AWS CodeCommit リポジトリ設定を変更する - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit リポジトリ設定を変更する

CodeCommit リポジトリの設定 (説明や名前など) を変更するには、AWS CLI および AWS CodeCommit コンソールを使用します。

重要

リポジトリの名前を変更すると、リモート URL に古い名前を使用するローカルレポジトリが壊れることがあります。git remote set-url コマンドを実行して、新しいリポジトリの名前を使用するようにリモート URL を更新します。

リポジトリ設定を変更する (コンソール)

AWS CodeCommit コンソールを使用して AWS CodeCommit で CodeCommit リポジトリの設定を変更するには、以下のステップに従います。

  1. https://console.aws.amazon.com/codesuite/codecommit/home で CodeCommit コンソールを開きます。

  2. リポジトリのリストで、設定を変更するリポジトリの名前を選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Settings] (設定) をクリックします。

  4. リポジトリの名前を変更するには、[Repository name (リポジトリ名)] の [Name (名前)] テキストボックスに新しい名前を入力し、[Save (保存)] を選択します。プロンプトが表示されたら、選択を確認します。

    重要

    AWS CodeCommit リポジトリの名前を変更すると、ユーザーがリポジトリへの接続に必要な SSH および HTTPS URL が変更されます。ユーザーは、接続設定を更新するまでこのリポジトリに接続できなくなります。また、リポジトリの ARN が変更されるため、リポジトリ名を変更すると、このリポジトリの ARN に依存するすべての IAM ユーザーポリシーが無効になります。

    リポジトリ名の変更後、そのリポジトリに接続する各ユーザーは、git remote set-url コマンドで、使用する新しい URL を指定する必要があります。例えば、リポジトリの名前を MyDemoRepo から MyRenamedDemoRepo に変更した場合、HTTPS を使用してリポジトリに接続するユーザーは、以下の Git コマンドを実行します。

    git remote set-url origin https://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyRenamedDemoRepo

    SSH を使用してリポジトリに接続するユーザーは、以下の Git コマンドを実行します。

    git remote set-url origin ssh://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyRenamedDemoRepo

    他のオプションについては、Git のドキュメントを参照してください。

  5. リポジトリの説明を変更するには、[Description (説明)] テキストボックスでテキストを変更し、[Save (保存)] を選択します。

    注記

    コンソールの説明フィールドに [Markdown] と表示され、すべての HTML 文字とすべての有効な Unicode 文字を使用できます。アプリケーションデベロッパーとして GetRepository または BatchGetRepositories API を使用していて、ウェブブラウザにレポジトリの説明フィールドを表示させる場合は、CodeCommit API リファレンスを参照してください。

  6. デフォルトのブランチを変更するには、[デフォルトブランチ] のブランチドロップダウンリストから別のブランチを選択します。[保存] を選択します。

  7. リポジトリを削除するには、[Delete repository] を選択します。[Type the name of the repository to confirm deletion] (削除の確認のため、リポジトリ名を入力) の横にあるボックスに delete と入力し、[Delete] (削除) を選択します。

    重要

    AWS CodeCommit でこのリポジトリを削除すると、このリポジトリのクローンをローカルリポジトリにも共有リポジトリにも作成できなくなります。また、ローカルリポジトリおよび共有リポジトリから、そのリポジトリに対して、データをプルしたりプッシュしたりできなくなります。このアクションは元に戻すことができません。

AWS CodeCommit リポジトリ設定を変更する (AWS CLI)

CodeCommit で AWS CLI コマンドを使用するには、AWS CLI をインストールします。詳細については、「コマンドラインリファレンス」を参照してください。

AWS CLI を使用して CodeCommit リポジトリの AWS CodeCommit の設定を変更するには、以下の 1 つ以上のコマンドを実行します。

CodeCommit リポジトリの説明を変更するには

  1. 次のように指定して update-repository-description コマンドを実行します。

    • CodeCommit リポジトリの名前 (--repository-name オプション)。

      ヒント

      CodeCommit リポジトリの名前を取得するには、list-repositories コマンドを実行します。

    • 新しいリポジトリの説明 (--repository-description オプションで指定)。

      注記

      コンソールの説明フィールドに [Markdown] と表示され、すべての HTML 文字とすべての有効な Unicode 文字を使用できます。アプリケーションデベロッパーとして GetRepository または BatchGetRepositories API を使用していて、ウェブブラウザにレポジトリの説明フィールドを表示させる場合は、CodeCommit API リファレンスを参照してください。

    例えば、MyDemoRepo という名前の CodeCommit リポジトリの説明を This description was changed に変更するには、以下のようにします。

    aws codecommit update-repository-description --repository-name MyDemoRepo --repository-description "This description was changed"

    このコマンドは、エラーがある場合にのみ出力を生成します。

  2. 変更した説明を確認するには、get-repository コマンドを実行します。このとき、--repository-name オプションで、説明を変更した CodeCommit リポジトリの名前を指定します。

    コマンドの出力には、repositoryDescription の変更後のテキストが表示されます。

CodeCommit リポジトリの名前を変更するには

  1. 次のように指定して update-repository-name コマンドを実行します。

    • CodeCommit リポジトリの現在の名前 (--old-name オプション)。

      ヒント

      CodeCommit リポジトリの名前を取得するには、list-repositories コマンドを実行します。

    • CodeCommit リポジトリの新しい名前 (--new-name オプション)。

    たとえば、MyDemoRepo という名前のリポジトリを MyRenamedDemoRepo に変更するには、以下のようにします。

    aws codecommit update-repository-name --old-name MyDemoRepo --new-name MyRenamedDemoRepo

    このコマンドは、エラーがある場合にのみ出力を生成します。

    重要

    AWS CodeCommit リポジトリの名前を変更すると、ユーザーがリポジトリへの接続に必要な SSH および HTTPS URL が変更されます。ユーザーは、接続設定を更新するまで、このリポジトリに接続できなくなります。また、リポジトリの ARN が変更されるため、リポジトリ名を変更すると、このリポジトリの ARN に依存する IAM ユーザーポリシーはすべて無効になります。

  2. 変更した名前を確認するには、list-repositories コマンドを実行し、リポジトリ名のリストを表示します。