AWS CodeBuild でのテストレポートの使用 - AWS CodeBuild

AWS CodeBuild でのテストレポートの使用

ビルド時に実行したテストの詳細を含むレポートを CodeBuild で作成できます。単体テスト、設定テスト、機能テストなどのテストを作成できます。

以下のテストレポートファイル形式がサポートされています。

  • Cucumber JSON

  • JUnit XML

  • NUnit XML

  • NUnit3 XML(Nユニット3 XML)

  • TestNG XML

  • Visual Studio TRX

Surefire JUnit plugin、TestNG、Cucumber などのいずれかの形式でレポートファイルを作成できる任意のテストフレームワークを使用して、テストケースを作成します。

テストレポートを作成するには、ビルドプロジェクトの buildspec ファイルにテストケースに関する情報を含むレポートグループ名を追加します。ビルドプロジェクトを実行すると、テストケースが実行され、テストレポートが作成されます。テストを実行する前にレポートグループを作成する必要はありません。レポートグループ名を指定すると、CodeBuild はレポートの実行時に自動的にレポートグループを作成します。既に存在するレポートグループを使用する場合は、buildspec ファイルでその ARN を指定します。

テストレポートを使用すると、ビルドの実行中に問題をトラブルシューティングできます。ビルドプロジェクトの複数のビルドから多数のテストレポートがある場合、テストレポートを使用してトレンドやテストと失敗率を表示し、ビルドを最適化できます。

レポートは、作成から 30 日後に有効期限が切れます。期限切れのテストレポートは表示できません。30 日以上テストレポートを保持する場合は、テスト結果の raw データファイルを Amazon S3 バケットにエクスポートできます。エクスポートされたテストファイルは期限切れになりません。S3 バケットに関する情報は、レポートグループを作成するときに指定します。

注記

プロジェクトで指定した CodeBuild サービスロールは、S3 バケットにアップロードするアクセス許可に使用されます。