パイプラインに CodeBuild テストアクションを追加する (CodePipeline コンソール) - AWS CodeBuild

パイプラインに CodeBuild テストアクションを追加する (CodePipeline コンソール)

  1. 以下を使用して AWS マネジメントコンソール にサインインします。

    • AWS ルートアカウント。これは推奨されません。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/IAM/latest/UserGuide/id_root-user.html ユーザーガイドの「IAMアカウントのルートユーザー」を参照してください。

    • AWS アカウントの管理者 IAM ユーザー。詳細については、 ユーザーガイドIAMの「最初の 管理者ユーザーおよびグループの作成IAM」を参照してください。

    • 次の最小限のアクションを実行する権限がある AWS アカウントの IAM ユーザー。

      codepipeline:* iam:ListRoles iam:PassRole s3:CreateBucket s3:GetBucketPolicy s3:GetObject s3:ListAllMyBuckets s3:ListBucket s3:PutBucketPolicy codecommit:ListBranches codecommit:ListRepositories codedeploy:GetApplication codedeploy:GetDeploymentGroup codedeploy:ListApplications codedeploy:ListDeploymentGroups elasticbeanstalk:DescribeApplications elasticbeanstalk:DescribeEnvironments lambda:GetFunctionConfiguration lambda:ListFunctions opsworks:DescribeStacks opsworks:DescribeApps opsworks:DescribeLayers
  2. CodePipeline コンソール (https://console.aws.amazon.com/codesuite/codepipeline/home) を開きます。

  3. AWS リージョンセレクターで、パイプラインがある AWS リージョンを選択します。この AWS リージョンでは、CodeBuild をサポートしている必要があります。詳細については、「アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス」の「AWS CodeBuild」を参照してください。

  4. [Pipelines (パイプライン)] ページで、パイプラインの名前を選択します。

  5. パイプラインの詳細ページの [ソース] アクションで、ツールヒントを選択します。[Output artifact (出力アーティファクト)] の値をメモします (例: MyApp)。

    注記

    この手順では、[Source] ステージと [Beta] ステージの間のテストステージ内にテストアクションを追加する方法について説明します。テストアクションを別の場所に追加する場合は、直前のアクションにマウスポインタを合わせ、[Output artifact] の値をメモします。

  6. [Edit] を選択します。

  7. [ソース] ステージのすぐ後で、[Add stage (ステージの追加)] を選択します。

    注記

    この手順では、パイプラインの [Source] ステージの直後にテストステージを追加する方法を示します。既存のステージにテストアクションを追加するには、ステージで [Edit stage (ステージを編集)] を選択し、この手順のステップ 8 に進みます。テストステージを別の場所に追加するには、目的の場所で [Add stage (ステージの追加)] を選択します。

  8. [ステージ名] に、テストステージの名前 (例: Test) を入力します。別の名前を選択する場合は、この手順全体でそれを使用します。

  9. 選択されたステージで、[アクションの追加] を選択します。

    注記

    この手順は、テストステージにテストアクションを追加する方法を示します。テストアクションを別の場所に追加するには、目的の場所で [Add action (アクションの追加)] を選択します。まず、テストアクションを追加する既存のステージで [Edit (編集)] アイコンを選択する必要があります。

  10. [アクションの編集] の [アクション名] に、アクションの名前 (例: Test) を入力します。別の名前を選択する場合は、この手順全体でそれを使用します。

  11. [Action provider (アクションプロバイダー)] で、[Test (テスト)] の [CodeBuild] を選択します。

  12. 使用するビルドプロジェクトがすでにある場合は、[プロジェクト名] で、ビルドプロジェクトの名前を選択し、この手順の次のステップに進みます。

    新しい CodeBuild ビルドプロジェクトを作成する必要がある場合は、「ビルドプロジェクトの作成 (コンソール)」の手順に従ってこの手順に戻ります。

    重要

    CodeBuild プロジェクトのウェブフックを有効にして、プロジェクトを CodePipeline のビルドステップとして使用すると、コミットごとに 2 つの等しいビルドが作成されます。一方のビルドはウェブフックを通じてトリガーされ、もう一方は CodePipeline を通じてトリガーされます。請求はビルド単位で発生するため、両方のビルドに対して課金されます。したがって、CodePipeline を使用する場合は、CodeBuild でウェブフックを無効にすることをお勧めします。CodeBuild コンソールで、[Webhook] ボックスをオフにします。詳細については、「ビルドプロジェクトの設定の変更 (コンソール)」を参照してください。

  13. [入力アーティファクト] で、この手順で前に書き留めた [出力アーティファクト] の値を選択します。

  14. (オプション) テストアクションで出力アーティファクトを生成し、それに応じてビルド仕様を設定する場合は、出力アーティファクトに割り当てる値を [出力アーティファクト] に入力します。

  15. [Save] を選択します。

  16. [Release change] を選択します。

  17. パイプラインが正常に実行された後、テスト結果を取得できます。パイプラインの [Test (テスト)] ステージで [CodeBuild] ハイパーリンクを選択し、CodeBuild コンソールで関連するビルドプロジェクトのページを開きます。

  18. ビルドプロジェクトページの [Build history] エリアで、[Build run] ハイパーリンクを選択します。

  19. ビルドの実行ページの [ビルドログ] エリアで、[ログ全体の表示] ハイパーリンクを選択し、Amazon CloudWatch コンソールでビルドログを開きます。

  20. ビルドログをスクロールして、テスト結果を表示します。