CodePipeline チュートリアル - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodePipeline チュートリアル

CodePipeline の使用開始」のステップを完了したら、このユーザーガイドの AWS CodePipeline チュートリアルのいずれかを試すことができます。

ウィザードを使用して、 を使用して Amazon Linux を実行する Amazon EC2 インスタンス CodeDeploy に Amazon S3 バケットからサンプルアプリケーションをデプロイするパイプラインを作成します。 Amazon S3 ウィザードを使用して 2 ステージのパイプラインを作成したら、ステージ 3 を追加します。 チュートリアル: シンプルなパイプラインを作成する (S3 バケット) を参照してください。
を使用してサンプルアプリケーションを CodeCommit リポジトリから Amazon Linux を実行する Amazon EC2 インスタンスに CodeDeploy デプロイする 2 段階パイプラインを作成します。 チュートリアル: シンプルなパイプラインを作成する (CodeCommit リポジトリ) を参照してください。
最初のチュートリアルで作成した 3 ステージのパイプラインにビルドステージを追加します。新しいステージでは、Jenkins を使用してアプリケーションをビルドします。 チュートリアル: 4 ステージのパイプラインを作成する を参照してください。
パイプライン、ステージ、またはアクションの実行状態が変更されるたびに通知を送信する CloudWatch イベントルールを設定したい。 チュートリアル: CloudWatch Events ルールをセットアップし、パイプラインの状態の変更の E メール通知を送信します。 を参照してください。
CodeBuild と を使用して Android アプリを構築してテストする GitHub ソースを含むパイプラインを作成したいAWS Device Farm。 チュートリアル: AWS Device Farm で Android アプリケーションを構築してテストするパイプラインを作成する を参照してください。
AWS Device Farm で iOS アプリをテストする Amazon S3 ソースでパイプラインを作成します。 チュートリアル: AWS Device Farm で iOS アプリケーションをテストするパイプラインを作成する を参照してください。
製品テンプレートを Service Catalog にデプロイするパイプラインを作成します。 チュートリアル: Service Catalog にデプロイするパイプラインを作成する を参照してください。
サンプルテンプレートを使用して、 AWS CloudFormationコンソールでシンプルなパイプライン (Amazon S3 CodeCommit、または GitHub ソースを使用) を作成したい。 チュートリアル: AWS CloudFormation を使用してパイプラインを作成する を参照してください。
Amazon ECR リポジトリから Amazon ECS クラスター CodeDeploy およびサービスへのイメージの Blue/Green デプロイに と Amazon ECS を使用する 2 段階のパイプラインを作成します。 チュートリアル: Amazon ECR ソース、ECS - CodeDeploy 間のデプロイでパイプラインを作成する を参照してください。
サーバーレスアプリケーションを AWS Serverless Application Repository に継続的に発行するパイプラインを作成します。 チュートリアル: AWS Serverless Application Repository にサーバーレスアプリケーションを発行するパイプラインを作成する を参照してください。

他のユーザーガイドにある以下のチュートリアルでは、他のAWS のサービス をパイプラインに統合するガイダンスを提供しています。