CodeCommit - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeCommit

で設定されたで新しいコミットが行われたときに、パイプラインを開始します。 CodeCommit リポジトリとブランチ。

コンソールを使用してパイプラインを作成または編集する場合は、 CodePipeline を作成します。 CodeCommit CloudWatch Events ルールは、リポジトリで変更が発生したときにパイプラインを開始します。

を作成しておく必要があります。 CodeCommit を使用してパイプラインを接続する前にリポジトリ CodeCommit action.

コードの変更が検出された後は、後続のアクションにコードを渡すための次のオプションがあります。

  • デフォルト値— を設定します。 CodeCommit ソースアクションは、コミットの浅いコピーを含む ZIP ファイルを出力します。

  • [フルクローン] — ソースアクションが、後続のアクションのためにリポジトリへの Git URL リファレンスを出力するように設定します。

    現在、Git URL リファレンスはダウンストリームでのみ使用できます。 CodeBuild リポジトリと関連する Git メタデータをクローンするアクション。Git URL リファレンスを CodeBuild 以外のアクションに渡そうとすると、エラーが発生します。

アクションタイプ

  • カテゴリ:Source

  • 所有者: AWS

  • プロバイダー: CodeCommit

  • バージョン: 1

設定パラメータ

RepositoryName

: はい

ソースの変更が検出されるリポジトリの名前。

BranchName

: はい

ソースの変更が検出されるブランチの名前。

PollForSourceChanges

: いいえ

PollForSourceChanges制御するかどうか CodePipeline は、CodeCommit リポジトリでソースの変更についてポーリングします。を使用することをお勧めします。 CloudWatch 代わりにソースの変更を検出するイベント。の設定の詳細については、 CloudWatch イベント、「」を参照してください。プッシュイベント用にパイプラインを更新する (CodeCommit ソース) (CLI)またはプッシュイベント用にパイプラインを更新する (CodeCommit ソース) (AWS CloudFormation テンプレート)

重要

を設定する場合 CloudWatch イベントルール、設定する必要がありますPollForSourceChangesfalseパイプラインが重複して実行されないようにする。

このパラメータの有効な値:

  • true: 設定されている場合、 CodePipeline は、ソースの変更についてポーリングします。

    注記

    省略するとPollForSourceChanges, CodePipeline デフォルトでは、は、ソースの変更についてポーリングします。この動作は、PollForSourceChanges が含まれており、true に設定されている場合と同じです。

  • false: 設定されている場合、 CodePipeline は、ソースの変更に対してリポジトリをポーリングしません。を設定する場合は、 CloudWatch イベントルールは、ソースの変更を検出します。

OutputArtifactFormat

: いいえ

出力 アーティファクト フォーマット。値は CODEBUILD_CLONE_REF または CODE_ZIP のいずれかです。指定しない場合、デフォルトの CODE_ZIP が使用されます。

重要

CODEBUILD_CLONE_REF のオプションは、CodeBuild のダウンストリームアクションでのみ使用可能です。

このオプションを選択した場合は、codecommit:GitPullへの許可 CodeBuild に示すサービスロールを追加します。 CodeBuild ソースアクションの CodeCommit GitClone のアクセス許可。また、codecommit:GetRepository に示すように、CodePipeline のサービス・ロールに CodePipeline サービスロールにアクセス許可を追加する 許可を追加する必要もあります。[フルクローン] オプションを使用する方法を示すチュートリアルについては、チュートリアル: CodeCommit パイプラインソースでフルクローンを使用する を参照してください。

入力アーティファクト

  • アーティファクトの数: 0

  • 説明: 入力アーティファクトは、このアクションタイプには適用されません。

出力アーティファクト

  • アーティファクトの数: 1

  • 説明: このアクションの出力アーティファクトは、パイプライン実行のソースリビジョンとして指定されたコミットで設定されたリポジトリとブランチの内容を含む ZIP ファイルです。リポジトリから生成されたアーティファクトは、 CodeCommit action. ソースコードのコミット ID が CodePipeline トリガーされたパイプライン実行のソースリビジョンとして。

出力変数

このアクションを設定すると、パイプライン内のダウンストリームアクションのアクション設定によって参照できる変数が生成されます。このアクションは、アクションに名前空間がない場合でも、出力変数として表示できる変数を生成します。名前空間を使用してアクションを設定し、これらの変数をダウンストリームアクションの設定で使用できるようにします。

詳細については、「変数」を参照してください。

CommitId

- CodeCommit パイプライン実行をトリガーしたコミット ID。コミット ID は、コミットの完全な SHA です。

CommitMessage

パイプライン実行をトリガーしたコミットに関連付けられた説明メッセージ (存在する場合)。

RepositoryName

の名前 CodeCommit パイプラインをトリガーしたコミットが行われたリポジトリ。

BranchName

のブランチの名前 CodeCommit ソースが変更されたリポジトリ。

AuthorDate

コミットが認証された日付 (タイムスタンプ形式)。

Git での著者とコミッターの違いに関する詳細については、Scott Chacon と Ben Straub による Pro Git の「コミット履歴の表示」を参照してください。

CommitterDate

コミットがコミットされた日付 (タイムスタンプ形式)。

Git での著者とコミッターの違いに関する詳細については、Scott Chacon と Ben Straub による Pro Git の「コミット履歴の表示」を参照してください。

アクション設定の例

デフォルトの出力アーティファクト フォーマットの例

YAML
Actions: - OutputArtifacts: - Name: Artifact_MyWebsiteStack InputArtifacts: [] Name: source Configuration: RepositoryName: MyWebsite BranchName: main PollForSourceChanges: 'false' RunOrder: 1 ActionTypeId: Version: '1' Provider: CodeCommit Category: Source Owner: AWS Name: Source
JSON
{ "Actions": [ { "OutputArtifacts": [ { "Name": "Artifact_MyWebsiteStack" } ], "InputArtifacts": [], "Name": "source", "Configuration": { "RepositoryName": "MyWebsite", "BranchName": "main", "PollForSourceChanges": "false" }, "RunOrder": 1, "ActionTypeId": { "Version": "1", "Provider": "CodeCommit", "Category": "Source", "Owner": "AWS" } } ], "Name": "Source" },

フル クローン出力アーティファクト フォーマットの例

YAML
name: Source actionTypeId: category: Source owner: AWS provider: CodeCommit version: '1' runOrder: 1 configuration: BranchName: main OutputArtifactFormat: CODEBUILD_CLONE_REF PollForSourceChanges: 'false' RepositoryName: MyWebsite outputArtifacts: - name: SourceArtifact inputArtifacts: [] region: us-west-2 namespace: SourceVariables
JSON
{ "name": "Source", "actionTypeId": { "category": "Source", "owner": "AWS", "provider": "CodeCommit", "version": "1" }, "runOrder": 1, "configuration": { "BranchName": "main", "OutputArtifactFormat": "CODEBUILD_CLONE_REF", "PollForSourceChanges": "false", "RepositoryName": "MyWebsite" }, "outputArtifacts": [ { "name": "SourceArtifact" } ], "inputArtifacts": [], "region": "us-west-2", "namespace": "SourceVariables" }

このアクションを利用する際に役立つ関連リソースは以下の通りです。