Visual Studio を AWS CodeStar で使用する - AWS CodeStar

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Visual Studio を AWS CodeStar で使用する

Visual Studio を使用してコード変更を行い、AWS CodeStar プロジェクトでソフトウェアを開発することができます。

注記

Visual Studio for Macでは AWS ツールキット がサポートされていないので、 AWS CodeStar では使用できません。

このトピックの情報は、ソースコードを CodeCommit に保存する AWS CodeStar プロジェクトにのみ適用されます。AWS CodeStar プロジェクトでソースコードが GitHub に保存されている場合、GitHub Extension for Visual Studio などのツールを使用できます。詳細については、GitHub Extension for Visual Studio ウェブサイトの [Overview] (概要) ページ、および GitHub ウェブサイトの [Getting Started with GitHub for Visual Studio] (GitHub for Visual Studio 入門) を参照してください。

Visual Studio を使用して AWS CodeStar プロジェクトのソースリポジトリ内のコードを編集するには、AWS CodeStar をサポートする AWS Toolkit for Visual Studio のバージョンをインストールする必要があります。所有者または寄稿者のロールを持つ AWS CodeStar プロジェクトチームのメンバーでなければなりません。

Visual Studio を使用するには、以下の条件を満たす必要があります:

  • チームメンバーとして AWS CodeStar プロジェクトに追加された IAM ユーザー。

  • IAM ユーザーの AWS 認証情報 (例:アクセスキーやシークレットキー)。

  • ローカルコンピュータに Visual Studio と AWS Toolkit for Visual Studio をインストールするための十分な権限。

Toolkit for Visual Studio は、Visual Studio に追加できるソフトウェアパッケージです。Visual Studio の他のソフトウェアパッケージと同じ方法でインストールおよび管理されます。

AWS CodeStar モジュールを使用して Toolkit for Visual Studio をインストールし、プロジェクトリポジトリへのアクセスを設定するには

  1. ローカルコンピュータに Visual Studio をインストールします。

  2. Toolkit for Visual Studio をダウンロードしてインストールし、.zip ファイルをローカルフォルダまたはディレクトリに保存します。[Getting Started with the AWS Toolkit for Visual Studio] ページに、AWS 認証情報を入力またはインポートし、[Save and Close] を選択します。

  3. Visual Studio で、[Team Explorer] (チームエクスプローラー) を開きます。[Hosted Service Providers] (ホストされているサービスプロバイダー) で、[CodeCommit] を検索し、[Connect] (接続) を選択します。

  4. [Manage Connections] (接続を管理)で、[Clone] (クローン) を選択します。プロジェクトのリポジトリとそのリポジトリのクローン作成先のローカルコンピュータのフォルダを選択し、[OK] を選択します。

  5. Git 認証情報を作成するように求められたら、[Yes] (はい) を選択します。ツールキットは、ユーザーに代わって認証情報を作成しようとします。安全な場所に認証情報ファイルを保存します。これは、これらの認証情報を保存する必要がある唯一の機会です。ツールキットがユーザーの代わりに認証情報を作成できない場合、または [No] を選択した場合は、独自の Git 認証情報を作成して提供する必要があります。詳細については、「変更をコミットするようコンピュータを設定するには (IAM ユーザー)」を参照するか、オンラインの指示に従ってください。

    プロジェクトのクローン作成が完了すると、Visual Studio でコードを編集し、プロジェクトのリポジトリへの変更を CodeCommit でコミットしてプッシュする準備が整います。