AWS Config の使用開始 - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Config の使用開始

AWS にサインアップすると、アカウントから AWS のすべてのサービスにアクセスできます。料金が発生するのは、お客様が使用したサービスの分のみです。

AWS アカウントをお持ちでない場合は、次に説明する手順に従ってアカウントを作成してください。

AWS にサインアップしてアカウントを作成するには

  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力することが求められます。

AWS アカウントにサインアップすると、AWS Management Console、AWS CLI、または AWS SDK を使用して AWS Config を開始できます。迅速かつ効率的に作業を進めるには、コンソールを使用します。

AWS Config を設定すると、以下の操作を実施できます。

  • AWS Config で記録するリソースタイプを指定する。

  • 設定スナップショット (リクエストした場合) と設定履歴を受け取るように Amazon S3 バケットを設定する。

  • 設定ストリームの通知を送信するように Amazon SNS トピックを設定する。

  • 許可AWS ConfigAmazon S3 バケットと SNS トピックへのアクセス許可をに付与する。

  • 記録済みのリソースタイプのコンプライアンス情報を評価するために AWS Config で使用するルールを指定する。

AWS CLI の使用方法の詳細については、「AWS CLI による AWS Config のセットアップ」を参照してください。

AWS SDK の使用方法の詳細については、「AWS Config の AWS ソフトウェア開発キット」を参照してください。