AWS CodeCommit リポジトリを削除する - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit リポジトリを削除する

CodeCommit コンソールまたは AWS CLI を使用して CodeCommit リポジトリを削除できます。

注記

リポジトリを削除しても、そのリポジトリのローカルコピー (ローカルレポジトリ) は削除されません。ローカルリポジトリを削除するには、ローカルマシンのディレクトリとファイル管理ツールを使用します。

CodeCommit リポジトリを削除するには (コンソール)

CodeCommit コンソールを使用して CodeCommit リポジトリを削除するには、次のステップに従ってください。

重要

削除した CodeCommit リポジトリは ローカルリポジトリや共有リポジトリに複製できなくなります。また、ローカルリポジトリおよび共有リポジトリから、そのリポジトリに対して、データをプルしたりプッシュしたりできなくなります。このアクションは元に戻すことができません。

  1. https://console.aws.amazon.com/codesuite/codecommit/home で CodeCommit コンソールを開きます。

  2. リポジトリで、削除するリポジトリの名前を選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Settings] (設定) をクリックします。

  4. [全般] タブの [リポジトリの削除] で、[リポジトリの削除]を選択します。「delete」と入力し、[Delete (削除)] を選択します。リポジトリは完全に削除されます。

    注記

    CodeCommit のリポジトリを削除しても、ローカルリポジトリは削除されません。

ローカルリポジトリを削除する

ローカルリポジトリを含むディレクトリを削除するには、ローカルマシンのディレクトリとファイル管理ツールを使用します。

ローカルリポジトリを削除しても、それに接続されている CodeCommit レポジトリは削除されません。

CodeCommit リポジトリを削除するには (AWS CLI)

CodeCommit で AWS CLI コマンドを使用するには、AWS CLI をインストールします。詳細については、「コマンドラインリファレンス」を参照してください。

AWS CLI を使用して CodeCommit リポジトリを削除するには、削除する CodeCommit リポジトリの名前を指定して (--repository-name オプション)、delete-repository コマンドを実行します。

重要

削除した CodeCommit リポジトリは ローカルリポジトリや共有リポジトリに複製できなくなります。また、ローカルリポジトリおよび共有リポジトリから、そのリポジトリに対して、データをプルしたりプッシュしたりできなくなります。このアクションは元に戻すことができません。

ヒント

CodeCommit リポジトリの名前を取得するには、list-repositories コマンドを実行します。

たとえば、MyDemoRepo という名前のリポジトリを削除するには、次のようにします。

aws codecommit delete-repository --repository-name MyDemoRepo

成功すると、永久的に削除された CodeCommit リポジトリの ID が出力に表示されます。

{ "repositoryId": "f7579e13-b83e-4027-aaef-650c0EXAMPLE" }

CodeCommit リポジトリを削除しても、それに接続されているローカルレポジトリは削除されません。