にデプロイされた DataSync EC2 エージェントを使用するAWSリージョン - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

にデプロイされた DataSync EC2 エージェントを使用するAWSリージョン

このセクションでは、DataSync EC2 エージェントを使用した、クラウド内のファイルシステムと Amazon S3 バケット間のデータ転送について説明します。

注記

Amazon EFS または Amazon S3 FSx のデータセット間でファイルまたはオブジェクトを同じAWSアカウントでは、DataSync エージェントを展開する必要はありません。詳細については、「間のデータ転送AWSストレージサービス」を参照してください。

DataSync EC2 エージェントは、AWS異なるアカウントのクラウド内ファイルシステムと Amazon S3 間、または自己管理型のクラウド内ファイルシステムと Amazon S3 間でデータを転送するリージョン。

リージョンへの DataSync EC2 エージェントのデプロイの詳細については、「」EC2 インスタンスとしてエージェントをデプロイして、クラウド内のファイルシステムにアクセスします。

クラウド内のファイルシステムから、クラウド内のファイルシステムまたは Amazon S3 へのデータ転送

1 つからデータを転送するにはAWSアカウントを別のアカウントに、または自己管理型のクラウド内ファイルシステムから、DataSync エージェントが同じAWS地域と同じAWSソースファイルシステムがデプロイされているアカウント。このタイプの転送には、次のものが含まれます。

  • Amazon EFS または Amazon FSx for Windows File Server ファイルシステム間でAWSストレージを別のアカウントに保存します。

  • 自己管理ファイルシステムからAWSストレージサービス。

重要

アベイラビリティーゾーン間のネットワークトラフィックを必要としないように、エージェントをデプロイします(トラフィックの料金を回避するため)。

  • Amazon EFS または Amazon FSx for Windows File Server ファイルシステムにアクセスするには、ファイルシステムにマウントターゲットがあるアベイラビリティーゾーンにエージェントをデプロイします。

  • 自己管理型ファイルシステムの場合は、ファイルシステムが存在するアベイラビリティーゾーンにエージェントをデプロイします。

すべてのデータ転送料金の詳細については、AWSリージョン、」Amazon EC2 オンデマンド料金

次の図では、クラウド内 NFS とクラウド内 NFS または Amazon S3 間でデータを転送するアーキテクチャの概要を示しています。


                    EFS ファイルシステムと DataSync エージェントを持つ VPC を含むソースリージョンと、DataSync エンドポイントと EFS ファイルシステムを持つ宛先リージョン間のデータ転送を示す図。
注記

エージェントをAWSリージョンとAWSソースファイルシステムが常駐するアカウント。

  • 異なる 2 つの Amazon EFS ファイルシステム間でコピーする場合AWSアカウントでは、NFS (コピー元) および EFS (コピー先) の転送を使用することをお勧めします。

  • 異なる 2 つの Amazon FSx ファイルシステム間でコピーする場合AWSアカウントでは、SMB (コピー元) と Amazon FSx (コピー先) の転送を使用することをお勧めします。

S3 からクラウド内のファイルシステムへのデータ転送

以下の図は、Amazon S3 からクラウド内のファイルシステムへデータを転送する DataSync アーキテクチャの概要を示しています。このアーキテクチャを使用して、1 つのAWSアカウントを別のアカウントに移動したり、Amazon S3 から自己管理型のクラウド内ファイルシステムにデータを転送したりできます。


                    S3 バケットと DataSync エンドポイントを含むソースリージョンと、EFS ファイルシステムと DataSync エージェントを持つ VPC を含む宛先リージョン間のデータ転送を示す図。