とは AWS Billing and Cost Management - AWS コスト管理

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

とは AWS Billing and Cost Management

AWS コスト管理ユーザーガイドへようこそ。

AWS Billing and Cost Management には、請求の設定、請求書の取得と支払い、コストの分析、整理、計画、最適化に役立つ一連の機能が用意されています。

使用を開始するには、要件に合った請求を設定します。個人または小規模な組織の場合、 AWS は提供されたクレジットカードに自動的に請求します。

大規模な組織では、 AWS Organizations を使用して、複数の にまたがる料金を統合できます AWS アカウント。その後、請求書、税金、発注書、支払い方法を組織の調達プロセスに合わせて設定できます。

コストカテゴリまたはコスト配分タグを使用するか、 AWS Cost Explorerを使用して、チーム、アプリケーション、または環境にコストを割り当てることができます。また、お好みのデータウェアハウスやビジネスインテリジェンスツールにデータをエクスポートすることもできます。

クラウドの予算管理に役立つ機能の概要について説明します。

の機能 AWS Billing and Cost Management

請求と支払い

毎月の料金の把握、請求書の表示と支払い、請求、請求書、税金、支払いの設定を管理できます。

  • [請求] ページ — 請求書のダウンロードや、詳細な月次請求データの確認により、請求額の計算方法を把握できます。

  • [発注書] — 組織独自の調達プロセスに準拠する発注書を作成および管理します。

  • [支払い] — 未払いまたは支払期日を過ぎた支払い残高と支払い履歴を把握できます。

  • 支払いプロファイル – さまざまな AWS のサービス プロバイダーや組織の一部に複数の支払い方法を設定します。

  • [クレジット] — クレジット残高を確認し、クレジットの適用先を選択します。

  • [請求設定] — 電子メールによる請求書の配信と、クレジット共有、アラート、割引共有の設定を有効にします。

コスト分析

コストを分析し、詳細なコストと使用状況データをエクスポートして、支出を予測します。

  • AWS Cost Explorer — コストと使用状況のデータを、ビジュアル、フィルタリング、グループ化で分析できます。コストを予測し、カスタムレポートを作成できます。

  • [データエクスポート] — Billing and Cost Management データセットからカスタムデータエクスポートを作成します。

  • コスト異常検出 — がコスト異常 AWS を検出して予期しないコストを削減すると、自動アラートが設定されます。

  • AWS 無料利用枠— 無料利用枠サービスの現在の使用状況と予測使用状況を監視して、予期しないコストが発生しないようにします。

  • [コスト配分データの分割] — 共有の Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) リソースの詳細なコストと使用状況データを有効にします。

  • [コスト管理設定] — メンバーアカウントが表示できるデータの管理、アカウントデータの粒度の変更、コスト最適化設定の構成を行います。

コストの整理

チーム、アプリケーション、エンドカスタマー全体のコストを整理できます。

  • [コストカテゴリ] — チーム、アプリケーション、または環境にコストをマッピングし、Cost Explorer とデータエクスポートでこれらのディメンションに沿ってコストを表示します。共有コストを配分する分割料金ルールを定義します。

  • [コスト配分タグ] — リソースタグを使用してコストを整理し、Cost Explorer とデータエクスポートでコスト配分タグごとに表示します。

予算編成と計画

計画されたワークロードのコストを見積もり、コストを追跡および管理するための予算を作成します。

[予算] — コストと使用量のカスタム予算を設定して組織全体のコストを管理します。また、コストが定義したしきい値を超えるとアラートを受信します。

コスト削減とコミットメント

リソースの使用量を最適化し、柔軟な価格設定モデルを使用して請求額を削減します。

  • AWS Cost Optimization Hub - 未使用リソースの削除、サイズの適正化、Savings Plans、予約など、カスタマイズされた推奨事項に基づいて節約の機会を特定します。

  • [Savings Plans] — 柔軟な価格設定モデルにより、オンデマンド料金に比べて請求額を削減できます。Savings Plans の在庫を管理し、購入推奨事項を確認して、Savings Plans の利用状況と補償範囲を分析します。

  • [予約] – Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)、Amazon Redshift、Amazon DynamoDB などのキャパシティを、割引を適用して予約します。

AWS Billing Conductor

Billing Conductor は、 AWS ソリューションプロバイダーと AWS エンタープライズのお客様のショーバックとチャージバックのワークフローをサポートするカスタム請求サービスです。毎月の請求データの代替バージョンをカスタマイズできます。このサービスは、お客様とその顧客またはビジネスユニット間の請求関係をモデル化します。

Billing Conductor は、 AWS 毎月の請求方法を変更しません。代わりに、このサービスを使用して、特定の請求期間における特定の顧客に対するレートを設定、生成、表示できます。また、これを使用して、 の同じアカウントの実際のレートに対する、グループ化に適用するレートの差を分析することもできます AWS。

Billing Conductor を設定すると、支払いアカウント (管理アカウント) は、AWS Billing and Cost Management コンソールの請求詳細ページに適用されたカスタムレートを確認することもできます。支払いアカウントは、請求グループごとに AWS コストと使用状況レポートを設定することもできます。

Billing Conductor の詳細については、「AWS Billing Conductor ユーザーガイド」を参照してください。

IAM

AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して、アカウントまたは組織の誰が請求情報とコスト管理コンソールの特定のページにアクセスできるかを制御できます。例えば、請求書や、料金、アカウントアクティビティ、予算、支払い方法、クレジットに関する詳細情報へのアクセスを制御できます。IAM は の機能です AWS アカウント。IAM へのサインアップに必要な作業はありません。また、使用しても料金は発生しません。

アカウントを作成するときは、アカウント内のすべての AWS のサービス およびリソースへの完全なアクセス権を持つ 1 つのサインインアイデンティティから始めます。この ID は AWS アカウントのルートユーザー と呼ばれ、アカウントの作成に使用した E メールアドレスとパスワードでサインインすることでアクセスできます。日常的なタスクには、ルートユーザーを使用しないことを強くお勧めします。ルートユーザーの認証情報は保護し、ルートユーザーでしか実行できないタスクを実行するときに使用します。

ルートユーザーとしてサインインする必要があるタスクの完全なリストについては、『IAM ユーザーガイド』の「ルートユーザー認証情報が必要なタスク」を参照してください。

デフォルトでは、アカウント内の IAM ユーザーおよびロールは、Billing and Cost Management コンソールにアクセスできません。アクセスを許可するには、[IAM アクセスをアクティブ化] 設定を有効にします。詳細については、「AWS Billing コンソールへの IAM アクセスについて」を参照してください。

AWS アカウント 組織に複数の がある場合は、コスト管理設定ページを使用して、Cost Explorer データへのリンクされたアカウントアクセスを管理できます。詳細については、「Cost Explorer へのアクセスの管理」を参照してください。

IAM の詳細については、『IAM ユーザーガイド』を参照してください。

AWS Organizations

組織の一括請求機能を使用して、複数の AWS アカウントの請求と支払いを統合できます。すべての組織には管理アカウントがあり、すべてのメンバーアカウントの請求を支払います。

一括請求には次の利点があります。

  • 1 つの請求書 – 複数のアカウントに対して 1 つの請求書を受け取るだけで済みます。

  • 簡単な追跡 – 複数のアカウントでの料金を追跡し、コストと使用状況の統合データをダウンロードできます。

  • 使用状況の結合 – 組織内のアカウントすべての使用量を結合し、料金のボリューム割引、リザーブドインスタンスの割引、および Savings Plans を共有できます。その結果、会社、部門、またはプロジェクトでの料金が個々のスタンドアロンアカウントと比較して低くなります。詳細については、「従量制割引」を参照してください。

  • 追加料金なし – 一括請求は追加コストなしで提供されます。

組織の詳細については、「AWS Organizations ユーザーガイド」を参照してください。

AWS Pricing Calculator

AWS Pricing Calculator は、 AWS ユースケースの見積りを作成するためのウェブベースの計画ツールです。これを使用して、ソリューションを構築する前にモデル化し、 AWS のサービス 料金ポイントを調べ、見積りの背後にある計算を確認します。 AWS Pricing Calculator を使用して、 を使用する際の支出計画、コスト削減の機会の発見、情報に基づいた意思決定に役立てることができます AWS。 AWS Pricing Calculator は、 を初めて使用する場合 AWS や、 AWS 使用量を再編成または拡大したい場合に役立ちます。

詳細については、https://calculator.aws/#/ および「AWS Pricing Calculator ユーザーガイド」を参照してください。