チュートリアル: で Alexa スキルプロジェクトを作成するAWSCodeStar - AWS CodeStar

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアル: で Alexa スキルプロジェクトを作成するAWSCodeStar

AWS CodeStar は、AWS のアプリケーションを迅速に開発、構築、およびデプロイするために必要なツールを備えた、AWS 上のクラウドベースの開発サービスです。AWS CodeStar では、継続的デリバリーのツールチェーン全体を数分で設定でき、コードのリリースをすばやく開始できます。AWS CodeStar の Alexa スキルプロジェクトテンプレートを使用すると、AWS アカウントから、簡単な Hello World Alexa スキルを数クリックのみで作成できます。テンプレートでは、スキル開発用の継続的インテグレーション (CI) ワークフローの使用を開始できる基本的なデプロイパイプラインも作成されます。

AWS CodeStar から Alexa スキルを作成する主な利点は、AWS 内でスキル開発を開始し、Amazon デベロッパーアカウントをプロジェクトに接続して、スキルを AWS から直接開発ステージにデプロイできることです。また、プロジェクトのすべてのソースコードに関するリポジトリを備えたデプロイ (CI) パイプラインを用意できます。任意の IDE を使用してこのリポジトリを設定し、使い慣れているツールを使用してスキルを作成できます。

前提条件

  • https://developer.amazon.com にアクセスして Amazon 開発者アカウントを作成します。​ サインアップは無料です。このアカウントが Alexa スキルを所有します。

  • AWS アカウントをお持ちでない場合は、次に説明する手順に従ってアカウントを作成してください。

    AWS にサインアップするには

    1. オープンhttps://aws.amazon.com/[] を選択してから、を作成するAWSアカウント

      注記

      AWS アカウントルートユーザー 認証情報を使用してすでに AWS Management Console にサインインしている場合は、[Sign in to a different account] (別のアカウントにサインインする) を選択します。IAM 認証情報を使用してすでにコンソールにサインインしている場合は、[Sign-in using root account credentials] (ルートアカウントの認証情報を使ってサインイン) を選択します。[新しい AWS アカウントの作成] を選択します。

    2. オンラインの手順に従います。

重要

Alexa スキルプロジェクトの作成後、編集はすべてプロジェクトリポジトリ内でのみ行います。このスキルを、ASK CLI や ASK 開発者コンソールなど他の Alexa Skills Kit ツールを使用して直接編集しないことをお勧めします。これらのツールは、プロジェクトのリポジトリと統合されていません。これらを使用すると、スキルおよびリポジトリコードが同期されません。

ステップ 1: プロジェクトを作成して Amazon 開発者アカウントに接続する

このチュートリアルでは、AWS Lambda で実行されている Node.js を使用してスキルを作成します。他の言語でもほとんどの手順は同じです。ただし、スキル名は異なります。選択したプロジェクトテンプレート固有の詳細については、プロジェクトリポジトリ内の README.md ファイルを参照してください。

  1. AWS Management Console にサインインして、https://console.aws.amazon.com/codestar/ で、 AWS CodeStar コンソールを開きます。

  2. プロジェクトとそのリソースを作成する AWS リージョンを選択します。Alexa スキルランタイムは、以下の AWS リージョンでのみ利用できます:

    • アジアパシフィック (東京)

    • 欧州 (アイルランド)

    • 米国東部(バージニア北部)

    • 米国西部 (オレゴン)

  3. [Create project] (プロジェクトの作成) を選択します。

  4. [Choose a project template] (プロジェクトのテンプレートを選択する) ページで、以下を選択します:

    1. [Application type] (アプリケーションの種類) には、[Alexa Skill] (Alexa スキル) を選択します。

    2. [Programming language] (プログラミング言語) には、[Node.js] を選択します。

  5. 選択した内容が含まれているボックスを選択します。

  6. [Project name] (プロジェクト名) に、プロジェクトの名前 (例: My Alexa Skill) を入力します。別の名前を選択した場合は、このチュートリアル全体でその名前を使用してください。AWS CodeStar により、[Project ID] (プロジェクト ID) にこのプロジェクトの関連識別子 (例:my-alexa-skill) が選択されます。別のプロジェクト ID が表示された場合は、このチュートリアル全体でそれを使用してください。

  7. このチュートリアルではリポジトリに [AWS CodeCommit] を選択し、[リポジトリ名] の値は変更しないでください。

  8. [Connect Amazon developer account] (Amazon デベロッパーアカウントを接続) を選択して、スキルをホストする Amazon 開発者アカウントにリンクします。

  9. Amazon 開発者認証情報を使用してサインインします。[Allow] (許可) を選択します。

  10. Amazon 開発者アカウントに関連付けられた複数のベンダー ID がある場合は、このプロジェクト用に使用するものを選択します。管理者または開発者ロールが割り当てられたアカウントを使用してください。

  11. [Next] (次へ) を選択します。

  12. (オプション) この AWS リージョンで AWS CodeStar を初めて使用する場合は、 AWS CodeStar で使用する IAM ユーザーの表示名と E メールアドレスを入力します。[Next] (次へ) を選択します。

  13. AWS CodeStar がプロジェクトを作成する間待ちます。 この処理には数分かかることがあります。[Project provisioned] (プロジェクトプロビジョン) バナーが表示されるまで次に進まないでください。

ステップ 2: Alexa Simulator でスキルをテストする

最初のステップで、 AWS CodeStar によりスキルが作成され Alexa スキル開発ステージにデプロイされました。次は、Alexa Simulator でスキルをテストします。

  1. AWS CodeStar コンソールのプロジェクトで、[View application] (アプリケーションの表示) を選択します。Alexa Simulator で新しいタブが開きます。

  2. ステップ 1 でプロジェクトに接続したアカウントの Amazon 開発者認証情報を使用してサインインします。

  3. [Test] (テスト) の下で [Development] (開発) を選択してテストを有効にします。

  4. ask hello node hello と入力します。スキルのデフォルトの呼び出し名は hello node です。​

  5. スキルは Hello World! と応答するはずです。​

Alexa Simulator でスキルが有効になると、Amazon 開発者アカウントに登録された Alexa 搭載デバイスで呼び出すこともできます。デバイスでスキルをテストするには、「アレクサ、hello node にあいさつするように頼んで」と言います。

Alexa Simulator の詳細については、「開発者コンソールでスキルをテストする」を参照してください。

ステップ 3: プロジェクトのリソースを調べる

プロジェクト作成の一環として、AWS CodeStar はユーザーに代わって AWS リソースも作成します。これらのリソースには、CodeCommit を使用するプロジェクトリポジトリ、 CodePipeline を使用するデプロイパイプライン、AWS Lambda 関数などがあります。​ これらのリソースにはナビゲーションバーからアクセスできます。例えば、[Repository] (リポジトリ) を選択すると、CodeCommit リポジトリの詳細を表示します。パイプラインのデプロイのステータスは、[Pipeline] (パイプライン) ページに表示されます。プロジェクトの一部として作成されたすべての AWS リソースの一覧は、ナビゲーションバーの [Overview] (概要) を選択すると表示されます。このリストには、各リソースへのリンクが含まれています。

ステップ 4: スキルの応答を変更する

このステップでは、スキルの応答を少し変更して、イテレーションサイクルを理解します。

  1. ナビゲーションバーで [Repository] (リポジトリ) を選択します。[Repository name] (リポジトリ名) の下にあるリンクを選択すると、プロジェクトのリポジトリが新しいタブまたはウィンドウで開きます。このリポジトリには、ビルド仕様 (buildspec.yml)、AWS CloudFormation アプリケーションスタック (template.yml)、readme ファイル、およびスキルパッケージ形式 (プロジェクト構造) のスキルのソースコードが含まれています。

  2. [file lambda] > [custom] > [index.js] (Node.js の場合) の順に移動します。このファイルには、リクエスト処理コードが含まれています。これは ASK SDK を使用します。​

  3. [Edit] (編集) を選択します。

  4. 24 行目の文字列 Hello World! を、文字列 Hello. How are you? に置き換えます。

  5. ファイルの末尾までスクロールします。作成者名と、E メールアドレス、およびオプションでコミットメッセージを入力します。

  6. [Commit changes] (変更のコミット) を選択してリポジトリに対する変更をコミットします。

  7. AWS CodeStar でプロジェクトに戻り、[Pipeline] (パイプライン) ページでチェックします。パイプラインがデプロイ中であることが表示されます。

  8. パイプラインでデプロイが完了したら、もう一度 Alexa Simulator でスキルをテストします。今度はスキルは Hello. How are you? と応答するはずです。​

ステップ 5: ローカルワークステーションを設定してプロジェクトリポジトリに接続する

以前は CodeCommit コンソールから直接ソース コードに小さな変更を加えました。このステップでは、ローカルワークステーションを使用してプロジェクトリポジトリを設定し、コマンドラインやお好みの IDE からコードを編集および管理できるようにします。以下の手順は、コマンドラインツールをセットアップする方法について説明します。

  1. 必要に応じて、AWS CodeStar のプロジェクトダッシュボードに移動します。

  2. ナビゲーションバーで [IDE]を選択します。

  3. [Access your project code] (プロジェクトコードにアクセスする) から[Command line interface] (コマンドラインインターフェイス) の下の[View instructions] (手順の表示) を選択します。

  4. 手順に従って、次のタスクを完了します:

    1. Git Downloads などのウェブサイトからローカルワークステーションに Git をインストールします。

    2. AWS CLI をインストールします。詳細については、「AWS Command Line Interface のインストール」を参照してください。

    3. IAM ユーザーのアクセスキーとシークレットキーを使用して AWS CLI を設定します。詳細については、 を参照してください。設定:AWSCLI

    4. ローカルワークステーションにプロジェクトの CodeCommit リポジトリのクローンを作成します。詳細については、[Connect to a CodeCommit Repository] (CodeCommit リポジトリに接続する) を参照してください。

次のステップ

このチュートリアルでは、基本的なスキルの開始方法を説明しました。スキル開発の取り組みを継続するには、以下のリソースを参照してください。