Amazon EBS ボリュームに関するレコメンデーションの表示 - AWS Compute Optimizer

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EBS ボリュームに関するレコメンデーションの表示

AWS Compute Optimizer は、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームのボリュームタイプ、ボリュームサイズ、IOPS、スループットレコメンデーションを生成します。EBS ボリュームのレコメンデーションは、AWS Compute Optimizer コンソールの次のページに表示されます。

  • [EBS ボリュームのレコメンデーション ページには、現在のボリューム、結果の分類、現在のボリュームタイプ、および現在の時間あたりの料金が一覧表示されます。Compute Optimizer の最上位レコメンデーションは、各ボリュームの横に表示され、これには推奨されるボリュームタイプ、推奨されるボリュームサイズ、推奨される IOPS、レコメンデーションの月額、現在のボリュームとレコメンデーションとの価格差が含まれます。レコメンデーションページを使用して、現在のボリュームと最上位のレコメンデーションとを比較します。これにより、ボリュームをアップサイズまたはダウンサイズする必要があるかどうかを判断できます。

  • EBS ボリュームのレコメンデーションページからアクセスできる[EBS ボリュームの詳細] ページには、特定のボリュームに関する最適化のレコメンデーションが最大 3 つ表示されます。各レコメンデーションの仕様、パフォーマンスリスク、月額料金が一覧表示されます。詳細ページには、現在のボリュームの使用率メトリクスグラフも表示されます。

レコメンデーションは毎日更新されます。これらは、過去 14 日間の仕様および現在のボリュームの使用率メトリクスを分析して生成されます。詳細については、「で分析されたメトリクス AWS Compute Optimizer」を参照してください。

Compute Optimizer は、特定の要件を満たすEBS ボリュームのレコメンデーションを生成します。レコメンデーションの生成には最大 24 時間かかる場合があり、十分なメトリクスデータを蓄積する必要があることに注意してください。詳細については、「サポートされるリソースと要件」を参照してください。

結果の分類

[EBS ボリュームに関するレコメンデーション] ページの [結果] 列には、分析期間中に各ボリュームがどのように実行されたかの概要が表示されます。

EBS ボリュームには、次の結果の分類が適用されます。

分類 説明

最適化されていない

Compute Optimizer が、ワークロードのパフォーマンスとコストを改善できるボリュームタイプ、ボリュームサイズ、または IOPS の仕様を特定した場合、EBS ボリュームは最適化されていないと見なされます。

最適化

Compute Optimizer が、選択したボリュームタイプ、ボリュームサイズ、IOPS の仕様に基づき、ワークロードを実行するボリュームが正しくプロビジョニングされていると判断した場合、EBS ボリュームは最適化されていると見なされます。最適化されたリソースに、Compute Optimizer が新世代のボリュームタイプを推奨することがあります。

推定される月々のコスト削減とコスト削減の機会

推定月間節約額 (割引後)

この列には、EBS のボリュームを現在の仕様から特定の割引で推奨される仕様に移行することで削減できる、月々のコスト削減の概算が表示されます。特定の割引を含む推奨事項を受け取るには、節約額見積もりモード設定を有効にする必要があります。詳細については、「節約額見積もりモード」を参照してください。

注記

節約額見積もりモード設定を有効にしないと、この列にはデフォルトのオンデマンド料金割引情報が表示されます。

推定月間節約額 (オンデマンド)

この列には、EBS のボリュームを現在の仕様から推奨される仕様に移行することで削減できる、月々のコスト削減の概算が表示されます。

節約の機会 (%)

この列には、現在の EBS ボリュームの仕様に対する料金と推奨されるボリュームの仕様に対する料金との差が比率で表示されます。節約額見積もりモードが有効になっている場合は、Compute Optimizer によって特定の割引が分析され、節約の機会の割合が生成されます。節約額見積モードが有効になっていない場合は、Compute Optimizer によってオンデマンド料金の情報のみが使用されます。詳細については、「節約額見積もりモード」を参照してください。

重要

AWS Cost Explorer で Cost Optimization Hub を有効にすると、Compute Optimizer では特定の料金割引を含む Cost Optimization Hub データを使用して推奨事項を生成します。Cost Optimization Hub が有効になっていない場合、Compute Optimizer では Cost Explorer のデータとオンデマンド料金の情報を使用して推奨事項を生成します。詳細については、「AWS Cost Management ユーザガイド」の「Cost Explorerを有効にする」と「Cost Optimization Hub」を参照してください。

月間削減額の見積りの計算

推奨されるボリュームの仕様を使って、レコメンデーションごとに新しい EBS ボリュームの運用コストを計算します。月間削減額の見積りは、現在のボリュームの稼働時間数と、現在のボリュームの仕様と推奨されるボリュームの仕様のレートの差に基づいて計算されます。Compute Optimizer ダッシュボードに表示される EBS ボリュームの月間削減額の見積りは、結果の分類が 最適化されていない であるアカウント内のすべての EBS ボリュームの推定月額削減額の合計です。

パフォーマンスリスク

[EBS ボリュームの詳細] ページの [パフォーマンスリスク] 列は、各 EBS ボリュームのレコメンデーションがワークロードのリソースニーズを満たさない可能性を定義します。Compute Optimizer は、ボリュームタイプ、ボリュームサイズ、ベースライン IOPS、バースト IOPS、ベースラインスループット、バーストスループットなど、EBS ボリュームのレコメンデーションに対する仕様ごとに個別のパフォーマンスリスクスコアを計算します。EBS ボリュームのレコメンデーションに対するパフォーマンスリスクは、分析されたリソース仕様全体の最大パフォーマンスリスクスコアとして計算されます。

値の範囲は、非常に低い、低い、普通、高い、非常に高いです。パフォーマンスリスクが非常に低いということは、EBS ボリュームのレコメンデーションが常に十分な機能を提供すると予測されることを意味します。パフォーマンスリスクが高いほど、リソースを移行する前に、レコメンデーションがワークロードのパフォーマンス要件を満たしているかどうかを検証する必要があります。パフォーマンス向上のために最適化するか、コスト削減のために最適化するか、これら 2 つの組み合わせを最適化するかを決定します。詳細については、「Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「EBS ボリュームへの変更のリクエスト」を参照してください。

現在のパフォーマンスリスク

[EBS ボリュームの推奨] ページの[現在のパフォーマンスリスク] 列には、現在の EBS ボリュームがワークロードのリソースニーズを満たさない可能性を定義します。現在のパフォーマンスリスク値の範囲は、非常に低い、低い、普通、高いです。パフォーマンスリスクが非常に低いということは、現在のボリュームが常に十分な機能を提供すると予測されることを意味します。パフォーマンスリスクが高いほど、Compute Optimizer によって生成されたレコメンデーションを検討すべき可能性が高くなります。

使用率グラフ

EBS ボリュームの詳細ページには、現在のボリュームの使用率メトリクスグラフが表示されます。グラフには、分析期間のデータが表示されます。Compute Optimizer は、5 分ごとの最大使用率を使用して EBS ボリュームの推奨事項を生成します。

グラフを変更して、過去 24 時間、3 日、1 週間、または 2 週間のデータを表示できます。また、グラフの統計を平均と最大の間で変更することもできます。

詳細ページには、次の使用率グラフが表示されます。

グラフ名 説明

読み取りオペレーション (毎秒)

現在の EBS ボリュームが 1 秒間に完了した読み取りオペレーション。

Xen インスタンスでは、ボリュームに読み取りアクティビティがある場合にのみデータが報告されます。

書き込みオペレーション

現在の EBS ボリュームが 1 秒間に完了した書き込みオペレーション

Xen インスタンスでは、ボリュームに書き込みアクティビティがある場合にのみデータが報告されます。

読み込み帯域幅 (KiB/秒)

現在の EBS ボリュームからの 1 秒あたりの読み取りキビバイト (KiB)。

書き込み帯域幅 (KiB/秒)

現在の EBS ボリュームに対する 1 秒あたりの書き込みキビバイト (KiB)。

バースト残量 (%)

現在の EBS ボリュームの、バーストバケットに残っている I/O クレジットの割合。

このメトリクスは、 Compute Optimizer コンソールの汎用 SSD (gp2) ボリュームに表示されます。

EBS ボリュームレコメンデーションの表示

EBS ボリュームのレコメンデーションページにアクセスして、現在のボリュームに関するレコメンデーションを表示するには、次の手順に従います。

  1. https://console.aws.amazon.com/compute-optimizer/ で、Compute Optimizer コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインの [EBS ボリューム] を選択します。

    レコメンデーションページには、ボリュームの仕様と結果の分類、推奨されるリソースの仕様が表示されます。現在のボリュームは、選択したアカウント内で現在選択されている AWS リージョンのものです。

  3. レコメンデーションページでは、次のアクションを実行できます。

    • AWS リージョン、[結果]、または [検出結果の理由] でレコメンデーションを絞り込みます。そのためには、まず「1 つ以上のプロパティで絞り込む」テキストボックスを選択します。次に、表示されるドロップダウンリストからプロパティと値を選択します。

    • おすすめをタグで絞り込みます。これを行うには、「タグキー」または「タグ値」 テキストボックスを選択します。次に、EBS ボリュームレコメンデーションをフィルタリングするキーまたは値を入力します。

      例えば、キー Owner と値 TeamA のタグを持つすべてのレコメンデーションを検索するには、フィルター名に tag:Owner、フィルター値に TeamA を指定します。

    • 別のアカウントのボリュームに関する推奨事項を表示します。これを行うには、[アカウント] を選択してから、別のアカウント ID を選択します。

      注記

      組織の管理アカウントにサインインしており、Compute Optimizer による信頼されたアクセスが有効になっている場合は、他のアカウントのリソースのレコメンデーションを表示できます。詳細については、Compute Optimizer によってサポートされたアカウント および Compute Optimizer および AWS Organizations の信頼されたアクセス を参照してください。

    • 選択したフィルターのクリア そのためには、フィルターの横にある [フィルターをクリア] を選択します。

    • 特定のボリュームの EBS ボリューム詳細ページにアクセスします。これを行うには、目的のボリュームの横に表示された結果の分類をクリックします。

    準備ができたら、Amazon EBS Elastic ボリュームを使用してボリュームの設定を変更します。詳細については、「Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「Amazon EBS Elastic ボリューム」を参照してください。

EBS ボリュームの詳細の表示

EBS ボリュームの詳細ページにアクセスして特定のボリュームとそのレコメンデーションの詳細を表示するには、以下の手順に従います。

  1. https://console.aws.amazon.com/compute-optimizer/ で、Compute Optimizer コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインの [EBSボリューム] を選択します。

  3. 詳細情報を表示するボリュームの横にある [結果の分類] を選択します。

    詳細ページには、選択したボリュームに関する最適化レコメンデーションが 3 つまで表示されます。現在のボリュームの仕様、推奨されるボリュームの仕様とパフォーマンスリスク、および使用率メトリクスグラフが表示されます。

  4. 詳細ページでは、次のアクションを実行できます。

    • 現在のボリュームと推奨されるボリュームに対する使用率の比較を表示するには、レコメンデーションオプションを選択します。

      ページの下部に、現在のボリュームの使用率メトリクスグラフが表示されます。

    • グラフの時間範囲を変更するには、[時間範囲] を選択し、[過去 24 時間]、[過去 3 日間]、[過去 1 週間]、または [過去 2 週間] を選択します。

      短い時間範囲を選択すると、データポイントが高い細度で表示され、詳細レベルが高くなります。

    • グラフの統計値を変更するには、[統計] を選択し、[平均] または [最大] を選択します。

      このオプションを使用すると、時間の経過に伴うワークロードの一般的なボリュームの使用率を測定できます。指定した期間中に観測された最大値を表示するには、選択を [最大] に変更します。これにより、時間の経過に伴うワークロードのピーク時のボリューム使用率を判断できます。

    準備ができたら、[Amazon EBS Elastic ボリューム] を使用してボリュームの設定を変更します。詳細については、「Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「Amazon EBS Elastic ボリューム」を参照してください。