AWS CodeStar で Eclipse を使用する。 - AWS CodeStar

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CodeStar で Eclipse を使用する。

Eclipse を使用してコード変更を行い、AWS CodeStar プロジェクトでソフトウェアを開発することができます。Eclipse で AWS CodeStar プロジェクトコードを編集し、AWS CodeStar プロジェクトのソースリポジトリに変更をコミットしてプッシュできます。

注記

このトピックの情報は、ソースコードを CodeCommit に保存する AWS CodeStar プロジェクトにのみ適用されます。AWS CodeStar プロジェクトでソースコードが GitHub に保存されている場合は、EGit for Eclipse などのツールを使用できます。詳細については、EGit ウェブサイトの [EGit Documentation] (EGit ドキュメント) を参照してください。

AWS CodeStar プロジェクトがソースコードをCodeCommit に保存する場合は、 AWS CodeStar をサポートする AWS Toolkit for Eclipse のバージョンをインストールする必要があります。また、所有者または共同編集者のロールを持つ AWS CodeStar プロジェクトチームのメンバーでなければなりません。

Eclipse を使用するには、以下の条件を満たす必要があります:

  • チームメンバーとして AWS CodeStar プロジェクトに追加された IAM ユーザー。

  • AWS CodeStar プロジェクトがソースコードをCodeCommit に保存する場合、IAM ユーザーの Git 認証情報 (ユーザー名とパスワード) 。

  • ローカルコンピュータに Eclipse と AWS Toolkit for Eclipse をインストールするための十分な権限。

ステップ 1: AWS Toolkit for Eclipse をインストールする

Toolkit for Eclipse は、Eclipse に追加できるソフトウェアパッケージです。Eclipse の他のソフトウェアパッケージと同じ方法でインストールおよび管理されます。AWS CodeStar ツールキットは Toolkit for Eclipse の一部として含まれています。

AWS CodeStar モジュールを使用して Toolkit for Eclipse をインストールするには

  1. Eclipse をローカルコンピュータにインストールします。サポートされている Eclipse のバージョンには、Luna、Mars、Neon があります。

  2. Toolkit for Eclipse をダウンロードしてインストールします。詳細については、「AWS Toolkit for Eclipse 入門ガイド」 を参照してください。

  3. Eclipse で [Help] (ヘルプ) を選択してから、[Install New Software] (新しいソフトウェアのインストール) を選択します。

  4. [Available Software] (利用可能なソフトウェア) で、[Add] (追加) を選択します。

  5. [Add Repository] (リポジトリの追加) で、[Archive] (アーカイブ) を選択し、.zip ファイルを保存した場所を参照して、ファイルを開きます。[Name] (名前) を空欄にし、[OK] を選択します。

  6. Eclipse使用可能なソフトウェアで、すべて選択selectAWSコア管理ツールそして開発者用ツール[] を選択し、

  7. [Install Details] (インストールの詳細) で、[Next] (次へ) を選択します。

  8. [Review Licenses] (ライセンスの確認) で、ライセンス契約を確認します。[I accept the terms of the license agreement] (ライセンス契約の条項に同意します) を選択し、[Finish] (完了) を選択します。Eclipse を再起動します。

ステップ 2: AWS CodeStar プロジェクトを Eclipse にインポートする

Toolkit for Eclipse をインストールしたら、AWS CodeStar プロジェクトをインポートし、IDE からコードを編集、コミット、プッシュすることができます。

注記

Eclipse の単一のワークスペースに複数の AWS CodeStar プロジェクトを追加することができますが、あるプロジェクトから別のプロジェクトに変更するときにプロジェクトの認証情報を更新する必要があります。

AWS CodeStar プロジェクトをインポートするには

  1. AWS メニューから [Import AWS CodeStar Project] (AWS CodeStar プロジェクトのインポート) を選択します。または、[File] (ファイル)、[Import] (インポート) の順に選択します。[Select] (選択) で、[AWS] を展開して、[AWS CodeStar Project] (AWS CodeStar プロジェクト) を選択します。

    [Next] (次へ) を選択します。

  2. [AWS CodeStar Project Selection] (AWS CodeStar プロジェクトの選択) で、AWS プロファイルと、AWS CodeStar プロジェクトがホストされている AWS リージョンを選択します。 お持ちでない場合AWSお使いのコンピュータにアクセスキーとシークレットキーが設定されたプロファイルで、設定AWSアカウント手順に従います。

    [Select AWS CodeStar project and repository] (AWS CodeStar プロジェクトとリポジトリの選択) で、AWS CodeStar プロジェクトを選択します。[Configure Git credentials] (Git 認証情報の設定) に、プロジェクトのリポジトリにアクセスするために生成したユーザー名とパスワードを入力します。(git 認証情報がない場合は、「ご利用開始にあたって」を参照してください。) [Next] (次へ) を選択します。

    
                    Eclipse で AWS CodeStar プロジェクトを選択
  3. プロジェクトのリポジトリのすべてのブランチがデフォルトで選択されます。1 つまたは複数のブランチをインポートしたくない場合は、ボックスをクリアして、[Next] (次へ) を選択します。

  4. [Local Destination] (ローカルの作成先) で、インポートウィザードがコンピュータ上でローカルリポジトリを作成する場所を選択し、[Finish] (完了) を選択します。

  5. [Project Explorer] (プロジェクトエクスプローラー) で、プロジェクトツリーを展開して、 AWS CodeStar プロジェクトのファイルを参照します。

ステップ 3: Eclipse で AWS CodeStar プロジェクトコードを編集する

AWS CodeStar プロジェクトを Eclipse ワークスペースにインポートしたら、プロジェクトのコードを編集して変更を保存し、コードをコミットしてプロジェクトのソースリポジトリにプッシュできます。これは Eclipse 用の EGit プラグインを使用する Git リポジトリと同じプロセスです。詳細については、Eclipse ウェブサイトの 「EGit ユーザーガイド」 を参照してください。

プロジェクトコードを編集し、AWS CodeStar プロジェクトのソースリポジトリに最初にコミットするには

  1. [Project Explorer] (プロジェクトエクスプローラー) で、プロジェクトツリーを展開して、 AWS CodeStar プロジェクトのファイルを参照します。

  2. 1 つまたは複数のコードファイルを編集し、変更を保存します。

  3. 変更をコミットする準備ができたら、そのファイルのコンテキストメニューを開き、[Team] (チーム)、[Commit] (コミット) の順に選択します。

    プロジェクトビューで [Git Staging] (Git をステージ) ウィンドウが既に開いている場合は、このステップをスキップします。

  4. [Git Staging] (Git をステージ) で、変更されたファイルを [Staged Changes] (ステージングされた変更) に移動して変更をステージします。[Commit Message] (コミットメッセージ) にコミットメッセージを入力し、[Commit and Push] (コミットとプッシュ) を選択します。

    
                    Eclipse で AWS CodeStar プロジェクトへの変更をプッシュする

コード変更のデプロイを表示するには、プロジェクトのダッシュボードに戻ります。詳細については、ステップ 3: プロジェクトの表示を参照してください。