サポートされるリソースと要件 - AWS Compute Optimizer

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サポートされるリソースと要件

AWS Compute Optimizerは、次のリソースに関するレコメンデーションを生成します。

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス

  • Amazon EC2 Auto Scaling グループ

  • Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリューム

  • AWS Lambda 関数

レコメンデーションを受け取るには、リソースが次の Amazon を満たしている必要があります。 CloudWatch (CloudWatch) メトリックスとリソース固有の要件。

CloudWatch メトリクスの要件

Compute Optimizer でレコメンデーションを生成するには、30 以上が必要です。連続時間 CloudWatch リソースからのメトリックデータ。

リソースに十分なメトリクスデータがない場合は、Compute Optimizer コンソールでレコメンデーションが表示されるまで時間をかけてください。次のメトリクスの詳細については、 CloudWatch 分析する、「」AWS Compute Optimizer で分析されたメトリクス

注記

Lambda 関数は、30 時間の連続したメトリクスデータを必要としません。詳細については、「Lambda 関数の要件」を参照してください。

リソースに十分な指標データがあるが、レコメンデーションが表示されていないとします。これはおそらく、Compute Optimizer が引き続きリソースを分析していることを意味します。解析を完了するには、最大 12 時間かかることがあります。解析が完了すると、Compute Optimizer コンソールにリソースのレコメンデーションが表示されます。

Amazon EC2 インスタンスの要件

Compute Optimizer は、いくつかのインスタンスタイプに関するレコメンデーション サポートされているタイプに加えて、サポートされていないインスタンスタイプを実行できます。ただし、Compute Optimizer は、サポートされているインスタンスのレコメンデーションのみを生成します。すべてのインスタンスタイプがすべてので使用できるわけではありません。AWS リージョンCompute Optimizer がで利用可能であること。これらのインスタンスタイプごとにサポートされているリージョンを判断するには、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Amazon EC2 インスタンスタイプを検索する」を参照してください。

注記

Compute Optimizer は、スポットインスタンスに関する推奨事項を生成しません。

次の表に、Compute Optimizer がサポートするインスタンスタイプを示します。

インスタンスタイプ Compute Optimizer によってサポートされている?
A1 なし
C1 はい
C3 はい
C4 はい
C5 はい
C5a はい
C5ad はい
C5d はい
C5n はい
C6a はい
C6g はい
C6gd はい
C6gn はい
C6i はい
D2 はい
D3 はい
D3en はい
DL1 なし
F1 なし
G2 なし
G3 なし
G4ad なし
G4dn なし
G5 なし
G5g なし
H1 はい
ハイメモリ (u-*) なし
Hpc6a なし
I2 はい
I3 はい
I3en はい
Im4gn はい
Inf1 なし
Is4gen はい
M1 はい
M2 はい
M3 はい
M4 はい
M5 はい
M5a はい
M5ad はい
M5d はい
M5dn はい
M5n はい
M5zn はい
M6a はい
M6g はい
M6gd はい
M6i はい
Mac1 なし
P2 なし
P3 なし
P3dn なし
P4d なし
R3 はい
R4 はい
R5 はい
R5a はい
R5ad はい
R5b はい
R5d はい
R5dn はい
R5n はい
R6g はい
R6gd はい
R6i はい
T1 はい
T2 はい
T3 はい
T3a はい
T4g はい
VT1 なし
X1 はい
X1e はい
X2gd はい
X2idn なし
X2iedn なし
X2iezn なし
z1d はい

Auto Scaling グループの要件

Compute Optimizer は、サポートされているインスタンスタイプを実行する Auto Scaling グループのレコメンデーションを生成します。サポートされているインスタンスタイプは、前述のとおりです。Amazon EC2 インスタンスの要件セクションに追加します。

さらに、Auto Scaling グループは、次の要件を満たしている必要があります。

  • 1 つのインスタンスタイプのみを実行します (混合インスタンスタイプはありません)。

  • 希望する容量、最小容量、最大容量はすべて同じです (たとえば、固定数のインスタンスを持つ Auto Scaling グループ)。

  • スケーリングポリシーがアタッチされていません。

  • オーバーライドは設定されていません。

Compute Optimizer は、これらの構成要件のすべてを満たす Auto Scaling グループのインスタンス推奨事項を生成します。

Amazon EBS ボリューム要件

Compute Optimizer は汎用 SSD (gp2そしてgp3) とプロビジョンド IOPS SSD (io1そしてio2) インスタンスにアタッチされた EBS ボリュームタイプ。Compute Optimizer は汎用 SSD からレコメンデーションも生成します (gp2) ボリュームを汎用 SSD (gp3) 前述したボリュームタイプのボリューム。

データはにのみ報告されます CloudWatch ボリュームがインスタンスにアタッチされているとき。ボリュームは、少なくとも 30 時間連続してインスタンスにアタッチする必要があります。これは、このガイドで前述したメトリクスデータの要件を満たすためのものです。

Lambda 関数の要件

Compute Optimizer は、次の要件を満たす Lambda 関数に対してのみ、推奨メモリサイズを生成します。

  • 構成されたメモリが 1,792 MB 以下

  • 関数は、過去 14 日間で少なくとも 50 回呼び出されます

これらの要件を満たさない関数には、使用不可。理由コードInconclusive (決定的でない)1,792 MB を超えるメモリを構成している機能に適用されます。不十分なデータ過去 14 日間に 50 回未満で呼び出された関数に適用されます。

発見のある関数使用不可Compute Optimizer コンソールに表示されず、レコメンデーションを受信しません。