AWS CodeStar で AWS Cloud9 を使用する - AWS CodeStar

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CodeStar で AWS Cloud9 を使用する

AWS Cloud9 を使用してコード変更を行い、AWS CodeStar プロジェクトでソフトウェアを開発することができます。AWS Cloud9 は、ウェブブラウザからアクセスできるオンライン IDE です。この IDE では、リッチなコード編集エクスペリエンスを実現しており、複数のプログラミング言語、ランタイムデバッガ、組み込みターミナルがサポートされています。Amazon EC2 インスタンスは、バックグラウンドで AWS Cloud9 開発環境をホストしています。この環境では、AWS Cloud9 IDE を提供し、AWS CodeStar プロジェクトコードファイルにアクセスすることができます。詳細については、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」を参照してください。

AWS CodeStar コンソール、または AWS Cloud9 コンソールを使用して、CodeCommit に コードを保存するプロジェクトの AWS Cloud9 開発環境を作成することができます。GitHub にコードを保存する AWS CodeStar プロジェクトでは、AWS Cloud9 コンソールのみ使用することができます。このトピックでは、両方のコンソールの使用方法について説明します。

AWS Cloud9 を使用するには、以下が必要です:

  • チームメンバーとして AWS CodeStar プロジェクトに追加された IAM ユーザー。

  • IAM ユーザーの AWS 認証情報 (AWS CodeStar プロジェクトで CodeCommit にソースコードを保存している場合)。

プロジェクトの AWS Cloud9 環境を作成する

次のステップに従い、AWS CodeStar プロジェクトの AWS Cloud9 開発環境を作成します。

  1. 新しいプロジェクトを作成する場合、プロジェクトの作成 の手順を行います。

  2. AWS CodeStar コンソールで、プロジェクトを開きます。ナビゲーションバーで、[IDE] を選択します。[Create environment] (環境の作成) を選択し、次のステップを実行します。

    重要

    プロジェクトが、AWS Cloud9 がサポート対象外の AWS リージョンにある場合は、ナビゲーションバーの [IDE] タブに AWS Cloud9 オプションは表示されません。ただし、開発環境を作成するために AWS Cloud9 コンソールを使用して、新しい環境を開いてから、プロジェクトの AWS CodeCommit リポジトリに接続することができます。次の手順をスキップして、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」「環境を作成する」「環境を開く」「AWS CodeCommit サンプル」を参照してください。サポートされている AWS リージョンの一覧については、「Amazon Web Services 全般のリファレンス」 「AWS Cloud9」を参照してください。

On作成AWS Cloud9環境[プロジェクトのデフォルトをカスタマイズします。

  1. 環境をホストするように Amazon EC2 インスタンスのデフォルトのタイプを変更するには、[Instance type] (インスタンスタイプ)で、インスタンスタイプを選択します。

  2. AWS Cloud9 は、インスタンスと通信するための AWS アカウント で、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用しています。AWS アカウント内の Amazon VPC の設定方法によって、次のいずれかの操作を実行します。

    アカウントに VPC があり、その VPC に 1 つ以上のサブネットがある AWS Cloud9 が使用する VPC が、アカウントのデフォルト VPC である VPC のサブネットが 1 つのみである 操作
    いいえ

    VPC が存在しない場合は、作成してください。[Network settings] (ネットワーク設定) を展開します。[Network(VPC)] (ネットワーク (VPC)) で、[Create VPC] (VPC の作成) を選択し、そのページの手順に従います。詳細については、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」「AWS Cloud9 用のAmazon VPC の作成」を参照してください。

    VPC が存在するがサブネットがない場合は、作成します。[Network settings] (ネットワーク設定) を展開します。[Network (VPC)] (ネットワーク (VPC)) で、[Create subnet] (サブネットの作成) を選択し、手順に従います。詳細については、AWS Cloud9 ユーザーガイド「AWS Cloud9 用のサブネットの作成」 を参照してください。

    はい はい はい

    この手順のステップ 4 に進みます。(AWS Cloud9 ではデフォルト VPC とその単一のサブネットを使用。)

    はい はい いいえ

    [Subnet] (サブネット) で、AWS Cloud9 で使用する、事前に選択されたデフォルト VPC のサブネットを選択します。

    はい いいえ はい/いいえ

    [Network (VPC)] (ネットワーク (VPC))で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。[Subnet] (サブネット) で、その VPC において AWS Cloud9 が使用するサブネットを選択します。

    詳細については、「AWS Cloud9ユーザーガイド」の AWS Cloud9 開発環境用 Amazon VPC の設定 を参照してください。。

  3. [Environment name] (環境名) を入力し、オプションで [Environment description] (環境の説明) を追加します。

    注記

    環境名はユーザーごとに一意である必要があります。

  4. AWS Cloud9 が使用されていないときに環境をシャットダウンするデフォルトの時間を変更するには、[Cost-saving settings] (コスト削減設定) を展開して設定を変更します。

  5. [Create environment] (環境の作成) を選択します。

環境を開くには、「プロジェクトの AWS Cloud9 環境を開く」を参照してください。

以下のステップに従い、プロジェクトの環境を 2 つ以上作成します。例えば、ある環境を使用してコードの一部を処理し、別の環境を使用して異なる設定でコードの同じ部分を処理することができます。

プロジェクトの AWS Cloud9 環境を開く

次のステップに従い、AWS CodeStar プロジェクトで作成した AWS Cloud9 開発環境を開きます。

  1. AWS CodeStar コンソールでプロジェクトを開き、ナビゲーションバーで、[IDE] を選択します。

    重要

    プロジェクトのソースコードが GitHub に保存されている場合は、ナビゲーションバーに [IDE] は表示されません。ただし、AWS Cloud9 コンソールを使用して、既存の環境を開くことができます。この手順の残りの手順をスキップして、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」「環境を開く」 およびAWS Cloud9 での GitHub の使用 を参照してください。

  2. [AWS Cloud9 環境] または [共有された AWS Cloud9 環境] で、開く環境の [IDE を開く] を選択します。

AWS Cloud9 IDE を使用して、プロジェクトの AWS CodeCommit リポジトリでコードの操作をすぐにスタートすることができます。詳細については、「AWS Cloud9ユーザーガイド」環境ウィンドウ」「エディター、タブ、ペイン」、および「ターミナル」「AWS CodeCommit ユーザーガイド」「基本的な Git コマンド」 を参照してください。

AWS Cloud9 環境をプロジェクトチームメンバーと共有する

AWS CodeStar プロジェクトの AWS Cloud9 開発環境を作成したら、AWS アカウント間で他のユーザー (例: プロジェクトチームメンバー) を招待して、同じ環境にアクセスすることができます。これは、2 人のプログラマーが交互にコーディングし、画面共有しながら同じコードに関するアドバイスを行うか、同じワークステーションに座ってペアプログラミングを行う場合に特に便利です。環境メンバーは、共有された AWS Cloud9 IDE を使用して、コードエディタでハイライトされた各メンバーのコードの変更を確認し、コーディング中に他のメンバーとテキストチャットすることができます。

プロジェクトにチームメンバーを追加しても、プロジェクトの関連する AWS Cloud9 開発環境へのそのメンバーの参加は自動的に許可されません。プロジェクトの環境にアクセスできるようにプロジェクトのチームメンバーを招待するには、適切な環境のメンバーアクセスロールを確認し、AWS 管理ポリシーをユーザーに適用して、ユーザーを環境に招待する必要があります。詳細については、「AWS Cloud9ユーザーガイド」「環境メンバーのアクセスロールについて」 および 「環境に IAM ユーザーを招待する」 を参照してください。

プロジェクトの環境にアクセスできるようにプロジェクトチームメンバーを招待すると、AWS CodeStar コンソールにそのチームメンバーへの環境が表示されます。環境はプロジェクトの AWS CodeStar コンソールの [IDE] タブの [Shared environments] (共有環境) リストに表示されます。このリストを表示するには、チームメンバーがコンソールでプロジェクトを開き、ナビゲーションバーの [IDE] を選択します。

重要

プロジェクトのソースコードが GitHub に保存されている場合は、ナビゲーションバーに [IDE] は表示されません。ただし、AWS Cloud9 コンソールを使用して、プロジェクトチームメンバーを含む、AWS アカウント間で他のユーザーを招待して環境にアクセスすることができます。これを行うには、このガイドの「AWS Cloud9 での GitHub の使用」と AWS Cloud9 ユーザーガイド「環境メンバーのアクセスロールについて」 および「環境に IAM ユーザーを招待する」 を参照してください。

また、環境にアクセスできるように、プロジェクトチームメンバーではないユーザーを招待することもできます。例えば、ユーザーはプロジェクトのコードを操作するが、プロジェクトの他の部分へアクセスできないようにすることができます。このタイプのユーザーを招待するには、AWS Cloud9ユーザーガイド「環境メンバーのアクセスロールについて」 および 「環境にIAM ユーザーを招待する」 を参照してください。プロジェクトの環境にアクセスできるようにプロジェクトチームメンバーではないユーザーを招待すると、そのユーザーは、AWS Cloud9 コンソールを使用して、環境にアクセスすることができます。詳細については、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」「環境を開く」 を参照してください。

プロジェクトから AWS Cloud9 環境を削除する

プロジェクトとそのすべての AWS リソースを AWS CodeStar から削除すると、 AWS CodeStar コンソールで作成された関連するすべての AWS Cloud9 開発環境も削除され、復元もできません。開発環境は、プロジェクトを削除する必要なく、プロジェクトから削除することができます。

  1. AWS CodeStar コンソールでプロジェクトを開き、ナビゲーションバーで、[IDE] を選択します。

    重要

    プロジェクトのソースコードが GitHub に保存されている場合は、ナビゲーションバーに [IDE] は表示されません。ただし、AWS Cloud9 コンソールを使用して開発環境を削除することができます。この手順の残りの手順をスキップして、「AWS Cloud9ユーザーガイド」「環境を削除する」 を参照してください。

  2. [Cloud9 environments] (Cloud9 環境) で削除する環境を選択し、[Delete] (削除) を選択します。

  3. 開発環境の削除を確認するため delete を入力し、[Delete] (削除) を選択します。

    警告

    削除した開発環境を復元することはできません。この環境でコミットされていないコードの変更はすべて、失われます。

AWS Cloud9 での GitHub の使用

GitHub にソースコードが保存されている AWS CodeStar プロジェクトの場合、 AWS CodeStar コンソールは AWS Cloud9 開発環境での直接操作をサポートしていません。ただし、AWS Cloud9 コンソールを使用して、GitHub リポジトリのソースコードを操作できます。

  1. AWS Cloud9 コンソールを使用して、AWS Cloud9 開発環境を作成します。詳細については、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」「環境の作成」 を参照してください。

  2. AWS Cloud9 コンソールを使用して、開発環境を開きます。詳細については、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」「環境を開く」 を参照してください。

  3. IDE で、ターミナルセッションを使用して GitHub リポジトリに接続します (クローニングと呼ばれるプロセス)。ターミナルセッションが実行されていない場合は、IDE のメニューバーで [Window, New Terminal](ウインドウ、新しいターミナル) を選択します。GitHub リポジトリのクローン作成に使用するコマンドについては、GitHub のヘルプウェブサイトの [Cloning a Repository] (リポジトリのクローン作成) を参照してください。

    GitHub リポジトリのメインページに移動するには、AWS CodeStar コンソールでプロジェクトを開き、サイドナビゲーションバーで [Code] (コード) を選択します。

  4. IDE の [Environment] (環境) ウィンドウとエディタタブを使用して、コードを表示、変更、保存します。詳細については、「AWS Cloud9ユーザーガイド」「環境」ウィンドウ および エディター、タブ、ペイン を参照してください。

  5. IDE のターミナルセッションの Git を使用して、コードの変更をリポジトリにプッシュし、リポジトリの他のコードの変更を定期的にリポジトリからプルできます。詳細については、GitHub ヘルプウェブサイトの [Pushing to a Remote Repository] (リモートリポジトリへのプッシュ) および [Fetching a Remote Repository] (リモートリポジトリの取得) を参照してください。Git コマンドについては、GitHub のヘルプウェブサイトの 「Git Cheatsheet」 を参照してください。

    注記

    リポジトリからコードをプッシュまたはプルするたびに GitHub のユーザー名とパスワードの入力を求めるように Git に指示する場合は、[Credential helper] (認証情報ヘルパー) を使用できます。詳細については、GitHub Help ウェブサイトの [Caching Your GitHub Password in Git] (Git に GitHub パスワードをキャッシュする) を参照してください。

その他のリソース

AWS Cloud9 の使用に関する詳細は、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」の以下を参照してください: