AWS CodeBuild
ユーザーガイド (API バージョン 2016-10-06)

CodeBuild に用意されている Docker イメージ

AWS CodeBuild で管理される以下の Docker イメージは、CodeBuild コンソールおよび AWS CodePipeline コンソールで使用できます。

プラットフォーム プログラミング言語またはフレームワーク イメージ識別子 定義
Ubuntu 18.04 (標準イメージ) aws/codebuild/standard:2.0 ubuntu/standard/2.0
Ubuntu 18.04 (標準イメージ) aws/codebuild/standard:1.0 ubuntu/standard/1.0
Windows Server Core 2016 (基本イメージ) aws/codebuild/windows-base:1.0 該当なし

Ubuntu 18.04 プラットフォームの標準イメージには、次のプログラミング言語が含まれます。Ubuntu Standard イメージ 2.0 を使用する場合、buildspec ファイルの runtime-versions セクションでランタイムを指定できます。詳細については、「buildspec ファイルのランタイムバージョンの指定」を参照してください。

注記

Windows Server Core 2016 プラットフォームの基本イメージは、US East (N. Virginia)、US East (Ohio)、US West (N. California)、および EU (Ireland) の各リージョンでのみ利用できます。

AWS CLI ビルドフェーズでは、ビルド仕様を使用して、他のコンポーネント (install、Apache Maven、Apache Ant、Mocha、RSpec など) をインストールできます。詳細については、「ビルド仕様の例」を参照してください。

CodeBuild は Docker イメージのリストを頻繁に更新します。最新のリストを取得するには、次のいずれかを実行します。

  • CodeBuild コンソールの [Create build project (ビルドプロジェクトの作成)] ウィザードまたは [Edit Build Project (ビルドプロジェクトの編集)] ページで、[環境イメージ] として [Managed image (マネージド型イメージ)] を選択します。[オペレーティングシステム]、[ランタイム]、[ランタイムバージョン] の各ドロップダウンリストで適切な選択を行います。詳細については、「ビルドプロジェクトの作成 (コンソール)」または「ビルドプロジェクトの設定を変更する (コンソール)」を参照してください。

  • AWS CLI では、list-curated-environment-images コマンドを実行します。

    aws codebuild list-curated-environment-images
  • AWS SDK では、ターゲットのプログラミング言語の ListCuratedEnvironmentImages オペレーションを呼び出します。詳細については、「AWS SDK とツールのリファレンス」を参照してください。