ユーザープールの開始方法 - Amazon Cognito

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ユーザープールの開始方法

このセクションのガイドを使用して、最初のユーザープールリソースを作成できます。 step-by-step チュートリアルでは、React JavaScript デベロッパー環境の基本的なウェブアプリケーションから始めます。そこから、ホストされたユーザーインターフェイス (ホストされた UI) や、外部のソーシャルプロバイダーまたは SAML 2.0 ID プロバイダーとのフェデレーションサインイン () などの機能を引き続き追加できますIdPs。

機能セットを拡張し、Amazon Cognito のより多くのコンポーネントを組み込むときは、「Amazon Cognito ユーザープール」の章を読んで、ユーザープールでできることの詳細を確認してください。

このセクションのユーザープールとアプリケーションの例は、アプリケーションリソースと Amazon Cognito ユーザープールの基本的な統合を示しています。後で、使用可能なオプションをさらに使用できるようにユーザープールを調整できます。その後、アプリケーションを更新して新しい APIsし、ホストされた UI と とやり取りできます IdPs。

このセクションのチュートリアルでは、カスタム UI と AWS SDK による API ベースの認証を使用してアプリケーションを作成します。この方法で構築するアプリケーションは、ローカルユーザーの認証に最適です。事前構築された UI、一部のユーザープール機能の自動処理、フェデレーティッドユーザーの認証を使用してアプリケーションを開始するには、「」に進みますホストされた UI でアプリクライアントを追加する