AWS CodeCommit への Git 認証情報と HTTPS 接続のトラブルシューティング - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit への Git 認証情報と HTTPS 接続のトラブルシューティング

以下の情報は、Git 認証情報と HTTPS を使用して AWS CodeCommit リポジトリに接続する際の一般的な問題のトラブルシューティングに役立つ場合があります。

AWS CodeCommit の Git 認証情報: ターミナルやコマンドラインから CodeCommit リポジトリに接続するときに認証情報の入力画面が表示され続ける。

問題: ターミナルまたはコマンドラインから、CodeCommit リポジトリへのプッシュ、リポジトリからのプル、またはこのリポジトリとの接続を試みると、ユーザー名およびパスワードの入力を求められるため、IAM ユーザーの Git 認証情報を入力する必要があります。

解決方法: このエラーの最も一般的な原因は、ローカルコンピュータにおいて、認証情報管理をサポートしていないオペレーティングシステムを実行していること、または認証情報マネジメントユーティリティがインストールされていないこと、またはこれらの認証情報管理システムのいずれかに IAM ユーザーの Git 認証情報が保存されていないこと、が考えられます。オペレーティングシステムおよびローカル環境によっては、認証情報マネージャーのインストール、オペレーティングシステム内の認証情報マネージャーの設定、またはローカル環境のカスタマイズを行い、認証情報ストレージを使用する必要がある場合があります。たとえば、コンピュータで macOS が実行されている場合は、Keychain Access ユーティリティを使用して認証情報を保存できます。コンピュータで Windows が実行されている場合は、Git for Windows と一緒にインストールされている Git 認証情報マネージャーを使用できます。詳細については、「Git 認証情報を使用した HTTPS ユーザーのセットアップ」、および Git ドキュメントの「認証情報ストレージ」を参照してください。

AWS CodeCommit の Git 認証情報: Git 認証情報をセットアップしたが、システムが認証情報を使用していない

問題: Git クライアントで CodeCommit を使用しようとすると、クライアントは IAM ユーザーの Git 認証情報を使用していないように見えます。

解決方法: このエラーの最も一般的な原因は、以前に AWS CLI に含まれている認証情報ヘルパーを使用するようにコンピューターをセットアップしたことです。.gitconfig ファイルで、次のような設定セクションを確認し、それらを削除します。

[credential "https://git-codecommit.*.amazonaws.com"] helper = !aws codecommit credential-helper $@ UseHttpPath = true

ファイルを保存したら、新しいコマンドラインセッションまたはターミナルセッションを開いてから、再度接続を試みます。

また、複数の資格情報ヘルパーまたはマネージャーがコンピューターにセットアップされていて、システムが別の設定にデフォルト設定されている可能性があります。デフォルトとして使用する認証情報ヘルパーをリセットするには、git config コマンドの実行時に --system オプションを使用します (--global--local は使用しません)。

詳細については、「Git 認証情報を使用した HTTPS ユーザーのセットアップ」、および Git ドキュメントの「認証情報ストレージ」を参照してください。