AWS DataSyncエージェントのアクティベーション - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS DataSyncエージェントのアクティベーション

AWS DataSyncエージェントをデプロイし、接続するサービスエンドポイントを指定したら、エージェントをアクティブ化する必要があります。このプロセスでは、エージェントとAWS アカウントを関連付けます。

注記

AWS アカウントAWS リージョンエージェントを一度に複数のエージェントでアクティブ化することはできません。

コンソールを使用してエージェントをアクティベーションするには
  1. 同じ [エージェントの作成] ページで、[アクティベーションキー] セクションに移動します。

  2. エージェントをアクティベーションするには、次のいずれかのオプションを選択します。

    • エージェントからアクティベーションキーを自動的に取得 — このオプションでは、ブラウザがポート 80 を使用してエージェントにアクセスする必要があります。アクティブ化されると、エージェントはポートを閉じます。

      • [エージェントアドレス] に、エージェントの IP アドレスまたはドメイン名を入力し、[キーを取得] を選択します。

        ブラウザは、IP アドレスに接続され、エージェントから一意のアクティベーションキーを取得します。アクティベーションに失敗した場合は、ネットワーク構成を確認してください

    • エージェントのアクティベーションキーを手動で入力する — ブラウザとエージェントを接続したくない場合は、このオプションを使用してください。

    注記

    エージェントアクティベーションキーは、未使用の場合、30 分で期限切れになります。

  3. (オプション) [エージェント名] に、エージェントの名前を入力します。

  4. (オプション)「タグ」では、「キー」フィールドと「値」フィールドに値を入力してエージェントをタグ付けします

    タグは、AWSリソースの管理、フィルタリング、検索に役立ちます。

  5. [エージェントの作成] を選択します。

    エージェントが [エージェント] ページに表示されます。サービスエンドポイントが正しいことを確認します。

一度作成すると、AWSエージェントを管理します (転送を中断しないソフトウェアアップデートを含む)。必要に応じて、ローカルコンソールを使用してエージェントと直接連携できます