CodePipeline でのパイプラインの使用 - AWS CodePipeline

CodePipeline でのパイプラインの使用

AWS CodePipeline で自動リリースプロセスを定義するには、パイプラインを作成します。パイプラインは、ソフトウェアの変更がリリースプロセスをたどる方法を記述するワークフローコンストラクトです。パイプラインは、設定するステージおよびアクションで構成されます。

注記

CodePipeline が提供するデフォルトオプションに加えて、ビルド、デプロイ、テストまたは呼び出しステージを追加する場合、パイプラインと使用するためにすでに作成したカスタムアクションを選択できます。カスタムアクションは、社内で開発したビルドプロセスやテストスイートを実行する等のタスクに使用できます。プロバイダーリストのカスタムアクションの異なるバージョンを区別できるよう、バージョン識別子が含まれています。詳細については、を参照してください CodePipeline でカスタムアクションを作成および追加する

パイプラインを作成する前に、まずはCodePipeline の開始方法のステップを完了する必要があります。

パイプラインの詳細については、「CodePipeline の概念」および「CodePipeline のチュートリアル」を参照してください。また、AWS CLI を使用してパイプラインを作成する場合は、「CodePipeline パイプライン構造リファレンス」を参照してください。パイプラインのリストを表示するには、CodePipeline でパイプラインの詳細と履歴を表示する を参照してください。