をアクティブ化するAWS DataSyncエージェント - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

をアクティブ化するAWS DataSyncエージェント

をデプロイした後AWS DataSyncエージェントを選択し、接続するサービスエンドポイントを指定したら、エージェントをアクティブ化します。このプロセスでは、エージェントとAWS アカウント。

注記

複数のエージェントをアクティブ化できないAWS アカウントそしてAWS リージョン一度に。

エージェントをアクティブ化するには

  1. 同じでエージェントを作成するページに移動します。アクティベーションキーセクションに追加します。

  2. 以下のいずれかのオプションを選択して、エージェントをアクティブ化します。

    • エージェントからアクティベーションキーを自動的に取得する— このオプションでは、ブラウザがポート 80 を使用してエージェントにアクセスする必要があります。アクティブ化されると、エージェントはポートを閉じます。

      • を使用する場合エージェントアドレス、エージェントの IP アドレスまたはドメイン名を入力し、キーを取得

        ブラウザは、IP アドレスに接続され、エージェントから一意のアクティベーションキーを取得します。アクティベーションに失敗した場合、ネットワーク設定確認

    • エージェントのアクティベーションキーを手動で入力する— ブラウザとエージェント間の接続を希望しない場合は、このオプションを使用します。

    注記

    エージェントアクティベーションキーは、未使用の場合 30 分で期限切れになります。

  3. (オプション) [エージェント名] に、エージェントの名前を入力します。

  4. (オプション)タグ] に値を入力します。キーそしてValueフィールドを使用してエージェントにタグを付けます。

    タグは、の管理、フィルタリング、検索に役立ちますAWSリソースの使用料金を見積もることができます。

  5. [エージェントの作成] を選択します。

    エージェントは[エージェント]ページで. サービスエンドポイントが正しいことを確認します。

作成されると、AWSエージェントを管理します (転送を中断しないソフトウェアアップデートを含む)。必要に応じて、そのエージェントを使用して直接エージェントと連携できます。ローカルコンソール