AWS CodeStar の開始方法 - AWS CodeStar

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CodeStar の開始方法

このチュートリアルでは、AWS CodeStar を使用してウェブアプリケーションを作成します。このプロジェクトには、ソースリポジトリのサンプルコード、継続的なデプロイツールチェーン、および、プロジェクトを表示およびモニタリングできるプロジェクトダッシュボードが含まれています。

このステップでは、次のことを行います:

  • AWS CodeStar でプロジェクトを作成します。

  • プロジェクトを調査します。

  • コード変更をコミットします。

  • コードの変更が自動的にデプロイされるのを確認します。

  • プロジェクトで作業する他の人を追加します。

  • 不要になったプロジェクトリソースをクリーンアップします。

注記

まだ行っていない場合は、まず「AWS CodeStar をセットアップする」のステップ (例: ステップ 2: AWS CodeStar サービスロールを作成する) を完了します。IAM の管理者ユーザーであるアカウントを使用してサインインする必要があります。プロジェクトを作成するには、AWSCodeStarFullAccess ポリシーを持つ IAM ユーザーを使用して、AWS Management Console にサインインする必要があります。

ステップ 1: AWS CodeStar プロジェクトを作成する

このステップでは、ウェブアプリケーション用の JavaScript (Node.js) ソフトウェア開発プロジェクトを作成します。AWS CodeStar プロジェクトテンプレートを使用してプロジェクトを作成します。

注記

このチュートリアルで使用する AWS CodeStar プロジェクトテンプレートでは、次のオプションを使用します:

  • アプリケーションカテゴリ: ウェブアプリケーション

  • プログラム言語: Node.js

  • AWSサービス: Amazon EC2

他のオプションを選択した場合は、このチュートリアルに記載されている内容と一致しない場合があります。

AWS CodeStar でプロジェクトを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインして、https://console.aws.amazon.com/codestar/ で、 AWS CodeStar コンソールを開きます。

    プロジェクトとそのリソースを作成する AWS リージョンにサインインしていることを確認してください。例えば、米国東部 (オハイオ) でプロジェクトを作成するには、AWS リージョンが選択されていることを確認します。AWS CodeStarが利用可能な AWS リージョンの詳細については、[AWS General Reference] (一般リファレンス) の [Regions and Endpoints] (リージョンとエンドポイント) を参照してください。

  2. [AWS CodeStar] ページで、[Create project] (プロジェクトの作成) を選択します。

  3. [Choose a project template] (プロジェクトのテンプレートを選択する) ページで、 AWS CodeStar プロジェクトテンプレートのリストからプロジェクトの種類を選択します。フィルタバーを使用して選択を絞り込むことができます。例えば、Amazon EC2 インスタンスにデプロイされる Node.js で記述されたウェブアプリケーションプロジェクトの場合は、[Web application] (ウェブアプリケーション)、[Node.js] の順に選択し、[Amazon EC2] チェックボックスをオンにします。次に、オプションのセットで使用可能なテンプレートから選択します。

    詳細については、「AWS CodeStar プロジェクトテンプレート」を参照してください。

  4. [Next] (次へ) を選択します。

  5. [Project name] (プロジェクト名) で、My First Project などのプロジェクト名を入力します。[Project ID] (プロジェクト ID) では、プロジェクトの ID はこのプロジェクト名から派生しますが、15 文字の制限があります。

    例えば、My First Project という名前のプロジェクトのデフォルト ID は my-first-projec です。このプロジェクト ID は、プロジェクトに関連付けられているすべてのリソースの名前の基礎となります。AWS CodeStar は、このプロジェクト ID をコードリポジトリの URL の一部として使用し、また IAM の関連するセキュリティアクセスロールとポリシーの名前に使用します。プロジェクトの作成後、プロジェクト ID は変更できません。プロジェクトを作成する前にプロジェクト ID を編集するには、[Project ID] (プロジェクト ID) で、使用する ID を入力します。

    プロジェクト名とプロジェクト ID の制限の詳細については、AWS CodeStar の制限 を参照してください。

    注記

    AWS リージョン内の AWS アカウントでは、プロジェクト ID が一意である必要があります。

  6. リポジトリプロバイダー、AWS CodeCommit または [GitHub] を選択します。

  7. AWS CodeCommit を選択した場合は、[Repository name] (リポジトリ名) で、デフォルトの AWS CodeCommit リポジトリ名を受け入れるか、別の名前を入力します。ステップ 9 に進みます。

  8. [GitHub] を選択した場合、接続リソースを選択または作成する必要があります。既存の接続がある場合は、検索フィールドで選択します。それ以外の場合は、ここで新しい接続を作成します。[Connect to GitHub] (GitHub に接続) を選択します。

    [Create a connection] (接続の作成) ページが表示されます。

    注記

    接続を作成するには、GitHub アカウントが必要です。組織の接続を作成する場合は、組織の所有者である必要があります。

    1. [Create GitHub App connection] (GitHub App 接続の作成) で、[Connection name] (接続名) に接続名を入力します。[Connect to GitHub] (GitHub に接続) を選択します。

      [Connect to GitHub] (GitHub に接続) ページが表示され、[GitHub Apps] フィールドが表示されます。

    2. [GitHub Apps] で、アプリケーションのインストールを選択するか、[Install a new app] (新しいアプリケーションをインストールする) を選択してアプリケーションを作成します。

      注記

      特定のプロバイダーへのすべての接続に対してアプリを 1 つインストールします。GitHub app 用 ‭AWS‬ コネクターをすでにインストールしている場合は、これを選択してこのステップをスキップしてください。

    3. [Install AWS Connector for GitHub] ページで、アプリをインストールするアカウントを選択します。  

      注記

      アプリケーションをインストール済みである場合は、[Configure] (設定) を選択してアプリのインストールの変更ページに進むか、戻るボタンでコンソールに戻ることができます。

    4. [Confirm password to continue] (パスワードを確認して続行) ページが表示される場合、GitHub パスワードを入力し、[Sign in] (サインイン) を選択します。

    5. リポジトリの []インストールAWSGitHub のコネクタ[] ページでデフォルト値を受け入れ、インストール

    6. [Connect to GitHub] (GitHub へ接続) ページで、新規インストールのインストール ID が [GitHub Apps] に表示されます。

      接続が作成された後、CodeStar の [create project] (プロジェクトを作成) ページで、[Ready to connect] (接続準備完了) メッセージが表示されます。

      注記

      [Developer Tools] (デベロッパーツール) コンソールの[Settings] (設定) で接続を表示できます。詳細については、[Getting started with connections] (接続入門ガイド) を参照してください。

      
                        GitHub リポジトリへの接続設定が完了したコンソールのスクリーンショット。
    7. [Repository owner] (リポジトリ所有者) で、GitHub 組織または個人用 GitHub アカウントを選択します。

    8. [Repository name] (リポジトリ名) で、デフォルトの GitHub リポジトリ名を受け入れるか、別の名前を入力します。

    9. [Public] (公開) または[Private] (プライベート) を選択します。

      注記

      AWS Cloud9 を開発環境として使用する場合は、[Public] (公開) を選択する必要があります。

    10. (オプション) [Repository description] (リポジトリの説明) に、GitHub リポジトリの説明を入力します。

  9. プロジェクトが Amazon EC2 インスタンスにデプロイされ、変更を加える場合は、‭‬[Amazon EC2 Configuration]‭‬ (Amazon EC2 の設定) で Amazon EC2 インスタンスを設定します。例えば、プロジェクトの使用可能なインスタンスタイプから選択できます。

    注記

    異なる Amazon EC2 インスタンスタイプは、異なるレベルのコンピューティングパワーを提供し、異なる関連費用が発生する可能性があります。詳細については、[Amazon EC2 Instance Types] (Amazon EC2 インスタンスタイプ) と [Amazon EC2 Pricing] (Amazon EC2 の料金) を参照してください。

    複数の仮想プライベートクラウド (VPC) または複数のサブネットが Amazon 仮想プライベートクラウド で作成されている場合は、使用する VPC とサブネットを選択することもできます。ただし、ハードウェア専有インスタンスでサポートされていない Amazon EC2 インスタンスタイプを選択した場合は、インスタンスのテナンシーが [Dedicated] (専有) に設定されている VPC を選択することはできません。

    詳細については、[What Is Amazon VPC?] (Amazon VPC とは) および [Dedicated Instance Basics] (ハードウェア専有インスタンスの基礎) を参照してください。

    [Key pair] (キーペア) で、ステップ 4: AWS CodeStar プロジェクトの Amazon EC2 キーペアの作成 で作成した Amazon EC2 キーペアを選択します。[I acknowledge that I have access to the private key file] (私はプライベートキーファイルへのアクセス権があることを認めます) を選択します。

  10. [Next] (次へ) を選択します。

  11. リソースと設定の詳細を確認します。

  12. [Next] (次へ) または [Create project] (プロジェクトの作成) を選択します。(表示される選択はプロジェクトテンプレートによって異なります。)

    プロジェクト (リポジトリを含む) の作成には数分かかる場合があります。

  13. プロジェクトのリポジトリの作成後は、[Repository] (リポジトリ) ページを使用して、リポジトリへのアクセス権を設定します。[Next steps] (次のステップ) のリンクを使用して、IDE を設定、課題追跡を設定、チームメンバーをプロジェクトに追加できます。

ステップ 2: AWS CodeStar ユーザープロファイルの表示情報の追加

プロジェクトを作成すると、所有者としてプロジェクトチームに追加されます。今回 AWS CodeStar を初めて使用する場合は、以下の入力を求められます:

  • 他のユーザーに表示する表示名。

  • 他のユーザーに表示する E メールアドレス。

この情報は、AWS CodeStar ユーザープロファイルで使用されます。ユーザープロファイルはプロジェクト固有ではありませんが、AWS リージョンに限定されています。ユーザープロファイルは、ユーザーがプロジェクトに属している AWS リージョンごとに作成する必要があります。希望に応じて、プロファイルごとに異なる情報を含めることができます。

ユーザー名と E メールアドレスを入力し、[Next] (次へ) を選択します。

注記

このユーザー名と E メールアドレスは AWS CodeStar ユーザープロファイルで使用されます。プロジェクトで AWS 以外のリソース (例: GitHub リポジトリや Atlassian JIRA の課題) を使用している場合、これらのリソースプロバイダーには、ユーザー名と E メールアドレスが異なる独自のユーザープロファイルが設定されている可能性があります。詳細については、リソースプロバイダのドキュメントを参照してください。

ステップ 3: プロジェクトの表示

[AWS CodeStar project] (AWS CodeStar プロジェクト) ページは、プロジェクトへの最新のコミット、継続的な配信パイプラインの状態、インスタンスのパフォーマンスなど、プロジェクトリソースのステータスをチームに表示する場所です。これらのリソースの詳細については、ナビゲーションバーから対応するページを選択してください。

新しいプロジェクトでは、ナビゲーションバーには次のページが表示されます:

  • [Overview] (概要) ページには、プロジェクトのアクティビティ、プロジェクトリソース、およびプロジェクトの README コンテンツに関する情報が表示されます。

  • [IDE]ページでは、プロジェクトを統合開発環境 (IDE) に接続して、ソースコードの変更を修正、テスト、プッシュします。これには、GitHub と AWS CodeCommit リポジトリの両方に IDE を設定するための手順や AWS Cloud9 環境に関する情報が含まれています。

  • [Repository] (リポジトリ) ページには、名前、プロバイダー、最終変更日時、クローン URL など、リポジトリの詳細が表示されます。また、最新のコミットに関する情報を表示し、プルリクエストを作成することもできます。

  • [Pipeline] (パイプライン) ページには、パイプラインに関する CI/CD 情報が表示されます。名前、最新のアクション、ステータスなどのパイプラインの詳細を表示できます。パイプラインの履歴を表示し、変更をリリースできます。また、パイプラインの個々のステップのステータスを表示することもできます。

  • [Monitoring] (モニタリング) ページには、Amazon EC2 または AWS Lambda プロジェクトの設定に応じたメトリクスが表示されます。たとえば、AWS Elastic Beanstalk またはパイプラインの CodeDeploy リソースによってデプロイされた Amazon EC2 インスタンスの CPU 使用率を表示します。AWS Lambda を使用するプロジェクトでは、 Lambda 関数の呼び出しとエラーのメトリクスが表示されます。この情報は時間単位で表示されます。このチュートリアルで提案された AWS CodeStar プロジェクトテンプレートを使用した場合、アプリケーションが最初にそのインスタンスにデプロイされる際に、アクティビティが著しく増加しているのが分かるはずです。モニタリングを更新してインスタンスヘルスの変化を表示すると、問題やより多くのリソースの必要などを識別するのに役立ちます。

  • [Issues] (課題) ページは、AWS CodeStar プロジェクトと Atlassian JIRA プロジェクトを統合するためのものです。このタイルを設定すると、お客様やプロジェクトチームはプロジェクトダッシュボードから JIRA の課題を追跡できます。

コンソールの左側のナビゲーションペインでは、[Project] (プロジェクト)、[Team] (チーム)、[Settings] (設定) ページを移動できます。

ステップ 4: 変更をコミットする

まず、プロジェクトに含まれていたサンプルアプリケーションを表示します。プロジェクトナビゲーションのどこからでも [View application] (アプリケーションの表示) を選択して、アプリケーションの外観を確認します。新しいウインドウまたはブラウザのタブに、サンプルウェブアプリケーションが表示されます。AWS CodeStar で構築およびデプロイされたプロジェクトの例を以下に示します。

コードを確認するには、ナビゲーションバーで [Repository] (リポジトリ) を選択します。[Repository name] (リポジトリ名) の下にあるリンクを選択すると、プロジェクトのリポジトリが新しいタブまたはウィンドウで開きます。リポジトリの readme ファイル (README.md) の内容を読み、それらのファイルの内容を参照します。

このステップでは、コードを変更してその変更をリポジトリにプッシュします。これにはいくつかの方法があります:

  • プロジェクトのコードが CodeCommit または GitHub リポジトリに保存されている場合は、AWS Cloud9 を使用してウェブブラウザからコードを直接操作することができます。ツールのインストールは必要ありません。詳細については、「プロジェクトの AWS Cloud9 環境を作成する」を参照してください。

  • プロジェクトのコードが CodeCommit リポジトリに保存され、Visual Studio または Eclipse がインストールされている場合は、AWS Toolkit for Visual Studio または AWS Toolkit for Eclipse を使用してより簡単にコードに接続できます。詳細については、「AWS CodeStar で IDE を使用する。」を参照してください。Visual Studio または Eclipse がない場合は、Git クライアントをインストールし、このステップの後のステップに従ってください。

  • プロジェクトのコードが GitHub リポジトリに保存されている場合は、IDE のツールを使用して GitHub に接続することができます。

    • Visual Studio では、GitHub Extension for Visual Studio などのツールを使用することができます。詳細については、GitHub Extension for Visual Studio ウェブサイトの [Overview] (概要) ページ、および GitHub ウェブサイトの [Getting Started with GitHub for Visual Studio] (GitHub for Visual Studio 入門) を参照してください。

    • Eclipse の場合は、EGit for Eclipse などのツールを使用することができます。詳細については、EGit ウェブサイトの [EGit Documentation] (EGit ドキュメント) を参照してください。

    • その他の IDE については、IDE のドキュメントを参照してください。

  • 他の種類のコードリポジトリについては、リポジトリプロバイダのドキュメントを参照してください。

次の手順では、サンプルの基本的な変更を行う方法について説明します。

変更をコミットするようコンピュータを設定するには (IAM ユーザー)

注記

この手順では、プロジェクトのコードが CodeCommit リポジトリに保存されていることを想定しています。他の種類のコードリポジトリについては、リポジトリプロバイダのドキュメントを参照してください。次の手順「プロジェクトリポジトリのクローンを作成して変更するには」に進みます。

コードが CodeCommit に保存されており、既に CodeCommit を使用しているか、AWS CodeStar コンソールを使用してプロジェクトの AWS Cloud9 開発環境を作成する場合は、これ以上設定は必要ありません。次の手順「 プロジェクトリポジトリのクローンを作成して変更するには」に進みます。

  1. ローカルコンピュータに Git をインストールします。

  2. AWS Management Console にサインインして、https://console.aws.amazon.com/iam/ で、IAM コンソールを開きます。

    CodeCommit でAWS CodeStar プロジェクトリポジトリへの接続に Git 認証情報を使用するユーザーとしてログインします。

  3. IAM コンソールのナビゲーションペインで [Users] (ユーザー) を選択し、ユーザーのリストから自分の IAM ユーザーを選択します。

  4. [User details] (ユーザーの詳細) ページで、[Security Credentials] (認証情報) タブを選択し、[HTTPS Git credentials for AWS CodeCommit] (AWS CodeCommit の HTTPS Git 認証情報) で、[Generate] (生成) を選択します。

    注記

    Git 認証情報用のユーザー名やパスワードは選択できません。詳細については、[Use Git Credentials and HTTPS with CodeCommit] (CodeCommit で Git 認証情報と HTTPS を使用する) を参照してください。

  5. IAM が作成したユーザー名とパスワードをコピーします。[Show] (表示) を選択しこの情報をローカルコンピュータの安全なファイルにコピーして貼り付ける、または、[Download credentials] (認証情報をダウンロード) を選択してこの情報を .CSV ファイルとしてダウンロードします。CodeCommit に接続するには、この情報が必要です。

    認証情報を保存したら、[Close] を選択します。

    重要

    これは、ユーザー名とパスワードを保存する唯一の機会です。パスワードを保存しないと、IAM コンソールからユーザー名をコピーすることはできますが、パスワードを参照することはできません。パスワードをリセットして保存する必要があります。

変更をコミットするようコンピュータを設定するには (フェデレーティッドユーザー)

コンソールを使用してリポジトリにファイルをアップロードするか、Git を使用してローカルコンピュータから接続することができます。フェデレーティッドアクセスを使用している場合は、以下のステップに従い、Git を使用して、ローカルコンピュータからリポジトリに接続してクローンを作成します。

注記

この手順では、プロジェクトのコードが CodeCommit リポジトリに保存されていることを想定しています。他の種類のコードリポジトリについては、リポジトリプロバイダのドキュメントを参照してください。次の手順「プロジェクトリポジトリのクローンを作成して変更するには」に進みます。

  1. ローカルコンピュータに Git をインストールします。

  2. AWS CLIをインストールします

  3. フェデレーティッドユーザー用の一時的セキュリティ認証情報を設定します。詳細については、[Temporary Access to CodeCommit Repositories] (CodeCommit リポジトリへの一時アクセス) を参照してください。一時認証情報は、次で構成されます:

    • AWS アクセスキー

    • AWS シークレットキー

    • セッショントークン

    一時的なセキュリティ認証情報の詳細については、「GetFederationToken のアクセス許可」を参照してください。

  4. AWS CLI の認証情報ヘルパーを使用してリポジトリに接続します。詳細については、 を参照してください。Linux、macOS、または Unix での CodeCommit リポジトリへの HTTPS 接続のセットアップステップAWSCLI 認証情報ヘルパーまたはWindows での CodeCommit リポジトリへの HTTPS 接続のセットアップステップAWSCLI 認証情報ヘルパー

  5. 次の例では、CodeCommit リポジトリに接続し、コミットをプッシュする方法を示します。

例: プロジェクトリポジトリのクローンを作成して変更するには

注記

この手順では、プロジェクトのコードリポジトリをコンピュータに複製し、プロジェクトの index.html ファイルを変更して、その変更をリモートリポジトリにプッシュする方法を説明します。この手順では、CodeCommit プロジェクトのコードが リポジトリに保存されていることと、コマンドラインから Git クライアントを使用していることを前提としています。他の種類のコードリポジトリまたはツールでリポジトリを複製し、ファイルを変更してコードをプッシュする方法については、プロバイダのドキュメントを参照してください。

  1. AWS CodeStar コンソールを使用してプロジェクトの AWS Cloud9 開発環境を作成している場合は、開発環境を開き、手順のステップ 3 に進みます。開発環境を開くには、「プロジェクトの AWS Cloud9 環境を開く」を参照してください。

    AWS CodeStar コンソールでプロジェクトを開き、ナビゲーションバーで、[Repository] (リポジトリ) を選択します。[Clone URL] (URLのクローンを作成) で、CodeCommit 用に設定した接続タイプのプロトコルを選択して、リンクをコピーします。例えば、CodeCommit 用の Git 認証情報の設定の手順に従っている場合は、[HTTPS] を選択します。

  2. ローカルコンピュータで、端末またはコマンドラインウィンドウを開き、一時ディレクトリにディレクトリを変更します。[git clone] コマンドを実行して、リポジトリのクローンをコンピュータに作成します。コピーしたリンクを貼り付けます。例えば、CodeCommit では HTTPS を使用します:

    git clone https://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/my-first-projec

    初めて接続すると、リポジトリのユーザー名とパスワードの入力を求められます。CodeCommitでは、前の手順でダウンロードした Git 認証情報のユーザー名とパスワードを入力します。

  3. コンピュータのクローンしたディレクトリに移動し、内容を参照します。

  4. index.html ファイル (公開フォルダ内) を開き、ファイルを変更します。たとえば、<H2> タグの後に次のような段落を追加します:

    <P>Hello, world!</P>

    ファイルを保存します。

  5. 端末またはコマンドプロンプトで、変更したファイルを追加し、変更をコミットし、プッシュします。

    git add index.html git commit -m "Making my first change to the web app" git push
  6. [Repository] (リポジトリ) ページで、進行中の変更を表示します。そのリポジトリのコミット履歴が、コミットメッセージを含め、コミットで更新されているのを確認できます。[Pipeline] (パイプライン) ページでは、パイプラインがリポジトリへの変更を取得し、構築およびデプロイをスタートするのを確認できます。ウェブアプリケーションのデプロイ後、[View application] (アプリケーションの表示) を選択して変更内容を表示します。

    注記

    いずれかの [Pipeline](パイプライン) ステージで[Failed] (失敗しました) が表示される場合は、以下のトラブルシューティングのヘルプを参照してください:

ステップ 5: チームメンバーを追加する

AWS CodeStar プロジェクトはいずれも、3 つの AWS CodeStar ロールで既に設定されています。各ロールは、プロジェクトとそのリソースへの独自のレベルのアクセスを提供します。

  • 所有者: チームメンバーの追加と削除、プロジェクトダッシュボードの変更、プロジェクトの削除を行うことができます。

  • 寄稿者: コードが CodeCommit に保存されている場合は、プロジェクトダッシュボードを変更してコードを投稿できますが、チームメンバーの追加や削除、プロジェクトの削除を行うことはできません。これは、AWS CodeStar プロジェクトで、ほとんどのチームメンバーに対して選択すべきロールです。

  • 閲覧者: コードが CodeCommit に保存されている場合は、プロジェクトダッシュボード、プロジェクトコード、およびプロジェクトの状態を表示できますが、プロジェクトダッシュボードからタイルを移動、追加、または削除することはできません。

重要

プロジェクトで AWS 以外のリソース (例: GitHub リポジトリ、または Atlassian JIRA の課題) が使用されている場合、それらのリソースへのアクセスは AWS CodeStar ではなくリソースプロバイダーによって管理されます。詳細については、リソースプロバイダのドキュメントを参照してください。

AWS CodeStar プロジェクトにアクセスできるユーザーは、AWS CodeStar コンソールを使用して AWS 以外のリソースにアクセスできる可能性がありますが、それらはプロジェクトに関連しています。

AWS CodeStarでは、プロジェクトチームのメンバーが、プロジェクトに関連する AWS Cloud9 開発環境に参加することは許可されていません。チームメンバーによる共有環境への参加を許可するには、「AWS Cloud9 環境をプロジェクトチームメンバーと共有する」を参照してください。

チームとプロジェクトロールの詳細については、「AWS CodeStar チームで作業する」 を参照してください。

チームメンバーを AWS CodeStar プロジェクトに追加するには (コンソール)

  1. https://console.aws.amazon.com/codestar/ で、AWS CodeStar コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインから、[Projects] (プロジェクト) を選択し、プロジェクトを選択します。

  3. プロジェクトのサイドナビゲーションペインで、[Team] (チーム) を選択します。

  4. [Team members] (チームメンバー) ページで、[Add team member] (チームメンバーの追加) を選択します。

  5. [Choose user] (ユーザーを選択) で、次のいずれかを実行します:

    • 追加する人物の IAM ユーザーがすでに存在する場合は、IAM ユーザー名をリストから選択します。

      注記

      別の AWS CodeStar プロジェクトにすでに追加されているユーザーは、[Existing AWS CodeStar users] (既存の AWS CodeStar ユーザー) リストに表示されます。

      [Project role] (プロジェクトロール) で、このユーザーの AWS CodeStar ロール (所有者、寄稿者、閲覧者) を選択します。これは AWS CodeStar プロジェクトレベルのロールで、プロジェクトの所有者によってのみ変更できます。IAM ユーザーにロールが適用されると、AWS CodeStar プロジェクトリソースにアクセスするために必要なアクセス許可がすべて付与されます。コードが IAM の CodeCommit に保存されている場合の Git 認証情報の作成と管理に必要なポリシー、または IAM でユーザーの Amazon EC2 SSH キーをアップロードするのに必要なポリシーが適用されます。

      重要

      該当のユーザーとしてコンソールにサインインしていない限り、IAM ユーザーの表示名または E メール情報を入力または変更することはできません。詳細については、「AWS CodeStar ユーザープロファイルの表示情報を管理する 」を参照してください。

      [Add team member] (チームメンバーの追加) を選択します。

    • プロジェクトに追加する人物の IAM ユーザーが存在しない場合は、[Create new IAM user] (新規 IAM ユーザーを作成) を選択します。新規 IAM ユーザーを作成できる IAM コンソールにリダイレクトされます。詳細については ‭‬IAM ユーザーガイド‭‬ の ‭‬[Creating IAM Users]‭‬ (IAM ユーザーの作成) を参照してください。IAM ユーザーを作成後、AWS CodeStar コンソールに戻り、ユーザーのリストを更新し、ドロップダウンリストから作成した IAM ユーザーを選択します。この新しいユーザーに適用する AWS CodeStardisplay 名、E メールアドレス、およびプロジェクトロールを入力し、[Add team member] (チームメンバーを追加) を選択します。

    注記

    管理しやすいように、少なくとも 1 人のユーザーにプロジェクトの所有者ロールを割り当てます。

  6. 新しいチームメンバーに、次の情報を送信します:

    • AWS CodeStar プロジェクトのための接続情報。

    • ソースコードが CodeCommit に保存されている場合、ローカルコンピュータから CodeCommit リポジトリに [instructions for setting up access with Git credentials] (Git 認証情報でアクセスを設定する手順)。

    • AWS CodeStar ユーザープロファイルの操作方法 で説明されているように、ユーザーが表示名、E メールアドレス、公開 Amazon EC2 SSH キーを管理する方法についての情報。

    • ユーザーが AWS を使用するのは初めてで、そのユーザーのために IAM ユーザーを作成した場合のワンタイムパスワードと接続情報。このパスワードはユーザーの初回サインイン時に失効します。ユーザーは新しいパスワードを選択する必要があります。

ステップ 6: クリーンアップ

おめでとうございます。チュートリアルを完了しました。このプロジェクトとリソースの使用を継続しない場合は、今後お客様の AWS アカウントに課金されないように削除します。

AWS CodeStar でプロジェクトを削除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/codestar/ で、AWS CodeStar コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Projects] (プロジェクト) を選択します。

  3. 削除するプロジェクトを選択して、[Delete] (削除) を選択します。

    または、プロジェクトを開き、コンソールの左側のナビゲーションペインから [Settings] (設定) を選択します。[Project details] (プロジェクトの詳細)ページで、[Delete project] (プロジェクトの削除) を選択します。

  4. [Delete confirmation page] (削除の確認ページ) で、[delete] (削除) と入力します。プロジェクトリソースを削除する場合、[Delete resources] (リソースの削除) を選択したままにします。[Delete] (削除) を選択します。

    プロジェクトの削除には数分かかる場合があります。削除された後、プロジェクトは AWS CodeStar コンソールのプロジェクトの一覧に表示されなくなります。

    重要

    プロジェクトで AWS 以外のリソース (例: GitHub リポジトリ、Atlassian JIRAの課題) を使用している場合は、チェックボックスがオンになっていてもそれらのリソースは削除されません。

    AWS CodeStar 管理ポリシーが、IAM ユーザーではないロールに手動で添付されている場合でも、プロジェクトを削除することはできません。プロジェクトの管理ポリシーをフェデレーティッドユーザーのロールに添付している場合は、プロジェクトを削除する前にポリシーをデタッチする必要があります。詳細については、「AWS デタッチCodeStarフェデレーティッドユーザーのロールの管理ポリシー」を参照してください。

ステップ 7: 本稼働環境のプロジェクトの準備

プロジェクトを作成したら、コードを作成、テスト、およびデプロイすることができます。本番稼働環境でプロジェクトを管理するには、次の考慮事項を確認してください。

  • 定期的にパッチを適用し、アプリケーションで使用される依存関係のセキュリティベストプラクティスを確認してください。詳細については、「AWS CodeStar リソースで使用するセキュリティのベストプラクティス」を参照してください。

  • プロジェクトのプログラミング言語で提案された環境設定を定期的にモニタリングします。

次のステップ

AWS CodeStar の理解に役立つリソースを以下に示します: