EC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームのデプロイを作成する (CLI) - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

EC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームのデプロイを作成する (CLI)

♪AWS CLIEC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームのリビジョンをデプロイするには、次の手順を実行します。

  1. インスタンスを準備し、アプリケーションを作成して、リビジョンをプッシュした後、次のいずれかを実行します。

  2. を呼び出します。デプロイの作成コマンド、以下を指定します。

    • --application-name: アプリケーション名。アプリケーション名のリストを表示するには、アプリケーションを一覧表示しますコマンド。

    • --deployment-group-name: Amazon EC2 デプロイグループ名。デプロイグループ名のリストを表示するには、を呼び出します。リスト展開グループコマンド。

    • --revision: デプロイするリビジョンに関する情報。

      Amazon S3 に保存されているリビジョンの場合:

      • s3Location: リビジョンを含む Amazon S3 バケット名。

      • s3Location --> key: アップロードされたリビジョンの名前。

      • s3Location --> bundleType: アップロードされたリビジョンのファイル形式。

        注記

        tar および圧縮 tar アーカイブファイル形式(.tar および.tar.gz)は、Windows Server インスタンスではサポートされていません。

      • s3Location --> version: (オプション) リビジョンの Amazon S3 バージョン ID。(バージョン ID を指定しない場合、CodeDeploy は最新バージョンを使用します)。

      • s3Location --> eTag: (オプション) リビジョンの ETag。(ETag が指定されていない場合、CodeDeploy はオブジェクトの検証をスキップします)。

      GitHub で格納されたリビジョンの場合。

      • gitHubLocation --> repository: リビジョンを含むリポジトリに割り当てられている GitHub ユーザーまたはグループの名前、その後にスラッシュ (/)、リポジトリ名が続きます。

      • gitHubLocation --> commitId: リビジョンのコミット ID。

    • --deployment-config-name: (オプション) 使用するデプロイ設定の名前。デプロイ設定のリストを表示するには、を呼び出します。リスト・デプロイメント・コンフィグズコマンド。(指定されない場合、CodeDeploy は特定のデフォルトのデプロイ設定を使用します)。

    • --ignore-application-stop-failures | --no-ignore-application-stop-failures: (オプション) インスタンスへのデプロイを続行するかどうかBeforeInstallデプロイライフサイクルイベントApplicationStopデプロイライフサイクルイベントが失敗します。

    • --description: (オプション) デプロイの説明。

    • --file-exists-behavior: (オプション) デプロイプロセスの一環として、CodeDeploy エージェントは、前回のデプロイでインストールされたすべてのファイルを各インスタンスから削除します。前回のデプロイに含まれていないファイルがデプロイ先に表示された場合の処理を選択します。

    • --target-instances: Blue/Green デプロイの場合、Amazon EC2 インスタンスを識別するのに使用する、1 つ以上の Amazon EC2 Auto Scaling グループの名前、または、タグフィルタキー、型、および値を含む、Blue/Green デプロイの置き換え先環境に属するインスタンスに関する情報。

注記

この構文は、create-deploymentを呼び出すと、コマンドラインで Amazon S3 のリビジョンについての情報を直接指定できます。(version および eTag 設定はオプションです)。

--s3-location bucket=string,key=string,bundleType=tar|tgz|zip,version=string,eTag=string

コマンドラインで、GitHub のリビジョンについての情報を直接呼び出す create-deployment の一部としてこの構文を使用します。

--github-location repository=string,commitId=string

すでにプッシュされているリビジョンに関する情報を入手するには、リストアプリケーションリビジョンコマンド。

デプロイの状態を追跡するには、「CodeDeploy デプロイの詳細を表示する 」を参照してください。

作成-デプロイメントコマンドリファレンス

以下に、コマンド構造とオプションを示します。create-deploymentコマンド。詳細については、「」を参照してください。デプロイの作成でのリファレンスAWS CLIコマンドリファレンス

create-deployment --application-name <value> [--deployment-group-name <value>] [--revision <value>] [--deployment-config-name <value>] [--description <value>] [--ignore-application-stop-failures | --no-ignore-application-stop-failures] [--target-instances <value>] [--auto-rollback-configuration <value>] [--update-outdated-instances-only | --no-update-outdated-instances-only] [--file-exists-behavior <value>] [--s3-location <value>] [--github-location <value>] [--cli-input-json <value>] [--generate-cli-skeleton <value>]