CodeDeploy を GitHub に統合 - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeDeploy を GitHub に統合

CodeDeployGitHub、ウェブベースのコードホスティングおよび共有サービスである。CodeDeploy では、GitHub リポジトリまたは Amazon S3 バケットに格納されているアプリケーションリビジョンをインスタンスにデプロイできます。CodeDeploy は、EC2/オンプレミスデプロイのみで GitHub をサポートします。

GitHub から CodeDeploy リビジョンをデプロイ

GitHub リポジトリからインスタンスへアプリケーションリビジョンをデプロイするには。

  1. CodeDeploy およびデプロイする Amazon EC2 インスタンスタイプと互換性があるリビジョンを作成します。

    互換性のあるリビジョンを作成するには、CodeDeploy のリビジョンを計画する および CodeDeploy のリビジョンにアプリケーション仕様ファイルを追加する の手順に従います。

  2. GitHub のアカウントを使用して、GitHub リポジトリにリビジョンを追加します。

    GitHub のアカウントを作成するには、「GitHub への参加」を参照してください。GitHub リポジトリを作成するには、「」を参照してください。リポジトリを作成する

  3. を使用するデプロイの作成CodeDeploy コンソールまたはAWS CLI create-deploymentGitHub レポジトリからのリビジョンを CodeDeployment デプロイで使用するために設定されたターゲットインスタンスにデプロイします。

    電話したいならcreate-deploymentコマンドを使用するには、まずデプロイの作成指定したアプリケーションの推奨 GitHub アカウントの代わりに、CodeDeploy に GitHub を操作するアクセス許可を付与します。これを行う必要があるのは、アプリケーションごとに 1 度だけです。

    [Create deployment] ページを使用して、GitHub レポジトリからデプロイする方法については、「CodeDeploy を使用してデプロイを作成する」を参照してください。

    create-deployment コマンドを呼び出して GitHub レポジトリからデプロイする方法については、「EC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームのデプロイを作成する (CLI)」を参照してください。

    CodeDeploy デプロイで使用するためにインスタンスを準備する方法については、「」を参照してください。CodeDeploy のインスタンスの操作

詳細については、「チュートリアル: CodeDeploy を使用して GitHub からアプリケーションをデプロイする」を参照してください。

CodeDeploy を使用した GitHub ビ

CodeDeploy でアプリケーションを使用した GitHub 認証

GitHub を操作するアクセス許可を CodeDeploy に付与すると、GitHub アカウントとアプリケーションの間の関連付けがCodeDeploy に格納されます。GitHub の他のアカウントにアプリケーションをリンクできます。また、CodeDeploy が GitHub を操作するためのアクセス許可を取り消すこともできます。

GitHub アカウントを CodeDeploy のアプリケーションにリンクするには

  1. にサインインします。AWS Management Consoleで、CodeDeploy コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/codedeploy

    注記

    で使用したのと同じアカウントまたは IAM ユーザー情報を使用してサインインします。CodeDeploy の開始方法

  2. ナビゲーションペインで、[] を展開します。デプロイ[] の順に選択します。アプリケーション

  3. 別の GitHub アカウントにリンクするアプリケーションを選択します。

  4. アプリケーションにデプロイグループがない場合は、デプロイグループの作成[] の順に作成します。詳細については、「でデプロイグループを作成する CodeDeploy」を参照してください。次のステップで [デプロイの作成] を選択するには、デプロイグループが必要です。

  5. [デプロイ] から、[デプロイの作成] を選択します。

    注記

    新しいデプロイを作成する必要はありません。これは現在 GitHub の他のアカウントをアプリケーションにリンクする唯一の方法です。

  6. [デプロイ設定] の [リビジョンタイプ] で、[アプリケーションは GitHub に格納されています] を選択します。

  7. 以下の いずれかを 実行します。

    • GitHub アカウントに対する AWS CodeDeploy アプリケーションの接続を作成するには、ウェブブラウザの別のタブで GitHub からサインアウトします。[GitHub token name (GitHub トークン名)] に、この接続を識別する名前を入力し、[GitHub に接続] を選択します。アプリケーションの GitHub を操作することを CodeDeploy に許可するよう求めるメッセージがウェブページに表示されます。ステップ 10 に進みます。

    • 作成済みの接続を使用するには、その名前を [GitHub token name (GitHub トークン名)] で選択してから [GitHub に接続] を選択します。ステップ 8 に進みます。

    • 別の GitHub アカウントへの接続を作成するには、ウェブブラウザの別のタブで GitHub からサインアウトします。[GitHub token name (GitHub トークン名)] に、接続を識別する名前を入力し、[GitHub に接続] を選択します。アプリケーションの GitHub を操作することを CodeDeploy に許可するよう求めるメッセージがウェブページに表示されます。ステップ 10 に進みます。

  8. GitHub にまだサインインしていない場合は、[Sign in] ページの手順に従い、アプリケーションをリンクする GitHub アカウントにサインインします。

  9. [Authorize application] を選択します。GitHub は指定したアプリケーションの署名 GitHub アカウントの代わりに、CodeDeploy に GitHub を操作するアクセス許可を付与します。

  10. デプロイを作成しない場合は、[Cancel] を選択します。

GitHub を操作するための CodeDeploy のアクセス許可を取り消すには

  1. にサインインします。GitHub取り消すための GitHub アカウントの認証情報を使用するAWS CodeDeployアクセス許可。

  2. GitHub を開くアプリケーションページ、見つけるCodeDeployで、承認済みアプリケーションの一覧で、アプリケーションの承認を取り消すための GitHub の手順に従います。

CodeDeploy はプライベートおよびパブリックの GitHub リポジトリを操作する

CodeDeploy はプライベートおよびパブリックの GitHub リポジトリからのアプリケーションのデプロイをサポートします。ユーザーに代わって GitHub にアクセスするアクセス許可を CodeDeploy に付与する場合、CodeDeploy には GitHub アカウントがアクセス権限を持つプライベートの GitHub リポジトリすべてへの読み取り/書き込みアクセスがあります。ただし、CodeDeploy はGitHub リポジトリからのみ読み込みます。プライベート GitHub のリポジトリに書き込むことはありません。

CodeDeploy 組織管理の GitHub リポジトリとのインタラクション

デフォルトでは、組織によって管理される GitHub リポジトリ (アカウントのプライベートまたはパブリックリポジトリとは対照的に) は、CodeDeploy を含むサードパーティーのアプリケーションへのアクセスを許可しません。デプロイは、組織によるサードパーティアプリケーション制限が GitHub で有効化され、GitHub リポジトリからコードをデプロイしようとすると失敗します。この問題を解決する 2 つの方法があります。

詳細については、「」を参照してください。サードパーティーのアプリケーション制限について

CodeDeploy を使用して CodePipeline から

ソースコードが変化するたびに、CodePipeline からデプロイをトリガーできます。詳細については、「」を参照してください。CodePipeline