リアルタイムメトリクスのタグベースのアクセスコントロール - Amazon Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

リアルタイムメトリクスのタグベースのアクセスコントロール

リソースタグとアクセスコントロールタグを使用して、リアルタイムメトリクスのユーザー、キュー、ルーティングプロファイルにきめ細かいアクセスを適用できます。例えば、[リアルタイムメトリクス] ページで特定のユーザー、キュー、およびルーティングプロファイルを表示するアクセス権を持つユーザーを制御することができます。

Amazon Connect 管理ウェブサイトまたは TagResource API を使用して、タグベースのアクセスコントロールを設定できます。

重要事項

  • Amazon Connect は、リアルタイムメトリクステーブルに一度に 100 個までのリソースを表示できます。例えば、エージェントテーブルでは一度に最大 100 人のエージェントを表示でき、キューテーブルには最大 100 個のキューを表示できるなどです。

  • タグ付けが有効になっていると、リアルタイムメトリクステーブルに表示されるエージェントが 100 人未満になることがよくあります。その理由は次のとおりです。

    • Amazon Connect は一度に最大 100 のエージェントを返すことができます。

    • タグ付けが有効になっている場合、Amazon Connect は適切なタグを持つ最初の 100 人のエージェントを選択し、その 100 人のグループの中でアクティブなエージェント ([対応可能] または [対応中]) のみを表示します。タグ付けされた 100 人のエージェントすべてがアクティブなわけではないため、テーブルに表示されるタグ付きエージェントは 100 人未満になる可能性が高くなります。

    • 例えば、タグ付けされたエージェントが 200 人いるとします。最初の 100 人のタグ付きエージェントのグループでは、50 人のみがオンラインです。Amazon Connect はタグ付けされた最初の 100 人のエージェントを選択しますが、表示されるのは現在アクティブなエージェント 50 人のみです。最初の 100 人のアクティブなエージェントを選択するわけではありません。

    • タグ付けが有効になっている場合に数百人のエージェントのステータスを表示する方法については、「リアルタイムメトリクスレポートで数百のエージェント、キュー、ルーティングプロファイルを表示する方法」を参照してください。

  • テーブルをフィルターおよびグループ化できるのは、プライマリリソース (エージェント、キュー、またはルーティングプロファイル) のみです。プライマリリソース以外でテーブルをフィルターしたりグループ化したりすることはできません。例えば、エージェントテーブルをキューではフィルターできず、ルーティングプロファイルテーブルをキューごとにグループ化することはできません。

  • [キューグラフの表示] を除くテーブル内では、ドリルダウンボタンは無効になっています。例えば、キューテーブルで [エージェントを表示] を選択することはできません。

  • ホームページのサービスレベルダッシュボードへのアクセスは無効になっています。

  • [Agent Queues] (エージェントキュー) を表示するためのアクセスは無効になっています。

  • [エージェントの準拠] テーブルはまだサポートされていません。

リアルタイムメトリクスのタグベースのアクセスコントロールを有効にする方法

  1. リソースタグをエージェント、キュー、ルーティングプロファイルなどに適用します。タグ付けをサポートするリソースの詳細なリストについては、「Amazon Connect のリソースにタグ付けする」を参照してください。

  2. アクセスコントロールタグを適用します。このステップでは、IAM ポリシーの条件要素でタグ情報を提供します。詳細については、「タグベースのアクセス制御」を参照してください。

    注記

    エージェントアクティビティ監査レポート用にタグベースのアクセスコントロールをユーザーに適用する前に、ユーザーリソースタグとアクセスコントロールタグを設定する必要があります。

  3. タグ付けを有効にしたリアルタイムメトリクスレポートを閲覧するユーザーに、必要なセキュリティプロファイルのアクセス許可を割り当てます。レポートにアクセスするためのアクセス許可と、リソースにアクセスするためのアクセス許可が必要です。詳細については、「必要なセキュリティプロファイルアクセス許可」を参照してください。

リアルタイムメトリクスレポートで数百のエージェント、キュー、ルーティングプロファイルを表示する方法

Amazon Connect は、リアルタイムメトリクスレポートに一度に最大 100 のリソースを表示します。特にエージェントについては、タグが適用されている場合、表示されるエージェントは 100 人未満になる可能性が非常に高くなります。タグが適用されている場合に数百のエージェント、キュー、ルーティングプロファイルのステータスを確認するには、次の回避策をお勧めします。

  1. 100 個のリソースのグループごとに 1 つのテーブルを追加します。例えば、エージェントが 500 人いるとします。5 つのエージェントテーブルを作成します。

  2. 各テーブルに対して、手動でフィルタリングして最大 100 個のリソースを追加します。例えば、最初のテーブルにエージェントを追加するには、以下の図に示すように、[エージェント] でフィルタリングしたうえで、テーブルに含める 100 人のエージェントを選択します。テーブル 2 に、100 人のエージェントからなる次のグループを追加し、以降も同様にします。

    テーブルフィルターページは、エージェント別にフィルタリングするように設定されています。
  3. これで、5 つのテーブルをまたいで 500 個すべてのリソースのデータを表示できます。タグをエージェントに適用している場合、すべてのエージェントが同時にアクティブになるわけではないため、各テーブルに表示されるエージェントは 100 人未満になる可能性があります。

タグベースのアクセスコントロールへの移行

タグベースのアクセスコントロールによりアクセスできなくなったユーザー、キュー、またはルーティングプロファイルがあるテーブルを含む保存済みレポートを開く場合、またはグループ化または非プライマリフィルターがテーブルに適用されている場合、それらのテーブルのデータは表示されません。

データを表示するには、次の手順のいずれかを実行します。

  • テーブルフィルターを編集して、アクセスできるエージェント、キュー、またはルーティングプロファイルを含めます。

  • アクセスできるリソースを含む新しいレポートを作成します。

  • グループ化と非プライマリフィルターをテーブルから削除します。

必要なセキュリティプロファイルアクセス許可

タグベースのアクセスコントロールが適用されたリアルタイムメトリクスレポートを表示するには、以下のアクセス許可を持つセキュリティプロファイルに割り当てられている必要があります。

メトリクスにアクセスするためのアクセス許可

以下の [分析と最適化] セキュリティプロファイルのアクセス許可のいずれかが必要です。

  • [メトリクスへのアクセス - アクセス]

  • 次の [セキュリティプロファイル] ページの [分析と最適化] セクションの画像に示すように、[リアルタイムメトリクス - アクセス]

[セキュリティプロファイル] ページの [リアルタイムメトリクス - アクセス] アクセス許可。

[メトリクスへのアクセス - アクセス] を有効にすると、[リアルタイムメトリクス][履歴メトリクス]、および [エージェントのアクティビティ監査] アクセス許可も自動的に付与されます。次の画像は、これらのアクセス許可がすべて付与されていることを示しています。

注記

ユーザーがこれらすべてのアクセス許可を持っている場合、タグベースのアクセスコントロールが現在適用されていない履歴メトリクスのすべてのデータを表示できます。

[セキュリティプロファイル] ページの [メトリクスへのアクセス - アクセス] アクセス許可。

リソースにアクセスするためのアクセス許可

次の画像は、ルーティングプロファイル、キュー、および Amazon Connect ユーザーアカウントを表示する権限をユーザーに付与するセキュリティプロファイルアクセス許可の例を示しています。[ルーティングプロファイル - 表示][キュー - 表示]、および [ユーザー - 表示] が選択されています。

[セキュリティプロファイル] ページの [ルーティング] セクションと [ユーザーとアクセス許可] セクション。

タグベースのアクセスコントロールが適用されたレポートの例

タグベースのアクセスコントロールを使用しない場合、次の画像に示すように、すべてのキュー、ルーティングプロファイル、およびエージェントが [リアルタイムメトリクス] ページに表示されます。

すべてのリソースを表示している [リアルタイムメトリクス] ページ。

タグベースのアクセスコントロールでは、次の画像に示すように、限られたセットのキュー、ルーティングプロファイル、およびエージェントが [リアルタイムメトリクス] ページに表示されます。

限られたセットのリソースを表示している [リアルタイムメトリクス] ページ。