AWS DataSyncにエージェントをデプロイするAWS リージョン - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS DataSyncにエージェントをデプロイするAWS リージョン

以下のガイダンスは、AWS DataSyncにエージェントをデプロイする場合の一般的なシナリオに役立ちますAWS リージョン。エージェントがまだいない場合は、「」を参照してください「Deploy your agent as an Amazon EC2 instance」 (Amazon EC2 インスタンスとしてエージェントをデプロイする)

クラウドファイルシステムから別のクラウドファイルシステムまたは Amazon S3 にデータを転送する

クラウドファイルシステム間AWS アカウント、またはクラウドファイルシステムからデータを転送するためには、 DataSyncエージェントを、ソースファイルシステムと同じAWS リージョンAWS アカウントおよび同じロケーションに配置する必要があります。このタイプの転送には、次のものが含まれます。

  • Amazon EFS または FSx for Windows File Server ファイルシステム間で別の AWS アカウント の AWS ストレージに転送します。

  • セルフマネージドファイルシステムから AWS ストレージサービスへの転送。

重要

アベイラビリティーゾーン間のネットワークトラフィックを必要としないように(このようなトラフィックの料金を回避するため)エージェントを展開します。

  • Amazon EFS または FSx for Windows File Server ファイルシステムにアクセスするには、ファイルシステムへのマウントターゲットがあるアベイラビリティーゾーンにエージェントをデプロイします。

  • セルフマネージドファイルシステムの場合は、ファイルシステムが存在するアベイラビリティーゾーンにエージェントをデプロイします。

すべての AWS リージョン ーのデータ転送料金の詳細については、「Amazon EC2 オンデマンド料金」を参照してください。。

たとえば、次の図は、クラウド内のネットワークファイルシステム (NFS) からクラウド内 NFS または Amazon S3 DataSync にデータを転送するアーキテクチャの概要を示しています。


                    EFS DataSync  ファイルシステムとエージェントを使用する仮想プライベートクラウド (VPC) を含むソースリージョンと、 DataSync エンドポイントと EFS ファイルシステムを持つ送信先リージョン間のデータ転送を示す図。
注記

ソースファイルシステムが存在する AWS リージョン と AWS アカウント でエージェントをデプロイする。

  • 異なるAWS アカウントの2 つのAmazon EFSファイルシステムの間でコピーするときは、NFS (コピー元) および EFS (コピー先) の転送を使用することをお勧めします。

  • 異なる AWS アカウント の2 つの Amazon FSx ファイルシステム間でコピーする場合では、Amazon FSx (コピー先) へのサーバーメッセージブロック (SMB) (送信元) の転送を使用することをお勧めします。

Amazon S3 からクラウドファイルシステムへのデータ転送

次の図では、Amazon S3 とクラウド内 NFS DataSync ファイルシステム間でデータを転送するアーキテクチャの概要を示しています。このアーキテクチャを使用して、1つのAWS アカウントから別の、または Amazon S3 からセルフマネージドクラウド内ファイルシステムにデータを転送します。


                    S3 DataSync  バケットとエンドポイントを含むソースリージョンと、EFS DataSync  ファイルシステムとエージェントを持つ VPC を含む送信先リージョン間のデータ転送を示す図。