サポートされるリソースと要件 - AWS Compute Optimizer

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サポートされるリソースと要件

AWS Compute Optimizer以下のリソースに関する推奨事項を生成します。

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス

  • Amazon EC2 Auto Scaling グループ

  • Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリューム

  • AWS Lambda 関数

  • の Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) サービス AWS Fargate

  • 商用ソフトウェアライセンス

推奨を受けるには、リソースが次の Amazon CloudWatch (CloudWatch) メトリックスとリソース固有の要件を満たしている必要があります。

CloudWatch メトリックス要件

Compute Optimizer では、 CloudWatch レコメンデーションを生成するためのメトリクスデータ要件がリソースタイプごとに異なります。 CloudWatch 各リソースタイプのメトリックデータ要件は以下のとおりです。

  • Amazon EC2 インスタンスには、過去 14 日間に少なくとも 30 時間のメトリックスデータが必要です。拡張インフラストラクチャメトリクス機能を有効にした場合、EC2 インスタンスは過去 93 日間に少なくとも 30 時間のメトリックスデータを必要とします。詳細については、「拡張インフラストラクチャメトリクス」を参照してください。

  • Auto Scaling グループには連続して 30 時間以上のメトリクスデータが必要です。

  • Amazon EBS ボリュームには連続して 30 時間以上のメトリックスデータが必要です。

  • Fargate の Amazon ECS サービスには、少なくとも 24 時間分のメトリックスデータが必要です。

  • Lambda CloudWatch 関数はメトリクスデータを必要としません

  • 商用ソフトウェアライセンスでは連続して 30 時間以上のメトリクスデータが必要です。

リソースに十分なメトリクスデータがない場合は、Compute Optimizer コンソールにレコメンデーションが表示され始めるまでにはもう少し時間がかかります。Compute Optimizer が分析するメトリクスの詳細については、を参照してください。AWS Compute Optimizer で分析されたメトリクス

リソースには十分なメトリクスデータがあるのに、推奨事項が表示されないとします。これはおそらく、Compute Optimizer がまだリソースを分析中であることを意味します。分析が完了するまでに最大 24 時間かかることがあります。分析が完了すると、Compute Optimizer コンソールにリソースの推奨事項が表示されます。

Amazon EC2 インスタンスの要件

Compute Optimizer は、いくつかのインスタンスタイプについてレコメンデーションを生成します。サポートされているタイプに加えて、サポートされていないインスタンスタイプも実行できます。ただし、Compute Optimizer はサポートされているインスタンスのレコメンデーションのみを生成します。Compute Optimizer AWS リージョン が利用できるすべてのインスタンスタイプで使用できるわけではありません。これらのインスタンスタイプごとにサポートされているリージョンを判断するには、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Amazon EC2 インスタンスタイプを検索する」を参照してください。

注記

Compute Optimizer はスポットインスタンスのレコメンデーションを生成しません。

以下のリストは、Compute Optimizer がどのインスタンスタイプをサポートしているかを示しています。

  • C1

  • C3

  • C4

  • C5

  • C5a

  • C5ad

  • C5d

  • C5n

  • C6a

  • C6g

  • C6gd

  • C6gn

  • C6i

  • C6in

  • C7g

  • C7gd

  • C7gn

  • D2

  • D3

  • D3en

  • G4dn

  • H1

  • Hpc6a

  • Hpc6id

  • Hpc7g

  • I2

  • I3

  • I3en

  • I4g

  • I4i

  • Im4gn

  • Is4gen

  • M1

  • M2

  • M3

  • M4

  • M5

  • M5a

  • M5ad

  • M5d

  • M5dn

  • M5n

  • M5zn

  • M6a

  • M6g

  • M6gd

  • M6i

  • M6idn

  • M6in

  • M7a

  • M7g

  • M7gd

  • M7i

  • M7i-flex

  • P3

  • R3

  • R4

  • R5

  • R5a

  • R5ad

  • R5b

  • R5d

  • R5dn

  • R5n

  • R6a

  • R6g

  • R6gd

  • R6i

  • R6id

  • R6idn

  • R6in

  • R7g

  • R7gd

  • T1

  • T2

  • T3

  • T3a

  • T4g

  • X1

  • X1e

  • X2gd

  • X2iezn

  • z1d

注記

EC2 インスタンスがリストにない場合、そのインスタンスはCompute Optimizer ではサポートされていません。

Auto Scaling グループの要件

Compute Optimizer は、サポートされているインスタンスタイプを実行する Auto Scaling グループの推奨事項を生成します。Amazon EC2 インスタンスの要件サポートされているインスタンスタイプは前のセクションに記載されています。

さらに、Auto Scaling グループは次の要件を満たしている必要があります。

  • 1 つのインスタンスタイプのみを実行する (複数のインスタンスタイプは実行しない)。

  • 必要容量、最小容量、最大容量の値はすべて同じです(たとえば、インスタンス数が固定されている Auto Scaling グループ)。

  • スケーリングポリシーはアタッチされていません。

  • オーバーライドは設定されていません。

Compute Optimizer は、これらの構成要件のすべてを満たす Auto Scaling グループのインスタンス推奨事項を生成します。

Amazon EBS ボリューム要件

Compute Optimizer は、インスタンスにアタッチされている次の EBS ボリュームタイプに関する推奨事項を生成します。

  • HDD と st1 sc1

  • 汎用 SSD gp2gp3

  • プロビジョンド IOPS SSD io1、、および io2 io2 Block Express

Compute Optimizer は、データを前世代の HDD マグネティックボリュームから移行するための推奨事項も生成します。詳細については、「Amazon EBS 旧世代ボリューム」を参照してください。

データは、 CloudWatch ボリュームがインスタンスにアタッチされている場合にのみ報告されます。ボリュームは 30 時間以上連続してインスタンスにアタッチされている必要があります。

Lambda 関数の要件

Compute Optimizer は、以下の要件を満たす Lambda 関数に対してのみ推奨メモリサイズを生成します。

  • 設定されているメモリは 1,792 MB 以下です。

  • 関数は過去 14 日間に少なくとも 50 回呼び出されました。

これらの要件を満たさない関数には、「使用不可」という結果が返されます。「結論なし」の理由コードは、 1,792 MB を超えるメモリを設定した関数に適用されます。過去 14 日間に呼び出された回数が 50 回未満の関数には、不十分なデータが適用されます

使用不可」という結果になった関数は Compute Optimizer コンソールに表示されず、推奨も表示されません。

Fargate での Amazon ECS サービスの要件

Fargate で Amazon ECS サービスのレコメンデーションを生成するには、Compute Optimizer には以下が必要です。

  • サービスのメトリックスが 24 CloudWatch 時間以上あり、過去 14 日間の Amazon ECS 使用率メトリックスがあります。

  • ステップスケーリングポリシーは添付されていません。

  • CPU とメモリにはターゲットスケーリングポリシーがアタッチされていません。

    注記

    ターゲットトラッキングポリシーがサービスの CPU にのみアタッチされている場合、Compute Optimizer は推奨メモリサイズのみを生成します。または、ターゲットトラッキングポリシーがサービスのメモリのみにアタッチされている場合、Compute Optimizer は CPU サイズの推奨値のみを生成します。

  • SteadyStateMoreWorkサービスの実行ステータスはまたはです。

分析されたメトリクスの詳細については、を参照してくださいFargate での Amazon ECS サービスのメトリックス

商用ソフトウェアライセンス要件

注記

Compute Optimizer は Amazon EC2 上の Microsoft SQL Server のライセンス推奨のみを生成します。

Compute Optimizer が商用ソフトウェアライセンスの推奨を生成するには、以下が必要です。

分析されたメトリクスの詳細については、を参照してください商用ソフトウェアライセンスのメトリックス