CodeDeploy を使用してアプリケーションを作成する - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeDeploy を使用してアプリケーションを作成する

An応用は、正しいリビジョン、デプロイ設定、およびデプロイグループがデプロイ中に参照されるようにするために、CodeDeployで使用される単なる名前またはコンテナです。CodeDeploy コンソールを使用することもできます。AWS CLI、CodeDeploy API、またはAWS CloudFormationアプリケーションを作成するためのテンプレートです。

コードまたはアプリケーションリビジョンは、デプロイと呼ばれるプロセスを通してインスタンスにインストールされます。CodeDeploy では、2 種類のデプロイがサポートされます。

  • インプレースデプロイ: デプロイグループの各インスタンス上のアプリケーションが停止され、最新のアプリケーションリビジョンがインストールされて、新バージョンのアプリケーションが開始され検証されます。ロードバランサーを使用し、デプロイ中はインスタンスが登録解除され、デプロイ完了後にサービスに復元されるようにできます。EC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームを使用するデプロイのみが、インプレースデプロイを使用できます。インプレイスデプロイの詳細については、「インプレイスデプロイの概要」を参照してください。

  • Blue/Green デプロイ設定: デプロイの動作は、使用するコンピューティングプラットフォームによって異なります。

    • EC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームの Blue/Green: 次の手順を使用して、デプロイグループのインスタンス (元の環境) がインスタンスの別のセット (置き換え先環境) に置き換えられます。

      • インスタンスは置き換え先環境にプロビジョニングされます。

      • 最新のアプリケーションリビジョンは、置き換え先インスタンスにインストールされます。

      • オプションの待機時間は、アプリケーションのテストやシステム検証などのアクティビティに対して発生します。

      • 置き換え先環境のインスタンスは Elastic Load Balancing ロードバランサーに登録され、これらのインスタンスに対してトラフィックが再ルーティングされます。元の環境のインスタンスは登録解除され、他の使用のために終了したり、実行し続けます。

      注記

      EC2/オンプレミスのコンピューティングプラットフォームを使用する場合は、ブルー/グリーンのデプロイは Amazon EC2 インスタンスでのみ機能することに注意してください。

    • Blue/GreenAWS Lambdaまたは Amazon ECS コンピューティングプラットフォーム: トラフィックは、Canary,線形, またはオールインワンデプロイ設定。詳細については、「デプロイ設定」を参照してください。

    • を使用した Blue/Green デプロイAWS CloudFormation: トラフィックは、AWS CloudFormationスタックの更新。現時点では、ECS Blue/Green デプロイのみがサポートされています。

    Blue/Green デプロイの詳細については、「Blue/Green デプロイの概要」を参照してください。

CodeDeployコンソールを使用してアプリケーションを作成する場合は、最初のデプロイグループを同時に設定します。AWS CLI を使用してアプリケーションを作成する場合は、最初のデプロイグループを別のステップで作成します。

AWS アカウントに登録済みのアプリケーションの一覧を表示するには、「CodeDeploy でアプリケーションの詳細を表示する」を参照してください。AWS CloudFormation テンプレートを使用してアプリケーションを作成する方法については、「AWS CloudFormationCodeDeploy リファレンスのテンプレート」を参照してください。

デプロイタイプはいずれも、どの送信先にも適用されません。以下の表に、3 種類のデプロイ送信先のデプロイを指定するデプロイタイプを示します。

デプロイ送信先 インプレース Blue/Green
Amazon EC2 はい はい
オンプレミス はい いいえ
サーバーレスAWSLambda 関数 いいえ はい
Amazon ECS アプリケーション いいえ はい