パイプラインの作業アクティビティ用にサポートされているインスタンスタイプ - AWS Data Pipeline

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

パイプラインの作業アクティビティ用にサポートされているインスタンスタイプ

AWS Data Pipeline は、パイプラインを実行するときに、パイプラインコンポーネントをコンパイルして一連のアクション可能な Amazon EC2 インスタンスを作成します。各インスタンスには、特定のタスクを実行するためのすべての情報が含まれています。完全なインスタンスのセットは、パイプラインの To-Do リストです。AWS Data Pipeline は、Task Runner に処理するインスタンスを渡します。

EC2 インスタンスの構成はさまざまであり、 インスタンスタイプと呼ばれています。各インスタンスタイプには、異なる CPU、入力/出力、およびストレージ容量があります。アクティビティ用のインスタンスタイプを指定するほかに、複数の異なる購入オプションを選択できます。すべてのインスタンスタイプがすべての AWS リージョンで使用できるわけではありません。インスタンスタイプが使用できない場合、パイプラインでプロビジョニングが失敗または停止することがあります。インスタンスが使用できるかどうかについては、Amazon EC2 の料金表ページを参照してください。インスタンスの購入オプションのリンクを開き、リージョンでフィルタして、インスタンスタイプが当該リージョンで使用できるかどうかを確認してください。これらのインスタンスタイプ、ファミリー、仮想化タイプの詳細については、「Amazon EC2 インスタンス」および「Amazon Linux AMI インスタンスタイプマトリックス」を参照してください。

以下の表では、AWS Data Pipeline がサポートするインスタンスタイプについて説明しています。AWS Data Pipeline では、任意のリージョンで Amazon EC2 インスタンスを起動できます。これには、AWS Data Pipeline がサポートされていないリージョンも含まれます。AWS Data Pipeline がサポートされているリージョンの詳細については、「AWS のリージョンとエンドポイント」を参照してください。