AWS CodeStar の制限 - AWS CodeStar

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CodeStar の制限

以下の表では、AWS CodeStar の制限について説明します。AWS CodeStar は、プロジェクトリソースの他の AWS サービスに依存します。これらのサービスの制限を変更することができます。変更できる制限の詳細については、「AWS サービス制限」を参照してください。

プロジェクト数 AWS アカウントで最大 333 のプロジェクトまでです。実際の上限は、他のサービスの依存性のレベル (例: AWS アカウントで許可される CodePipeline 内のパイプラインの最大数) によって異なります。
IAM ユーザーが所属できる AWS CodeStar プロジェクトの数 個々の IAM ユーザーあたり最大 10 までです。
プロジェクト ID

プロジェクト ID は AWS アカウント内で一意である必要があります。プロジェクト ID は 2 文字以上にする必要があり、15 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

az の文字。

09 の数字。

特殊文字 -(マイナス記号)。

大文字、スペース、.(ピリオド)、@(アットマーク)、_(アンダースコア)などのその他の文字は許可されていません。

プロジェクト名

プロジェクト名の長さは 100 文字を超えることはできず、空白で開始または終了することはできません。

プロジェクトの説明 使用できる文字の組み合わせの長さは 0 ~ 1,024 文字です。プロジェクトの説明はオプションです。
AWS CodeStar プロジェクトのチームメンバー 100
ユーザープロファイルの表示名 使用できる文字の組み合わせの長さは 1 ~ 100 文字です。表示名は 1 文字以上にする必要があります。その文字にスペースは使用できません。表示名をスペースで開始または終了することはできません。
ユーザープロファイル内の E メールアドレス E メールアドレスには @ が含まれ、有効なドメイン拡張で終わる必要があります。
フェデレーションアクセス、ルートアカウントへのアクセス、AWS CodeStar への一時アクセス AWS CodeStar では、フェデレーティッドユーザー、および一時アクセスの認証情報の使用をサポートしています。ルートアカウントで AWS CodeStar を使用することは推奨されません。
IAM ロール IAM ロールに添付されている管理ポリシーでは、最大 5,120 文字です。