CCP での問い合わせ属性の使用 - Amazon Connect

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

CCP での問い合わせ属性の使用

問い合わせ属性では、情報をキャプチャし、その情報を問い合わせコントロールパネル (CCP) でエージェントにスクリーン ポップで提示することもできます。顧客関係管理 (CRM) アプリケーションと統合されている CCP を使用するとき、問い合わせ属性を使用してエージェントエクスペリエンスをカスタマイズします。また、Amazon Connect Streams API または Amazon Connect API を使用して Amazon Connect をカスタムアプリケーションと統合するときにも使用します。CCPでは、顧客番号とダイヤル番号に加えて、 Amazon Connect ストリーム JavaScript ライブラリ。詳細については「Amazon Connect Streams API」、または「Amazon Connect API」を参照してください。

Amazon Connect Streams API を使用すると、contact.getAttributes() を呼び出すことでユーザー定義属性にアクセスすることができます。接続に getEndpoint() 呼び出し。

Lambda 関数から直接属性にアクセスするには、$.External.AttributeName を使用します。属性が [問い合わせ属性の設定] ブロックからユーザー定義属性に保存される場合、$.Attributes.AttributeName を使用します。

たとえば、 Amazon Connect インスタンスには、「Sample note for screenpop」という名前の問い合わせフローがあります。この問い合わせフローでは、 [問い合わせ属性の設定] ブロックは、テキスト文字列から属性を作成するために使用されます。テキストは、エージェントにメモを表示するために、属性として CCP に渡すことができます。