CodeDeploy アプリケーションを GitHub リポジトリConnect する - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeDeploy アプリケーションを GitHub リポジトリConnect する

を使用して GitHub リポジトリからアプリケーションを初めてデプロイする前にAWS CLIでは、まずに GitHub アカウントに代わって GitHub を操作するためのアクセス権限をに付与する必要があります。CodeDeploy コンソールを使用して、このステップをアプリケーションごとに一度実行する必要があります。

  1. にサインインします。AWS Management Consoleで、CodeDeploy コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/codedeploy

    注記

    で使用したのと同じアカウントまたは IAM ユーザー情報を使用してサインインします。CodeDeploy の開始方法

  2. [Applications (アプリケーション)] を選択します。

  3. [アプリケーション] から、GitHub ユーザーアカウントにリンクするアプリケーションを選択し、[アプリケーションをデプロイする] を選択します。

    注記

    デプロイを作成していません。これは現在、GitHub ユーザーアカウントに代わって GitHub を操作するためのアクセスCodeDeploy をに付与する唯一の方法です。

  4. [Repository type] の横の [My application revision is stored in GitHub] を選択します。

  5. [Connect to GitHub] (GitHub に接続) を選択します。

    注記

    [Connect to a different GitHub account] リンクが表示されている場合:

    アプリケーションの別の GitHub アカウントの代わりに GitHub を操作する CodeDeploy をすでに承認している可能性があります。

    CodeDeploy にリンクされているすべてのアプリケーションに対して、サインインしている GitHub アカウントに代わって GitHub を操作するための承認を取り消した可能性があります。

    詳細については、「CodeDeploy でアプリケーションを使用した GitHub 認証」を参照してください。

  6. GitHub にまだサインインしていない場合は、[Sign in] ページの手順に従います。

  7. [Authorize application] ページで、[Authorize application] を選択します。

  8. CodeDeploy が権限を持っているので、キャンセルを参照し、の手順に進んでください。EC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームのデプロイを作成する (CLI)