フローブロック: 問い合わせ属性の設定 - Amazon Connect

フローブロック: 問い合わせ属性の設定

説明

  • キーと値のペアを問い合わせ属性として保存します。

  • 問い合わせ属性には、問い合わせレコードなど Amazon Connect の他の領域からのアクセスが可能です。

    問い合わせ属性の使用方法の詳細については、「Amazon Connect で問い合わせ属性を使用する」を参照してください。

サポートされるチャネル

次の表に、このブロックでの、指定されたチャネルを使用している問い合わせのルーティング先を示します。

チャンネル サポート対象?

音声

はい

チャット

はい

タスク

はい

フロータイプ

このブロックは、次の問い合わせフロータイプで使用できます。

  • すべてのフロー

[Properties] (プロパティ)

設定のヒント

  • ユーザー定義の宛先キーを使用する場合は、任意の名前を付けることができますが、$ および . (ピリオド) 文字は使用できません。どちらも JSONPath の属性パスを定義するために使用されるため、使用できません。

  • Amazon Lex V2 ボットに必要な言語属性は、[Set contact attribute] (コンタクト属性の設定) ブロックを使用して設定することができます。(Amazon Connect の言語属性は、Amazon Lex V2 ボットの構築に使用した言語モデルと一致している必要があります。)

    あるいは、音声の設定 ブロックを使用して、Amazon Lex V2 ボットに必要な言語を設定することもできます。

設定されているブロック

このブロックが設定されると、次のイメージのようになります。

サンプルフロー

このブロックを使用するシナリオについては、次のサンプルフローを参照してください。

シナリオ

このブロックを使用するシナリオについては、次のトピックを参照してください。