ステップ 1: Auto Scaling グループの作成と設定 - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: Auto Scaling グループの作成と設定

このステップでは、単一の Amazon Linux、RHEL、または Windows サーバー Amazon EC2 インスタンスを含む Auto Scaling グループを作成します。後のステップで、Amazon EC2 Auto Scaling に 1 つの Amazon EC2 インスタンスを追加するように指示します。CodeDeployがリビジョンをデプロイします。

Auto Scaling グループを作成して設定するには (CLI)

  1. を呼び出します。create-launch-template[] コマンドを使用して Amazon EC2 起動テンプレートを作成します。

    このコマンドを呼び出す前に、プレースホルダー image-id で表される、このチュートリアルで使用する AMI の ID が必要です。プレースホルダー(プレースホルダー)で表される、Amazon EC2 インスタンスへのアクセスを有効にする Amazon EC2 インスタンスのkey pair 名前も必要です。キー名

    このチュートリアルで使用する AMI の ID を取得するには。

    1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

    2. ナビゲーションペインで、[Instances] の下にある、[Instances] を選択して、[Launch Instance] を選択します。

    3. リポジトリの []クイックスタート[] タブAmazon Machine Image の選択[] ページで、[] の横にある AMI の ID をメモします。Amazon Linux2 AMI,Red Hat Enterprise Linux 7.1,Ubuntu Server 14.04 LTS, またはMicrosoft Windows Server 2012 R2

      注記

      CodeDeploy と互換性があるカスタムバージョンの AMI の場合、[クイックスタート] タブを参照する代わりに、ここで選択します。でカスタム AMI を使用する方法についての詳細は、CodeDeployおよび Amazon EC2 Auto Scaling については、「」CodeDeploy と Amazon EC2 Auto Scaling でのカスタム AMI の使用

    Amazon EC2 インスタンスのkey pair については、Amazon EC2 インスタンスのkey pair 名前を使用します。

    create-launch-template コマンドを呼び出します。

    ローカル Linux、macOS、Unix マシンの場合:

    aws ec2 create-launch-template \ --launch-template-name CodeDeployDemo-AS-Launch-Template \ --launch-template-data file://config.json

    の内容config.jsonfile:

    { "InstanceType":"t1.micro", "ImageId":"image-id", "IamInstanceProfile":{ "Name":"CodeDeployDemo-EC2-Instance-Profile" }, "KeyName":"key-name" }

    ローカル Windows マシンの場合

    aws ec2 create-launch-template --launch-template-name CodeDeployDemo-AS-Launch-Template --launch-template-data file://config.json

    の内容config.jsonfile:

    { "InstanceType":"t1.micro", "ImageId":"image-id", "IamInstanceProfile":{ "Name":"CodeDeployDemo-EC2-Instance-Profile" }, "KeyName":"key-name" }

    これらのコマンドは、config.json[] で、[] という名前の Amazon EC2 起動テンプレートを作成します。CodeDeployt1.micro Amazon EC2 インスタンスタイプに基づいて次の手順で作成される Auto Scaling グループの起動時のテンプレートとしてデモ。の入力に基づいてImageId,IamInstanceProfile, およびKeyNameでは、起動テンプレートでは、AMI ID、起動時にインスタンスに受け渡す IAM ロールに関連付けられたインスタンスプロファイルの名前、およびインスタンスに接続するときに使用する Amazon EC2 key pair も指定します。

  2. を呼び出します。create-auto-scaling-groupAuto Scaling グループを作成するには、コマンドを使用します。に一覧表示されているリージョンの 1 つで、1 つのアベイラビリティーゾーンの名前が必要になります。リージョンとエンドポイントAWS全般のリファレンスで表される。プレースホルダで表される。アベイラビリティーゾーン

    注記

    リージョンでアベイラビリティーゾーンのリストを表示するには、以下を呼び出します。

    aws ec2 describe-availability-zones --region region-name

    たとえば、米国西部(オレゴン)リージョンのアベイラビリティーゾーンのリストを表示するには、次のように呼び出します。

    aws ec2 describe-availability-zones --region us-west-2

    リージョン名識別子のリストについては、「リソースキットのバケット名 (リージョン別)」を参照してください。

    ローカル Linux、macOS、Unix マシンの場合:

    aws autoscaling create-auto-scaling-group \ --auto-scaling-group-name CodeDeployDemo-AS-Group \ --launch-template CodeDeployDemo-AS-Launch-Template,Version='$Latest' \ --min-size 1 \ --max-size 1 \ --desired-capacity 1 \ --availability-zones availability-zone \ --tags Key=Name,Value=CodeDeployDemo,PropagateAtLaunch=true

    ローカル Windows マシンの場合

    aws autoscaling create-auto-scaling-group --auto-scaling-group-name CodeDeployDemo-AS-Group --launch-template CodeDeployDemo-AS-Launch-Template,Version="$Latest" --min-size 1 --max-size 1 --desired-capacity 1 --availability-zones availability-zone --tags Key=Name,Value=CodeDeployDemo,PropagateAtLaunch=true

    これらのコマンドは、という名前の Auto Scaling グループを作成します。CodeDeployDemo-AS-Groupという名前の Amazon EC2 起動テンプレートに基づくCodeDeployDemo-AS-Launch-Template。この Auto Scaling グループには Amazon EC2 インスタンスが 1 つだけあり、指定したアベイラビリティーゾーンに作成されます。この Auto Scaling グループの各インスタンスにはタグがあります。Name=CodeDeployDemo。このタグは、後で CodeDeploy エージェントをインストールするときに使用されます。

  3. CodeDeployDemo-AS-Group に対して describe-auto-scaling-groups コマンドを呼び出します。

    aws autoscaling describe-auto-scaling-groups --auto-scaling-group-names CodeDeployDemo-AS-Group --query "AutoScalingGroups[0].Instances[*].[HealthStatus, LifecycleState]" --output text

    戻り値に、Healthy および InService と表示されるまで続行しないでください。

  4. Auto Scaling グループのインスタンスには、CodeDeployで使用するためにインストールされたエージェントCodeDeployデプロイ。のインストールCodeDeployエージェントを呼び出してcreate-associationコマンドからAWS Systems ManagerAuto Scaling グループが作成されたときに追加されたタグを使用します。

    aws ssm create-association \ --name AWS-ConfigureAWSPackage \ --targets Key=tag:Name,Values=CodeDeployDemo \ 
 --parameters action=Install, name=AWSCodeDeployAgent \ --schedule-expression "cron(0 2 ? * SUN *)"

    このコマンドは、システムマネージャーステートマネージャーで関連付けを作成します。関連付けは、CodeDeployエージェントが Auto Scaling グループ内のすべてのインスタンスを利用し、毎週日曜日の午前 2:00 に更新を試みます。の詳細については、「」を参照してください。CodeDeployエージェント、「」を参照してください。の操作CodeDeployエージェント。Systems Manager の詳細については、「」を参照してください。とはAWS Systems Manager

Auto Scaling グループを作成して設定するには (コンソール)

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. グローバルナビゲーションバーで、に一覧表示されているリージョンのいずれかが指定されていることを確認してください。リージョンとエンドポイントAWS全般のリファレンスが選択されています。Amazon EC2 Auto Scaling リソースは、指定したリージョンに紐付けられます。CodeDeployは、一部のリージョンでのみサポートされています。

  3. ナビゲーションバーで、[] のインスタンスで、起動テンプレート

  4. [起動テンプレートの作成] を選択します。

  5. 起動テンプレートの名前と説明ダイアログ、起動テンプレート名[] と入力します。CodeDeployDemo-AS-Launch-Template。他のすべてのフィールドはデフォルト値のままにします。

  6. Amazon Machine Image (AMI)[] ダイアログで、[] の下にあるドロップダウンをクリックします。AMIで、このチュートリアルで使用する AMI を選択します。

    1. リポジトリの []クイックスタート[] タブAMI[] ドロップダウンで、以下のいずれかを選択します。Amazon Linux2 AMI,Red Hat Enterprise Linux 7.1,Ubuntu Server 14.04 LTS, またはMicrosoft Windows Server 2012 R2

      注記

      CodeDeploy と互換性があるカスタムバージョンの AMI の場合、[クイックスタート] タブを参照する代わりに、ここで選択します。でカスタム AMI を使用する方法についての詳細は、CodeDeployおよび Amazon EC2 Auto Scaling については、「」CodeDeploy と Amazon EC2 Auto Scaling でのカスタム AMI の使用

  7. Eclipseインスタンスタイプで、ドロップダウンを選択し、t1.micro。検索バーを使用すると、よりすばやく検索できます。

  8. キーペア (ログイン)] ダイアログボックスで、[] を選択します。既存のkey pair を選択する。左キーペアの選択[] ドロップダウンリストで、前のステップで作成した Amazon EC2 インスタンスのkey pair を選択します。

  9. ネットワーク設定] ダイアログボックスで、[] を選択します。Virtual パブリッククラウド (VPC)

    セキュリティグループドロップダウンで、で作成したセキュリティグループをチュートリアルの前提条件セクション(CodeDeployDemo-AS-SG).

  10. を展開します。高度な詳細] ダイアログボックス。左IAM インスタンスプロファイルドロップダウンで、以前に作成した IAM ロールを選択します (CodeDeployDemo-EC2-Instance-Profile) の下でIAM インスタンスプロファイル

    残りはデフォルトのままにしておきます。

  11. [起動テンプレートの作成] を選択します。

  12. 次のステップ] ダイアログボックスで、[] を選択します。Auto Scaling グループを作成する

  13. リポジトリの []起動テンプレートまたは設定を選択する[] ページ、Auto Scaling グループ名、タイプCodeDeployDemo-AS-Group

  14. 起動テンプレートダイアログボックス、起動テンプレート (CodeDeployDemo-AS-Launch-Template) を入力する必要があります。そうでない場合は、ドロップダウンメニューから選択します。デフォルトのままにして、[] を選択します。

  15. リポジトリの []インスタンスの起動オプションの選択ページ[] ページで次の操作を行います。ネットワークセクション、VPC[] では、デフォルトの VPC を選択します。それでは、アベイラビリティーゾーンおよびサブネット[] では、デフォルトのサブネットを選択します。デフォルトを選択できない場合は、VPC を作成する必要があります。詳細については、「」を参照してください。Amazon VPC の開始方法

  16. インスタンスタイプの要件セクションで、デフォルト設定を使用して、この手順を簡略化します。(起動テンプレートを上書きしないでください。) このチュートリアルでは、起動テンプレートで指定されたインスタンスタイプを使用して、オンデマンドインスタンスのみを起動します。

  17. [Next] (次へ) を選択して、[Configure advanced options] (詳細オプションの設定) ページに移動します。

  18. デフォルト値を維持し、

  19. リポジトリの []グループサイズとスケーリングポリシーを設定するページ、デフォルトをそのままにしますグループサイズ値は 1 です。[Next] (次へ) を選択します。

  20. 通知の設定の手順をスキップし、

  21. リポジトリの []タグを追加する[] ページで、インストールするときに使用するタグを追加します。CodeDeployエージェントは後で。[Add tag] を選択します。

    1. [Key] (キー) に、「Name」と入力します。

    2. [値] に「CodeDeployDemo」と入力します。

    [Next] (次へ) を選択します。

  22. Auto Scaling グループの情報を確認します。確認ページで、Auto Scaling グループを作成する

  23. ナビゲーションバーで、[] のAuto Scaling グループ選択した、選択CodeDeployDemo-AS-Group[] を選択し、[インスタンス管理タブ。の値まで進まないでください。InServiceに表示されます。ライフサイクル列と値正常に表示されます。ヘルスステータス列でロードバランサーの ID をクリックします。

  24. のインストールCodeDeployエージェントは、の手順に従います。のインストールCodeDeployエージェントそして、Name=CodeDeployDemoインスタンスタグ。