ステップ 1: Auto Scaling グループを作成して設定する - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: Auto Scaling グループを作成して設定する

このステップでは、単一の Amazon Linux、RHEL、または Windows Server の Amazon EC2 インスタンスを含む自動スケーリンググループを作成します。後のステップで、Amazon EC2 インスタンスをもう 1 つ追加するように Amazon EC2 Auto Scaling に指示し、CodeDeployリビジョンをそこにデプロイします。

Auto Scaling グループ (CLI) を作成して設定するには

  1. に電話してくださいcreate-launch-templateコマンドを使用して Amazon EC2 起動テンプレートを作成します。

    このコマンドを呼び出す前に、プレースホルダー image-id で表される、このチュートリアルで使用する AMI の ID が必要です。プレースホルダー key-name で表される、 Amazon EC2 インスタンスへのアクセスを有効にする Amazon EC2 インスタンスのキーペアの名前も必要です。

    このチュートリアルで使用する AMI の ID を取得するには。

    1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

    2. ナビゲーションペインで、[Instances] の下にある、[Instances] を選択して、[Launch Instance] を選択します。

    3. クイックスタートのタブAmazon マシンイメージを選択してくださいページ、横の AMI の ID をメモしてくださいアマゾン・リナックス 2 AMIレッドハットエンタープライズリナックス 7.1Ubuntu サーバー 14.04 LTS、またはマイクロソフト・ウインドウズサーバー 2012 R2

      注記

      CodeDeploy と互換性があるカスタムバージョンの AMI の場合、[クイックスタート] タブを参照する代わりに、ここで選択します。でカスタム AMI を使用する方法についてはCodeDeployおよび Amazon EC2 自動スケーリングについては、を参照してくださいCodeDeploy と Amazon EC2 Auto Scaling でのカスタム AMI の使用

    Amazon EC2 インスタンスのキーペアについては、Amazon EC2 インスタンスのキーペアの名前を使用します。

    create-launch-template コマンドを呼び出します。

    ローカル Linux、macOS、あるいは Unix マシンについて

    aws ec2 create-launch-template \ --launch-template-name CodeDeployDemo-AS-Launch-Template \ --launch-template-data file://config.json

    の内容config.jsonファイル:

    { "InstanceType":"t1.micro", "ImageId":"image-id", "IamInstanceProfile":{ "Name":"CodeDeployDemo-EC2-Instance-Profile" }, "KeyName":"key-name" }

    ローカル Windows マシンの場合

    aws ec2 create-launch-template --launch-template-name CodeDeployDemo-AS-Launch-Template --launch-template-data file://config.json

    の内容config.jsonファイル:

    { "InstanceType":"t1.micro", "ImageId":"image-id", "IamInstanceProfile":{ "Name":"CodeDeployDemo-EC2-Instance-Profile" }, "KeyName":"key-name" }

    これらのコマンドとconfig.jsonファイル、という名前の Amazon EC2 起動テンプレートを作成しますCodeDeployDemo-as-Launch-Template(自動スケーリンググループ用)。t1.micro Amazon EC2 インスタンスタイプに基づいて次のステップで作成されます。入力内容に基づいてImageIdIamInstanceProfile、およびKeyName、起動テンプレートには、AMI ID、起動時にインスタンスに渡す IAM ロールに関連付けられたインスタンスプロファイルの名前、およびインスタンスへの接続時に使用する Amazon EC2 キーペアも指定します。

  2. に電話してくださいcreate-auto-scaling-groupコマンドを使用して Auto Scaling グループを作成します。に記載されているリージョンのいずれかのアベイラビリティーゾーンの名前が必要になります。リージョンとエンドポイントAWS 全般のリファレンス、プレースホルダーで表されますアベイラビリティーゾーン

    注記

    リージョンでアベイラビリティーゾーンのリストを表示するには、以下を呼び出します。

    aws ec2 describe-availability-zones --region region-name

    例えば、米国西部 (オレゴン) リージョンのアベイラビリティーゾーンのリストを表示するには、次のように呼び出します。

    aws ec2 describe-availability-zones --region us-west-2

    リージョン名識別子のリストについては、「リージョン別リソースキットバケット名」を参照してください。

    ローカル Linux、macOS、Unix マシンについて

    aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --auto-scaling-group-name CodeDeployDemo-AS-Group \ --launch-template CodeDeployDemo-AS-Launch-Template,Version='$Latest' \ --min-size 1 \ --max-size 1 \ --desired-capacity 1 \ --availability-zones availability-zone \ --tags Key=Name,Value=CodeDeployDemo,PropagateAtLaunch=true

    ローカル Windows マシンの場合

    aws autoscaling create-auto-scaling-group --auto-scaling-group-name CodeDeployDemo-AS-Group --launch-template LaunchTemplateName=CodeDeployDemo-AS-Launch-Template,Version="$Latest" --min-size 1 --max-size 1 --desired-capacity 1 --availability-zones availability-zone --tags Key=Name,Value=CodeDeployDemo,PropagateAtLaunch=true

    これらのコマンドは、という名前の Auto Scaling グループを作成します。CodeDeployDemo-AS-Groupという名前の Amazon EC2 起動テンプレートに基づいていますCodeDeployDemo-AS-Launch-Template。この Auto Scaling グループには Amazon EC2 インスタンスが 1 つしかなく、指定されたアベイラビリティーゾーンに作成されます。この Auto Scaling グループの各インスタンスにはタグが付きますName=CodeDeployDemo。このタグは、後で CodeDeploy エージェントをインストールするときに使用されます。

  3. CodeDeployDemo-AS-Group に対して describe-auto-scaling-groups コマンドを呼び出します。

    aws autoscaling describe-auto-scaling-groups --auto-scaling-group-names CodeDeployDemo-AS-Group --query "AutoScalingGroups[0].Instances[*].[HealthStatus, LifecycleState]" --output text

    戻り値に、Healthy および InService と表示されるまで続行しないでください。

  4. Auto Scaling グループのインスタンスには、CodeDeployエージェントをインストールして使用できるようにしましたCodeDeployデプロイメント。をインストールしますCodeDeployエージェントに電話してcreate-associationからのコマンドAWS Systems ManagerAuto Scaling グループの作成時に追加されたタグが付いています。

    aws ssm create-association \ --name AWS-ConfigureAWSPackage \ --targets Key=tag:Name,Values=CodeDeployDemo \ 
 --parameters action=Install, name=AWSCodeDeployAgent \ --schedule-expression "cron(0 2 ? * SUN *)"

    このコマンドは、Systems Manager ステートマネージャーにアソシエーションを作成し、これによってインストールされます。CodeDeployAuto Scaling グループのすべてのインスタンスでエージェントを実行し、毎週日曜日の朝 2:00 に更新を試みます。についての詳細はCodeDeployエージェント、ほらとの連携CodeDeployエージェント。Systems Manager のさらなる詳細については、「AWS Systems Manager とは」 を参照してください。

Auto Scaling グループ (コンソール) を作成して設定するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. グローバルナビゲーションバーで、リストされているリージョンのいずれかを確認してくださいリージョンとエンドポイントAWS 全般のリファレンスが選択されます。Amazon EC2 Auto Scaling リソースは指定したリージョンに関連付けられ、CodeDeploy一部の地域でのみサポートされています。

  3. ナビゲーションペインで、[インスタンス] の [テンプレートの起動] を選択します。

  4. [起動テンプレートの作成] を選択します。

  5. Launch template name and description ダイアログで、Launch template nameCodeDeployDemo-AS-Launch-Template を入力します。他のフィールドはデフォルトのためのデフォルトをそのままにします。

  6. Amazon machine image (AMI) ダイアログで、AMI の下にあるドロップダウンをクリックし、このチュートリアルで使用する AMI を選択します。

    1. クイックスタートのタブアミさんドロップダウンから、次のいずれかを選択します。アマゾン・リナックス 2 AMIレッドハットエンタープライズリナックス 7.1Ubuntu サーバー 14.04 LTS、またはマイクロソフト・ウインドウズサーバー 2012 R2

      注記

      CodeDeploy と互換性があるカスタムバージョンの AMI の場合、[クイックスタート] タブを参照する代わりに、ここで選択します。でカスタム AMI を使用する方法についてはCodeDeployおよび Amazon EC2 自動スケーリングについては、を参照してくださいCodeDeploy と Amazon EC2 Auto Scaling でのカスタム AMI の使用

  7. Instance type で、ドロップダウンを選択し、t1.micro を選択します。検索バーを使用すると、よりすばやく検索できます。

  8. Key pair (login) ダイアログボックスで、[Choose an existing key pair を選択します。[キーペアの選択] のドロップダウンリストで、前のステップで作成した Amazon EC2 インスタンスのキーペアを選択します。

  9. Network settings ダイアログボックスで、[Virtual Public Cloud (VPC) を選択します。

    Security groupsドロップダウンで、tutorial's prerequisites section (CodeDeployDemo-AS-SG)で作成したセキュリティグループを選択します。

  10. Advanced details ダイアログボックスを展開します。IAM instance profile ドロップダウンで、IAM instance profile の下で以前の (CodeDeployDemo-EC2-Instance-Profile) を作成した IAM ロールを選択します。

    デフォルトの残りはそのままにしておきます。

  11. [起動テンプレートの作成] を選択します。

  12. Next steps ダイアログボックスで、[Create Auto Scaling group を選択します。

  13. Choose launch template or configuration (起動テンプレートまたは設定の選択) ページで、Auto Scaling group nameCodeDeployDemo-AS-Group に入力します。

  14. テンプレートを起動ダイアログボックス、起動テンプレート (CodeDeployDemo-AS-Launch-Template) を入力する必要があります。そうでない場合は、ドロップダウンメニューから選択してください。デフォルトのままにして、Next を選択します。

  15. インスタンス起動オプションの選択ページページ、内ネットワークセクション、用VPC、デフォルト VPC を選択します。次に、アベイラビリティーゾーンとサブネット、デフォルトのサブネットを選択します。デフォルトを選択できない場合は、VPC を作成する必要があります。Amazon S3 の詳細については、Amazon VPC の開始方法 を参照してください。

  16. [Instance type requirements] (インスタンスタイプの要件) セクションでは、このステップを簡略化するためにデフォルト設定を使用します。(起動テンプレートを上書きしないでください。) このチュートリアルでは、起動テンプレートで指定されたインスタンスタイプを使用して、オンデマンドインスタンスのみを起動します。

  17. Next を選択して Configure advanced options ページに行きます。

  18. デフォルト値をそのまま保ち、Next を選択します。

  19. Configure group size and scaling policies ページで、1 のデフォルトの Group size の値をそのままにします。[次へ] をクリックします。

  20. 通知の設定の手順をスキップし、Next を選択します。

  21. タグを追加ページ、インストール時に使用するタグを追加CodeDeploy後で捜査官 [Add tag] (タグを追加) を選択します。

    1. [Key] (キー) に、「Name」と入力します。

    2. [値] には「CodeDeployDemo」と入力します。

    [次へ] をクリックします。

  22. Review ページで上の Auto Scaling グループの情報を確認し、Create Auto Scaling group を選択します。

  23. ナビゲーションバーで、選択された Auto Scaling Groups を用いて CodeDeployDemo-AS-Group を選択し、Instance Management タブを選びます。次の値になるまで先に進まないでくださいInServiceに表示されるライフサイクル列と値ヘルシーに表示されるヘルスステータスコラム。

  24. をインストールしますCodeDeployエージェントは次の手順に従ってくださいをインストールしますCodeDeployエージェントそしてを使用してName=CodeDeployDemoインスタンスタグ。