AWS CodeBuild
ユーザーガイド (API バージョン 2016-10-06)

このガイドの手順では、新しいコンソールデザインがサポートされています。古いバージョンのコンソールを選択すると、古い概念が反映され、本ガイドの基本的な手順がそのまま適用されます。新しいコンソールのヘルプにアクセスするには、情報アイコンを選択します。

AWS CodeBuild に用意されている Docker イメージ

AWS CodeBuild で管理される以下の Docker イメージは、AWS CodeBuild コンソールおよび AWS CodePipeline コンソールで使用できます。

注記

このページでイメージが見つからない場合、多くの場合はベンダーでサポートされなくなったコンポーネントが含まれています。サポートされていないコンポーネントを 1 つ以上含むイメージは AWS CodeBuild コンソールまたは AWS CodeBuild SDK からは使用できません。CLI でこのイメージを使用できる場合はありますが、サポート対象外のため、更新されません。

プラットフォーム プログラミング言語またはフレームワーク ランタイムバージョン イメージ識別子 定義
Ubuntu 14.04 (基本イメージ) aws/codebuild/ubuntu-base:14.04 ubuntu/ubuntu-base/14.04
Ubuntu 14.04 Android 26.1.1 aws/codebuild/android-java-8:26.1.1 ubuntu/android-java-8/26.1.1
Ubuntu 14.04 Android 24.4.1 aws/codebuild/android-java-8:24.4.1 ubuntu/android-java-8/24.4.1
Ubuntu 14.04 Docker 17.09.0 aws/codebuild/docker:17.09.0 ubuntu/docker/17.09.0
Ubuntu 14.04 Golang 1.10 aws/codebuild/golang:1.10 ubuntu/golang/1.10
Ubuntu 14.04 Java 8 aws/codebuild/java:openjdk-8 ubuntu/java/openjdk-8
Ubuntu 14.04 Java 9 aws/codebuild/java:openjdk-9 ubuntu/java/openjdk-9
Ubuntu 14.04 Node.js 10.1.0 aws/codebuild/nodejs:10.1.0 ubuntu/nodejs/10.1.0
Ubuntu 14.04 Node.js 8.11.0 aws/codebuild/nodejs:8.11.0 ubuntu/nodejs/8.11.0
Ubuntu 14.04 Node.js 6.3.1 aws/codebuild/nodejs:6.3.1 ubuntu/nodejs/6.3.1
Ubuntu 14.04 PHP 5.6 aws/codebuild/php:5.6 ubuntu/php/5.6
Ubuntu 14.04 PHP 7.0 aws/codebuild/php:7.0 ubuntu/php/7.0
Ubuntu 14.04 Python 3.6.5 aws/codebuild/python:3.6.5 ubuntu/python/3.6.5
Ubuntu 14.04 Python 3.5.2 aws/codebuild/python:3.5.2 ubuntu/python/3.5.2
Ubuntu 14.04 Python 3.4.5 aws/codebuild/python:3.4.5 ubuntu/python/3.4.5
Ubuntu 14.04 Python 3.3.6 aws/codebuild/python:3.3.6 ubuntu/python/3.3.6
Ubuntu 14.04 Python 2.7.12 aws/codebuild/python:2.7.12 ubuntu/python/2.7.12
Ubuntu 14.04 Ruby 2.5.1 aws/codebuild/ruby:2.5.1 ubuntu/ruby/2.5.1
Ubuntu 14.04 Ruby 2.3.1 aws/codebuild/ruby:2.3.1 ubuntu/ruby/2.3.1
Ubuntu 14.04 Ruby 2.2.5 aws/codebuild/ruby:2.2.5 ubuntu/ruby/2.2.5
Ubuntu 14.04 .NET Core 1.1 aws/codebuild/dot-net:core-1 ubuntu/dot-net/core-1
Ubuntu 14.04 .NET Core 2.0 aws/codebuild/dot-net:core-2.0 ubuntu/dot-net/core-2
Ubuntu 14.04 .NET Core 2.1 aws/codebuild/dot-net:core-2.1 ubuntu/dot-net/core-2.1
Windows Server Core 2016 (基本イメージ) aws/codebuild/windows-base:1.0

AWS CodeBuild で管理される以下の Docker イメージについては、AWS CodeBuild コンソールおよび AWS CodePipeline コンソールで使用できません。

プラットフォーム プログラミング言語またはフレームワーク ランタイムバージョン 追加のコンポーネント イメージ識別子
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Golang 1.6 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-go-1.6-amazonlinux-64:2.3.2
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Golang 1.5.3 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-go-1.5-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Golang 1.5.3 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-go-1.5-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.4.3 Java 1.8.0 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-java-8-amazonlinux-64:2.4.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Java 1.8.0 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-java-8-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Java 1.8.0 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-java-8-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.4.3 Java 1.7.0 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-java-7-amazonlinux-64:2.4.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Java 1.7.0 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-java-7-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Java 1.7.0 Apache Maven 3.3.3、Apache Ant 1.9.6、Gradle 2.7 aws/codebuild/eb-java-7-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v4.0.0 Node.js 6.10.0 Git 2.7.4、npm 2.15.5 aws/codebuild/eb-nodejs-6.10.0-amazonlinux-64:4.0.0
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Node.js 4.4.6 Git 2.7.4、npm 2.15.5 aws/codebuild/eb-nodejs-4.4.6-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Python 3.4.3 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-3.4-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Python 3.4.3 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-3.4-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Python 3.4 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-3.4-amazonlinux-64:2.3.2
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Python 2.7.10 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-2.7-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Python 2.7.10 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-2.7-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Python 2.7 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-2.7-amazonlinux-64:2.3.2
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Python 2.6.9 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-2.6-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Python 2.6.9 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-2.6-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Python 2.6 meld3 1.0.2、pip 7.1.2、setuptools 18.4 aws/codebuild/eb-python-2.6-amazonlinux-64:2.3.2
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Ruby 2.3.1 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.3-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Ruby 2.3.1 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.3-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Ruby 2.3 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.3-amazonlinux-64:2.3.2
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Ruby 2.2.5 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.2-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Ruby 2.2.5 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.2-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Ruby 2.2 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.2-amazonlinux-64:2.3.2
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Ruby 2.1.9 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.1-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Ruby 2.1.9 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.1-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Ruby 2.1 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.1-amazonlinux-64:2.3.2
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Ruby 2.0 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.0-amazonlinux-64:2.3.2
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Ruby 2.0.0 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.0-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Ruby 2.0.0 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-2.0-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.1.6 Ruby 1.9.3 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-1.9-amazonlinux-64:2.1.6
Amazon Linux 2016.03、64 ビット v2.1.3 Ruby 1.9.3 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-1.9-amazonlinux-64:2.1.3
Amazon Linux 2016.03, 64 ビット v2.3.2 Ruby 1.9 Bundler、RubyGems aws/codebuild/eb-ruby-1.9-amazonlinux-64:2.3.2

識別子に eb- を含む Docker イメージの詳細については、AWS Elastic Beanstalk 開発者ガイドの「サポートされているプラットフォーム」および「プラットフォームの履歴」を参照してください。識別子に eb- を含む Docker イメージは、Elastic Beanstalk; では使用できますが、AWS CodeBuild コンソールと AWS CodePipeline コンソールでは使用できません。

install ビルドフェーズでは、ビルド仕様を使用して、他のコンポーネント (AWS CLI、Apache Maven、Apache Ant、Mocha、RSpec など) をインストールできます。詳細については、「ビルド仕様の例」を参照してください。

AWS CodeBuild は Docker イメージのリストを頻繁に更新します。最新のリストを取得するには、次のいずれかを実行します。

  • AWS CodeBuild コンソールの [Create build project (ビルドプロジェクトの作成)] ウィザードまたは [Edit Build Project (ビルドプロジェクトの編集)] ページで、[環境イメージ] として [Managed image (マネージド型イメージ)] を選択します。[オペレーティングシステム]、[ランタイム]、[ランタイムバージョン] の各ドロップダウンリストで適切な選択を行います。詳細については、「ビルドプロジェクトの作成 (コンソール)」または「ビルドプロジェクトの設定を変更する (コンソール)」を参照してください。

  • AWS CLI では、list-curated-environment-images コマンドを実行します。

    aws codebuild list-curated-environment-images
  • AWS SDK では、ターゲットのプログラミング言語の ListCuratedEnvironmentImages オペレーションを呼び出します。詳細については、「AWS SDK とツールのリファレンス」を参照してください。

Docker イメージにインストールされているコンポーネントのバージョンを確認するには、ビルド中にコマンドを実行します。出力には、コンポーネントのバージョン番号が表示されます。たとえば、ビルド仕様に次のコマンドを 1 つ以上含めます。

  • Microsoft .NET Framework の場合は、reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\NET Framework Setup\NDP" を実行します。

  • .NET Core の場合は、dotnet --version を実行します。

  • Apache Ant の場合は、ant -version を実行します。

  • Apache Maven の場合は、mvn -version を実行します。

  • AWS CLI の場合は、aws --version を実行します。

  • Bundler の場合は、bundle version を実行します。

  • Git の場合は、git --version を実行します。

  • Gradle の場合は、gradle --version を実行します。

  • Java の場合は、java -version を実行します。

  • NPM の場合は、npm --version を実行します。

  • PHP の場合は、php --version を実行します。

  • pip の場合は、pip --version を実行します。

  • Python の場合は、python --version を実行します。

  • RubyGems の場合は、gem --version を実行します。

  • setuptools の場合は、easy_install --version を実行します。

次のビルドコマンド (ビルドプロジェクトの設定の一部として AWS CodeBuild または AWS CodePipeline コンソールから入力) は、これらのコンポーネントがインストールされている Docker イメージ上で AWS CLI、Git、pip、および Python のバージョンを返します aws --version && git --version && pip --version && python --version