AWS DataSync での AWS Command Line Interface の使用 - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS DataSync での AWS Command Line Interface の使用

このセクションでは、AWS Command Line Interface (AWS CLI) コマンドを AWS DataSync で使用する例を説明します。これらのコマンドを使用して、エージェントの作成、送信元と送信先の場所の作成、タスクの実行を行います。

開始する前に、「」を読み、AWS DataSync の仕組み使用されているコンポーネントおよび使用される用語と本サービスの動作方法について理解することが推奨されます。 DataSync また、「」を読みの IAM カスタマーマネージド型ポリシーAWS DataSync、 DataSync 必要なAWS Identity and Access Management (IAM) アクセス許可について理解することも推奨されます。

AWS CLI コマンドを使用する前に、AWS CLI をインストールします。AWS CLI のインストールまたはアップグレード方法の詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの「AWS Command Line Interface のインストール」を参照してください。をインストールしたらAWS CLI、help DataSync コマンドを使用してオペレーションとそれに関連付けられたパラメータを確認できます。

使用可能なオペレーションを表示するには、次のコマンドを入力します。

aws datasync help

特定のオペレーションに関連付けられたパラメータを表示するには、次のコマンドを入力します。

aws datasync operation help

AWS CLI の詳細については、の「AWS Command Line Interface とは」を参照してください。

AWS リージョンサポートされているエンドポイントとエンドポイントについては、「AWS DataSyncエンドポイントとクォータ」を参照してください。

DataSync Amazon リソースネーム (ARN) の値の詳細については、「Amazon リソースネーム」を参照してください。