AWS CodeDeploy
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-06)

このガイドの手順では、新しいコンソールデザインがサポートされています。古いバージョンのコンソールを選択すると、古い概念が反映され、本ガイドの基本的な手順がそのまま適用されます。新しいコンソールのヘルプにアクセスするには、情報アイコンを選択します。

チュートリアル: AWS CodeDeploy を使用して GitHub からアプリケーションをデプロイする

このチュートリアルでは、AWS CodeDeploy を使用して GitHub からサンプルアプリケーションリビジョンを、Amazon Linux を実行している単一の Amazon EC2 インスタンス、単一の Red Hat Enterprise Linux (RHEL) インスタンス、または単一の Windows Server インスタンスにデプロイします。GitHub と AWS CodeDeploy の統合については、「AWS CodeDeploy と GitHub の統合」を参照してください。

注記

AWS CodeDeploy を使用して、アプリケーションリビジョンを GitHub から Ubuntu Server インスタンスにデプロイすることもできます。チュートリアル: AWS CodeDeploy によるオンプレミスインスタンスへのアプリケーションのデプロイ (Windows Server、Ubuntu Server、または Red Hat Enterprise Linux) の「ステップ 2: サンプルのアプリケーションリビジョンを作成する」に記述されているサンプルリビジョンを使用するか、Ubuntu Server インスタンスおよび AWS CodeDeploy と互換性があるリビジョンを作成できます。独自のリビジョンを作成するには、AWS CodeDeploy のリビジョンの計画を立てるAWS CodeDeploy のリビジョンにアプリケーション仕様ファイルを追加 を参照してください。