AWS CodeStar チームで作業する - AWS CodeStar

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CodeStar チームで作業する

開発プロジェクトを作成したら、一緒に作業できるように他のユーザーにアクセス権を付与します。AWS CodeStar では、各プロジェクトに[Project team] (プロジェクトチーム) があります。ユーザーは、複数の AWS CodeStar プロジェクトに所属し、それぞれに異なる AWS CodeStar ロール (つまり、アクセス許可が異なる) を持つことができます。AWS CodeStar コンソールで、ユーザーは AWS アカウントに関連付けられているすべてのプロジェクトを表示できますが、それらのプロジェクトのチームメンバーである場合にのみプロジェクトの表示および作業ができます。

チームメンバーは自分のわかりやすい名前を選択できます。また、他のチームメンバーと連絡できるように E メールアドレスを追加できます。所有者でないチームメンバーがプロジェクトの AWS CodeStar ロールを変更することはできません。

AWS CodeStar の各プロジェクトに 3 つのロールがあります:

AWS CodeStar プロジェクトのロールとアクセス許可
ロール名 プロジェクトダッシュボードとステータスの表示 プロジェクトリソースの追加、削除、アクセス チームメンバーの追加と削除 プロジェクトの削除
所有者 x x x x
寄稿者 x x
閲覧者 x
  • 所有者: コードが CodeCommit に保存されている場合に、他のチームメンバーの追加および削除、プロジェクトリポジトリへのコードの投稿、プロジェクトに関連した Linux で実行されている Amazon EC2 インスタンスへの他のチームメンバーのリモートアクセスの許可および拒否、プロジェクトダッシュボードの設定、および、プロジェクトの削除ができます。

  • 寄稿者: コードが CodeCommit に保存されている場合に、JIRA タイルなどのダッシュボードリソースの追加および削除、プロジェクトリポジトリへのコードの投稿、およびダッシュボードの十分な操作ができます。チームメンバーの追加または削除、リソースへのリモートアクセスの許可または拒否、および、プロジェクトの削除はできません。これは、ほとんどのチームメンバーに対して選択すべきロールです。

  • 閲覧者: コードが CodeCommit に保存されている場合に、プロジェクトダッシュボード、コードの表示、およびダッシュボードタイルへのプロジェクトとリソースの状態の表示ができます。

重要

プロジェクトで AWS 以外のリソース (例: GitHub リポジトリ、または Atlassian JIRA の課題) が使用されている場合、それらのリソースへのアクセスは AWS CodeStar ではなくリソースプロバイダーによって管理されます。詳細については、リソースプロバイダのドキュメントを参照してください。

AWS CodeStar プロジェクトにアクセスできるユーザーは、AWS CodeStar コンソールを使用して AWS 以外のリソースにアクセスできますが、そのプロジェクトに関連しています。

AWS CodeStar では、プロジェクトチームのメンバーが、プロジェクトの関連する AWS Cloud9 開発環境に参加することは自動で許可されません。チームメンバーによる共有環境への参加を許可するには、「AWS Cloud9 環境をプロジェクトチームメンバーと共有する」を参照してください。

IAM ポリシーは、各プロジェクトロールに関連付けられています。このポリシーは、リソースを反映してプロジェクト用にカスタマイズされています。これらのポリシーの詳細については、AWSCodeStarアイデンティティベースのポリシーの例 を参照してください。

以下の図は、各ロールと AWS CodeStar プロジェクトの関係を示しています。


            AWS CodeStar ロールおよびプロジェクトやリソースへのアクセス