタスクに使用する buildspec ファイルのパスとファイル名を含む配列。このパラメータを指定しないと、現在の buildspec ファイルが使用されます。

env

省略可能。これらのタスクでは、ビルド環境が上書きされます。

コンピューティングタイプ

これらのタスクに使用するコンピュートタイプの識別子を含む配列。「」を参照してください。computeTypeビルド環境のコンピューティングタイプ可能な値のために。

イメージ

これらのタスクに使用するイメージの識別子を含む配列。「」を参照してください。イメージ識別子CodeBuild によって提供されるドッカーイメージ可能な値のために。

変数

これらのタスクのビルド環境に存在する環境変数を含む配列。「」を参照してください。env/variables詳細については,.

ビルドマトリックス buildspec エントリの例を次に示します。

batch: build-matrix: static: ignore-failure: false env: type: LINUX_CONTAINER image: aws/codebuild/amazonlinux2-x86_64-standard:3.0 privileged-mode: true dynamic: buildspec: - matrix1.yml - matrix2.yml env: variables: MY_VAR: - VALUE1 - VALUE2 - VALUE3

詳細については、「ビルドマトリックス」を参照してください。