に用意されている Docker イメージCodeBuild - AWS CodeBuild

に用意されている Docker イメージCodeBuild

AWS CodeBuild で管理される以下の Docker イメージは、CodeBuild コンソールおよび AWS CodePipeline コンソールで使用できます。

プラットフォーム イメージ識別子 定義
Amazon Linux 2 aws/codebuild/amazonlinux2-x86_64-standard:2.0 al2/standard/2.0
Amazon Linux 2 aws/codebuild/amazonlinux2-x86_64-standard:3.0 al2/standard/3.0
Amazon Linux 2 aws/codebuild/amazonlinux2-aarch64-standard:1.0 al2/aarch64/standard/1.0
Amazon Linux 2 aws/codebuild/amazonlinux2-aarch64-standard:2.0 al2/aarch64/standard/2.0
Ubuntu 18.04 aws/codebuild/standard:3.0 ubuntu/standard/3.0
Ubuntu 18.04 aws/codebuild/standard:4.0 ubuntu/standard/4.0
Ubuntu 20.04 aws/codebuild/standard:5.0 ubuntu/standard/5.0
Windows Server Core 2019 aws/codebuild/windows-base:2019-1.0 該当なし

各イメージの最新バージョンがキャッシュされます。具体的なバージョンを指定すると、キャッシュされたバージョンではなく、そのバージョンのプロビジョニングが CodeBuild によって行われます。これにより、ビルド時間が長くなることがあります。たとえば、キャッシュのメリットを得るには、aws/codebuild/amazonlinux2-x86_64-standard:3.0 のような詳細バージョンではなく aws/codebuild/amazonlinux2-x86_64-standard:3.0-1.0.0. を指定します。

You can specify one or more runtimes in the runtime-versions section of your buildspec file. If your runtime is dependent upon another runtime, you can also specify its dependent runtime in the buildspec file. If you do not specify any runtimes in the buildspec file, CodeBuild chooses the default runtimes that are available in the image you use. If you specify one or more runtimes, CodeBuild uses only those runtimes. If a dependent runtime is not specified, CodeBuild attempts to choose the dependent runtime for you. 詳細については、「」を参照してくださいSpecify runtime versions in the buildspec file

次の表は、使用可能なランタイムとそれらをサポートする標準の Linux イメージを示しています。

Ubuntu および Amazon Linux 2 プラットフォームのランタイム
ランタイム名 Version イメージ
android

28

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

29

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

dotnet

3.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Ubuntu standard:3.0

3.1

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

5.0

Ubuntu standard:5.0

Golang

1.12

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

1.13

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

1.14

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:4.0

1.15

Ubuntu standard:5.0

NodeJS

8

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

10

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

12

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

14

Ubuntu standard:5.0

java

openjdk8

Ubuntu standard:3.0

openjdk11

Ubuntu standard:3.0

corretto8

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

corretto11

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

php

73

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

7.4

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

8.0

Ubuntu standard:5.0

python

37

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

3.8

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

3.9

Ubuntu standard:5.0

ruby

2.6

Amazon Linux 2 x86_64 standard:2.0

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:1.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:3.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

2.7

Amazon Linux 2 x86_64 standard:3.0

Amazon Linux 2 AArch64 standard:2.0

Ubuntu standard:4.0

Ubuntu standard:5.0

buildspec ファイルの runtime-versions セクションでランタイムを指定するときは、特定のバージョン、特定のメジャーバージョンと最新のマイナーバージョン、または最新バージョンを指定できます。次の表に、使用可能なランタイムとその指定方法を示します。

Ubuntu および Amazon Linux 2 プラットフォームのランタイムバージョン
ランタイム名 Version 特定のバージョン 特定のメジャーバージョンと最新のマイナーバージョン 最新バージョン
android

28

android: 28

android: 28.x

android: latest

29

android: 29

android: 29.x

dotnet

3.0

dotnet: 3.0

dotnet: 3.x

dotnet: latest

3.1

dotnet: 3.1

5.0

dotnet: 5.0

dotnet: 5.x

Golang

1.12

golang: 1.12

golang: 1.x

golang: latest

1.13

golang: 1.13

1.14

golang: 1.14

1.15

golang: 1.15

NodeJS

8

nodejs: 8

nodejs: 8.x

nodejs: latest

10

nodejs: 10

nodejs: 10.x

12

nodejs: 12

nodejs: 12.x

14

nodejs: 14

nodejs: 14.x

java

openjdk8

java: openjdk8

java: openjdk8.x

java: latest

openjdk11

java: openjdk11

java: openjdk11.x

corretto8

java: corretto8

java: corretto8.x

corretto11

java: corretto11

java: corretto11.x

php

73

php: 7.3

php: 7.x

php: latest

7.4

php: 7.4

8.0

php: 8.0

php: 8.x

python

37

python: 3.7

python: 3.x

python: latest

3.8

python: 3.8

3.9

python: 3.9

ruby

2.6

ruby: 2.6

ruby: 2.x

ruby: latest

2.7

ruby: 2.7

注記

aws/codebuild/amazonlinux2-aarch64-standard:1.0 イメージは、Android Runtime (ART) をサポートしていません。

Windows Server Core 2019 のベースイメージには、以下のランタイムが含まれています。

ランタイム名 のバージョン windows-base:2019-1.0
dotnet 3.1.404

5.0

Golang 1.14
NodeJS 12.18
java corretto11
php 7.4.7
powershell 7.0.2
python 3.8.3
ruby 2.7

Windows Server Core 2019 プラットフォームの基本イメージは、次のリージョンでのみ利用できます。

  • 米国東部(バージニア北部)

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 米国西部 (オレゴン)

  • 欧州 (アイルランド)

ビルド仕様を使用してAWS CLI、ビルドフェーズ中に他のコンポーネント (、Apache RSpecMaven、Apache installAnt、Mocha、 など) をインストールできます。詳細については、「」を参照してください。buildspec の例.

CodeBuild は Docker イメージのリストを頻繁に更新します。最新のリストを取得するには、次のいずれかを実行します。

  • CodeBuild コンソールの [Create build project (ビルドプロジェクトの作成)] ウィザードまたは [Edit Build Project (ビルドプロジェクトの編集)] ページで、[環境イメージ] として [Managed image (マネージド型イメージ).] を選択します。[オペレーティングシステム]、[ランタイム]、[ランタイムバージョン] の各ドロップダウンリストから選択します。詳細については、「ビルドプロジェクトの作成 (コンソール)」または「ビルドプロジェクトの設定の変更 (コンソール).」を参照してください。

  • AWS CLI では、list-curated-environment-images コマンドを実行します。

    aws codebuild list-curated-environment-images
  • の場合はAWSSDKs、ターゲットのプログラミング言語の ListCuratedEnvironmentImages オペレーションを呼び出します。詳細については、「」を参照してください。AWSSDKsとツールのリファレンス.