毎月の粒度での複数年データ - AWS コスト管理

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

毎月の粒度での複数年データ

デフォルトの 14 か月の履歴データを使用して四半期レベルまたは月レベルでコスト分析を実行できますが、 year-over-year コストを評価したり、長期的なコスト傾向を特定したい場合は、Cost Explorer で複数年分のデータを有効にする必要があります。

組織全体について、毎月の粒度で最大 38 か月の複数年データを有効にできます。複数年にわたるデータを使用して、より長い期間にわたってコスト分析を実行することで、ビジネスやアプリケーションが成熟したとき、またはインフラストラクチャの最適化を実装した後のAWSコストの変化を追跡できます。

有効にすると、48 時間以内に複数年データが使用可能になります。Savings Plans と予約の使用率とカバレッジレポートはこのデータをサポートしていないため、このデータは Cost Explorer でのみ使用できることに注意してください。

Cost Explorer で複数年データを有効にするには、「」を参照してください複数年にわたる詳細なデータの設定

注記

3 か月連続して組織内の誰もアクセスしなかった場合は、組織の複数年分のデータが無効になります。ただし、データが必要な場合は、 コスト管理の設定で再度有効にすることができます。

複数年データは、Cost Explorer の請求対象コストでのみ使用できます。AWS Billing Conductor にオンボーディングしている場合、この機能は使用できません。