タスクの開始 - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タスクの開始

タスクの開始はタスク実行を作成します。タスクの実行は、個々のタスクの実行です。各タスクには、同時に最大で 1 つのタスクを含めることができます。タスク作成時にタスクレベルですでに設定した DataSync オプションを使用してタスクを実行できます。または、タスクを実行する前に、特定のタスク実行でこのオプションを変更することができます。タスクの開始方法の手順については、「タスクの開始」を参照してください。

注記

各エージェントは同時に 1 つのタスクを実行できます。

AWS DataSync が [PREPARING (準備中)] ステータスに費やす時間は、ソースと同期先両方のファイルシステムにあるファイルの数によって異なります。また、これらのファイルシステムのパフォーマンスによっても異なります。タスクを開始すると、DataSync は再帰的なディレクトリのリストアップを実行して、送信元と送信先のファイルシステムにあるすべてのファイルとメタデータを検出します。このリストアップは差異を識別して何をコピーするかを判断するために使用され、通常は数分から数時間かかります。

タスク実行のキューイング

同じエージェントを使用して複数のタスクを実行する場合は、タスクごとに 1 つのタスク実行をキューに入れることができます。キューイングを使用すると、エージェントがすでに他のタスクを実行している場合でも、タスクを順次に (先入れ先出しで) 実行できます。DataSync コンソールまたは API を使用して、キューを設定できます。

タスク実行ごとに異なるフィルタ設定を使用して、同じタスクの複数の実行をキューに入れることができます。タスク実行のフィルター設定を構成するには、優先で始まるオプションを使用します。フィルタについての詳細は、「転送されたデータのフィルタリングAWS DataSync」を参照してください。

DataSync コンソールでキューイングを有効にするには、[Enabled (有効)]forキューイングオプションで、タスク設定を構成するときに使用します。キューイングを有効にした場合、エージェントが別のタスク実行を実行しているか、異なるフィルタを使用する実行を実行していると、現在のタスク実行は自動的にキューに入れられます。タスク実行が完了すると、DataSync はキューに入れられた次の実行を実行します。キューからタスク実行を自分で削除する場合は、実行をキャンセルします。

DataSync API を使用してキューイングを有効にするには、TaskQueueingプロパティをENABLED