をデプロイする DataSync エージェント - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

をデプロイする DataSync エージェント

導入方法AWS DataSyncエージェントは、データをコピーする場所と、オンプレミスまたはクラウド内のストレージシステムのどちらで作業しているかによって異なります。

ネットワークレイテンシを最小限に抑えるには、 DataSync エージェントをストレージシステムのできるだけ近くに配置します。詳細については、「AWS DataSyncネットワークの要件」を参照してください。

VMware にエージェントをデプロイする

VMware 環境で AWS DataSync エージェントをダウンロードしてデプロイし、アクティブ化できます。新しいエージェントをデプロイする代わりに、既存のエージェントを使用できます。以前に作成したエージェントが自己管理ストレージにアクセスでき、同じ AWS リージョンでアクティベーションされている場合には、このエージェントを使用できます。

エージェントを VMware にデプロイするには

  1. を開くAWS DataSyncコンソールhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. エージェントをお持ちでない場合は、コンソールの エージェントを作成する ページで エージェントをデプロイする セクションの 画像をダウンロードする を選択します。これで、エージェントがダウンロードされて、VMware ESXi ハイパーバイザーにデプロイされます。エージェントは VM として使用できます。エージェントを Amazon EC2 インスタンスとしてデプロイする場合は、「「Deploy your agent as an Amazon EC2 instance」 (Amazon EC2 インスタンスとしてエージェントをデプロイする)」を参照してください。

    AWS DataSync は現在 VMware ESXi ハイパーバイザーをサポートしています。VM のハードウェア要件に関する詳細については、「仮想マシンの要件」を参照してください。VMware ホスト内に .ova ファイルをデプロイする方法についての詳細は、お使いのハイパーバイザーの情報を参照してください。

    以前にこの AWS リージョン でエージェントをアクティベーションしていて、そのエージェントを使用する場合は、そのエージェントを選択し、[エージェントの作成] を選択します。送信元の場所を設定する ページが表示されます。

  3. ハイパーバイザーの電源をオンにし、VM にログインして、エージェントの IP アドレスを取得します。この IP アドレスは、エージェントをアクティブ化するために必要です。

    注記

    VM のデフォルトの認証情報は、ログイン admin とパスワード password です。

    ローカルコンソールでパスワードを変更できます。では、VM にログインする必要はありません DataSync 機能性。ログインは主にトラブルシューティングに必要となります (接続テストの実行や AWS でのサポートチャネルの開始など)。また、静的 IP アドレスのセットアップなどのネットワーク固有の設定にも必要となります。

エージェントをデプロイしたら、、サービスエンドポイントを選択します

KVM にエージェントをデプロイする

KVM 環境で AWS DataSync エージェントをダウンロードしてデプロイし、アクティベーションできます。新しいエージェントをデプロイする代わりに、既存のエージェントを使用できます。以前に作成したエージェントが自己管理ストレージにアクセスでき、同じ AWS リージョンでアクティベーションされている場合には、このエージェントを使用できます。

エージェントを KVM にデプロイするには

  1. を開くAWS DataSyncコンソールhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. エージェントをお持ちでない場合は、コンソールの エージェントの作成 ページで エージェントをデプロイする セクションの 画像をダウンロードする を選択します。これにより、KVM ハイパーバイザーにデプロイできる画像ファイルを含む .zip ファイルにエージェント.qcow2をダウンロードできます。

    エージェントは VM として使用できます。エージェントを Amazon EC2 インスタンスとしてデプロイする場合は、「「Deploy your agent as an Amazon EC2 instance」 (Amazon EC2 インスタンスとしてエージェントをデプロイする)」を参照してください。

    AWS DataSync は現在 KVM ハイパーバイザーをサポートしています。VM のハードウェア要件に関する詳細については、「仮想マシンの要件」を参照してください。

    KVM で使用する .qcow2 画像のインストールを開始するには、次のコマンドを使用します。

    virt-install \ --name "datasync" \ --description "AWS DataSync agent" \ --os-type=generic \ --ram=32768 \ --vcpus=4 \ --disk path=datasync-yyyymmdd-x86_64.qcow2,bus=virtio,size=80 \ --network default,model=virtio \ --graphics none \ --import

    この VM および KVM ホストの管理方法の詳細については、ハイパーバイザーのドキュメントを参照してください。

    この AWS リージョン で以前にエージェントをアクティベーションにしていて、そのエージェントを使用したい場合は、そのエージェントを選択してから エージェントの作成を選択します。送信元の場所を設定する ページが表示されます。

  3. ハイパーバイザーの電源をオンにし、VM にログインして、エージェントの IP アドレスを取得します。この IP アドレスは、エージェントをアクティブ化するために必要です。

    注記

    VM のデフォルトの認証情報は、ログイン admin とパスワード password です。

    ローカルコンソールでパスワードを変更できます。では、VM にログインする必要はありません DataSync 機能性。ログインは主にトラブルシューティングに必要となります (接続テストの実行や AWS でのサポートチャネルの開始など)。また、静的 IP アドレスのセットアップなどのネットワーク固有の設定にも必要となります。

エージェントをデプロイしたら、サービスエンドポイントを選択します

Microsoft Hyper-V にエージェントをデプロイする

をダウンロードしてデプロイできますAWS DataSyncエージェントを Microsoft Hyper-V 環境に追加し、アクティベーションします。新しいエージェントをデプロイする代わりに、既存のエージェントを使用できます。以前に作成したエージェントが自己管理ストレージにアクセスでき、同じ AWS リージョンでアクティベーションされている場合には、このエージェントを使用できます。

エージェントを Hyper-V にデプロイするには

  1. を開くAWS DataSyncコンソールhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. エージェントをお持ちでない場合は、コンソールの エージェントの作成 ページで エージェントをデプロイする セクションの 画像をダウンロードする を選択します。エージェントをダウンロードすると、Hyper-V ハイパーバイザーにデプロイできる .vhdx 画像ファイルを含む .zip ファイルになります。

    エージェントは VM として使用できます。エージェントを Amazon EC2 インスタンスとしてデプロイする場合は、「「Deploy your agent as an Amazon EC2 instance」 (Amazon EC2 インスタンスとしてエージェントをデプロイする)」を参照してください。

    AWS DataSync は、現在 Hyper-V ハイパーバイザーをサポートしています。VM のハードウェア要件に関する詳細については、「仮想マシンの要件」を参照してください。Hyper-V ホスト内に .vhdx ファイルをデプロイする方法についての詳細は、お使いのハイパーバイザーの情報を参照してください。

    この AWS リージョン で以前にエージェントをアクティベーションしていて、そのエージェントを使用したい場合は、そのエージェントを選択してから エージェントの作成を選択します。送信元の場所を設定する ページが表示されます。

  3. ハイパーバイザーの電源をオンにし、VM にログインして、エージェントの IP アドレスを取得します。この IP アドレスは、エージェントをアクティブ化するために必要です。

    注記

    VM のデフォルトの認証情報は、ログイン admin とパスワード password です。

    ローカルコンソールでパスワードを変更できます。では、VM にログインする必要はありません DataSync 機能性。ログインは主にトラブルシューティングに必要となります (接続テストの実行や AWS でのサポートチャネルの開始など)。また、静的 IP アドレスのセットアップなどのネットワーク固有の設定にも必要となります。

エージェントをデプロイしたら、サービスエンドポイントを選択します

「Deploy your agent as an Amazon EC2 instance」 (Amazon EC2 インスタンスとしてエージェントをデプロイする)

展開する DataSync 以下の間でデータをコピーするときに Amazon EC2 インスタンスとしてエージェント

警告

ネットワークレイテンシーが増加するため、Amazon EC2 エージェントを使用してオンプレミスストレージにアクセスすることはお勧めしません。代わりに、可能な限りオンプレミスストレージの近くにデータセンターに、VMware、KVM、または Hyper-V 仮想マシンとしてエージェントをデプロイします。

AWS リージョンのためのエージェント AMI を選択するには

  • 次の CLI コマンドを使用して最新の DataSync 指定された用の Amazon Machine Image (AMI) IDAWS リージョン。

    aws ssm get-parameter --name /aws/service/datasync/ami --region region

    例 コマンドと出力の例

    aws ssm get-parameter --name /aws/service/datasync/ami --region us-east-1 { "Parameter": { "Name": "/aws/service/datasync/ami", "Type": "String", "Value": "ami-id", "Version": 6, "LastModifiedDate": 1569946277.996, "ARN": "arn:aws:ssm:us-east-1::parameter/aws/service/datasync/ami" } }

をデプロイするには DataSync Amazon EC2 インスタンスとしてのエージェント

重要

料金を回避するには、アベイラビリティーゾーン間のネットワークトラフィックを必要としない方法でエージェントをデプロイします。たとえば、セルフマネージドファイルシステムが存在するアベイラビリティーゾーンにエージェントをデプロイします。

すべての AWS リージョン ーのデータ転送料金の詳細については、「Amazon EC2 オンデマンド料金」を参照してください。。

  1. からへAWS アカウントソースファイルシステムが存在する場合は、Amazon EC2 の起動ウィザードから AMI を使用してエージェントを起動します。次の URL を使用して AMI を起動します。

    https://console.aws.amazon.com/ec2/v2/home?region=source-file-system-region#LaunchInstanceWizard:ami=ami-id

    URL のsource-file-system-regionそしてami-id独自のソースでAWS リージョンと AMI ID です。[インスタンスタイプの選択] ページが Amazon EC2 コンソールに表示されます。

  2. ユースケースに合った、推奨されるインスタンスタイプのいずれかを選択し、: インスタンスの詳細の設定。推奨されるインスタンスタイプについては、「Amazon EC2 インスタンスの要件」を参照してください。

  3. [Configure Instance Details] ページで以下の操作を実行します。

    1. を使用する場合ネットワークで、ソース Amazon EFS または NFS ファイルシステムがある Virtual Private Cloud (VPC) を選択します。

    2. [パブリック IP の自動割り当て] で値を選択します。インスタンスをパブリックインターネットからアクセス可能にする場合は、[自動割り当てパブリック IP] を [有効化] に設定します。それ以外の場合は、[自動割り当てパブリック IP] を [無効化] に設定します。パブリック IP アドレスが割り当てられていない場合は、プライベート IP アドレスを使用して、VPC のエージェントをアクティブ化します。

      ファイルをクラウド内のファイルシステムから転送してパフォーマンスを高める場合は、NFS サーバーがある [プレイスメントグループ] を選択することをお勧めします。

  4. [Next: (次へ:)] を選択します [Add Storage] (ストレージの追加)。エージェントにストレージを追加する必要はないため、このステップをスキップして次へ: タグを追加する

  5. (オプション) [タグの追加] ページで、タグを Amazon EC2 インスタンスに追加することができます。このページのステップがステップが完了したら、[] を選択します。次へ: [Configure Security Group] (セキュリティグループの設定)。

  6. [セキュリティグループの設定] ページで、次の操作を行います。

    1. 選択したセキュリティグループで、エージェントのアクティブ化に使用するウェブブラウザから HTTP ポート 80 へのインバウンドアクセスが許可されていることを確認します。

    2. ソースファイルシステムのセキュリティグループで、エージェントからのインバウンドトラフィックが許可されていることを確認します。さらに、ソースファイルシステムへのアウトバウンドトラフィックがエージェントで許可されていることを確認します。VPC エンドポイントを使用してエージェントをデプロイする場合は、追加のポートを許可する必要があります。詳細については、「その方法は DataSync VPC エンドポイントの使用 」を参照してください。

    のネットワーク要件の完全なセット DataSync「」を参照してください。AWS DataSyncネットワークの要件

  7. [確認と作成] を選択して設定を確認し、[作成] を選択してインスタンスを作成します。アクセス可能なキーペアを使用することを忘れないでください。確認ページが表示され、インスタンスが起動していることが示されます。

  8. [View Instances] を選択して確認ページを閉じ、Amazon EC2 インスタンス画面に戻ります。インスタンスを起動した直後のステータスは [pending (保留中)] です。インスタンスが起動されると、状態は [running (実行中)] に変わります。この時点では、パブリックドメインネームシステム (DNS) 名と IP アドレスが割り当てられています。これらは、[説明] タブで確認できます。

  9. [パブリック IP の自動割り当て] を [Enable (有効化)] に設定している場合は、インスタンスを選択して、[説明] タブ のパブリック IP アドレスを書き留めます。この IP アドレスは、同期エージェントに接続するために後に使用します。

    [パブリック IP の自動割り当て] を [Disable (無効化)] に設定している場合は、VPC の既存のインスタンスを起動または使用してエージェントをアクティブ化します。この場合は、同期エージェントのプライベート IP アドレスを使用して、VPC のこのインスタンスからエージェントをアクティブ化します。

AWS Snowconeのエージェントをデプロイする

- DataSync エージェント AMI は Snowcone デバイスにプリインストールされています。以下のツールのいずれかを使用してエージェントを起動します。

AWS Outpostsのエージェントをデプロイする

起動できる DataSync Outpost の Amazon EC2 インスタンス。AWS Outposts での AMI の起動については、AWS Outposts ユーザーガイド「アウトポストでインスタンスを起動する」 を参照してください。

使用するもの DataSync Outposts 上の Amazon S3 にアクセスするには、Amazon S3 アクセスポイントへのアクセスを許可されている VPC でエージェントを起動し、Outpost の親リージョンでエージェントをアクティベーションする必要があります。また、エージェントは、バケットの Outposts エンドポイントでの Amazon S3 にルーティングできる必要があります。Outposts エンドポイントでの Amazon S3 を使用した作業については、Amazon S3 ユーザーガイドOutposts での Amazon S3 を使用した作業 を参照してください。