ステップ 1: Amazon Linux または Red Hat Enterprise Linux Amazon EC2 インスタンスの起動と設定 - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: Amazon Linux または Red Hat Enterprise Linux Amazon EC2 インスタンスの起動と設定

CodeDeploy を使用して WordPress アプリケーションをデプロイするには、Amazon Linux または Red Hat Enterprise Linux (RHEL) を実行する Amazon EC2 インスタンスが必要です。Amazon EC2 インスタンスでは、HTTP 接続を許可する新しいインバウンドセキュリティルールが必要です。このルールは、正しくデプロイした後で WordPress ページをブラウザで表示するために必要です。

CodeDeploy 用の Amazon EC2 インスタンスの作成」の手順に従います。インスタンスへの Amazon EC2 インスタンスタグの割り当てに関するこれらの指示の一部を実行する際には、必ずのタグキーを指定します。Nameとタグ値は次のとおりです。CodeDeployDemo。(別のタグキーまたはタグ値を指定した場合、ステップ 4: WordPress アプリケーションをデプロイする の手順で予期しない結果が生成される場合があります)。

Amazon EC2 インスタンスの起動手順に従った後、このページに戻り、次のセクションに進みます。には進まないでください。CodeDeploy を使用してアプリケーションを作成する次のステップとして。

Amazon Linux または RHEL Amazon EC2 インスタンスConnect。

新しい Amazon EC2 インスタンスの起動後、手順に従ってインスタンスに接続する演習をします。

  1. を使用するsshコマンド (または、のようなSSH対応のターミナルエミュレータ)PuTTY) を使用して Amazon Linux または RHEL Amazon EC2 インスタンスに接続します。Amazon EC2 インスタンスの起動時に使用したインスタンスのパブリック DNS アドレスとkey pair プライベートキーが必要になります。詳細については、「」を参照してください。インスタンスへの接続

    たとえば、パブリック DNS アドレスがec2-01-234-567-890.compute-1.amazonaws.comと指定します。SSH アクセス用の Amazon EC2 インスタンスのkey pair は、という名前です。codedeploydemo.pemと入力すると、次のように入力します。

    ssh -i /path/to/codedeploydemo.pem ec2-user@ec2-01-234-567-890.compute-1.amazonaws.com

    置換/path/to/codedeploydemo.pemあなたへのパスと.pemファイルと、Amazon Linux または RHEL Amazon EC2 インスタンスのアドレスを含んだ例の DNS アドレスを含みます。

    注記

    キーファイルのアクセス権限がオープンすぎるというエラーを受信した場合は、現在のユーザー (お客様) だけにアクセス権限を与えるように限定する必要があります。たとえば、chmodLinux、macOS、または UNIX の場合は、以下のように入力します。

    chmod 400 /path/to/codedeploydemo.pem
  2. サインインした後、Amazon EC2 インスタンス用の AMI バナーが表示されます。Amazon Linux の場合は、次のように表示されます。

    __| __|_ ) _| ( / Amazon Linux AMI ___|\___|___|
  3. 実行中の Amazon EC2 インスタンスからサインアウトできます。

    警告

    Amazon EC2 インスタンスの停止または終了は避けてください。そうしないと、CodeDeploy がインスタンスにデプロイできません。

Amazon Linux または RHEL Amazon EC2 インスタンスへの HTTP トラフィックを許可するインバウンドルールを追加する

次のステップでは、デプロイされた WordPress アプリケーションのホームページがブラウザに表示されるように、Amazon EC2 インスタンスに開いている HTTP ポートがあることを確認します。

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. 選択インスタンスを選択し、インスタンスを選択します。

  3. リポジトリの []説明タブ、セキュリティグループで、インバウンドのルールの表示

    セキュリティグループのルールの一覧は、次のように表示されます。

    Security Groups associated with i-1234567890abcdef0 Ports Protocol Source launch-wizard-N 22 tcp 0.0.0.0/0 ✔
  4. []セキュリティグループで、Amazon EC2 インスタンスのセキュリティグループを選択します。名前付けられるかもしれないlaunch-wizard-NN は、インスタンスの作成時にセキュリティグループに割り当てられた名前です。

    [Inbound] (インバウンド) タブを選択します。インスタンスのセキュリティグループが正しく設定されている場合は、次の値を持つルールが表示されます。

    • Type: HTTP

    • プロトコル: 転送制御プロトコル

    • ポート範囲: 80

    • 送信元: 0.0.0.0/0

  5. これらの値を持つルールが表示されない場合は、の手順に従います。セキュリティグループへのルールの追加をクリックして、新しいセキュリティルールに追加します。