タスク実行の使用 - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タスク実行の使用

このセクションでは、タスクの実行方法について説明します。AWS DataSync。

Aタスクの実行は個々のタスク実行であり、開始時間、終了時間、書き込まれたバイト、ステータスなどの情報が含まれます。

タスクの実行が開始されたら、タスクの進行状況を監視したり、帯域幅調整を追加または調整したり、完了する前にキャンセルしたりできます。

タスク実行の帯域幅スロットリングの調整

タスク実行の帯域幅調整を変更するには、AWS Management ConsoleまたはDataSync APIを使用します。API の使用については、「」を参照してください。更新タスク実行

帯域幅調整を変更するには

  1. を開くAWS DataSyncコンソールhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. ナビゲーションペインで、[Tasks] を選択します。

  3. を選択します。タスク IDモニタリングする実行中のタスクをで監視します。コンソールを使用して、現在実行中またはキューに入れられているタスク実行を変更できます。タスクの実行ステータスの詳細については、「」を参照してください。タスク実行ステータスを理解します。

  4. 選択履歴をクリックして、タスク実行インスタンスを表示します。

  5. 変更するアクティブなタスク実行を選択します。

  6. を使用する場合アクション] で、編集

  7. タスク実行を編集表示されるダイアログボックスで、[使用可能を使用して帯域幅スロットリングを削除し、使用可能なすべての帯域幅をタスクの実行に使用します。

    選択帯域幅制限の設定(MiB/秒)をクリックして、帯域幅の制限を変更します。

    タスク実行の帯域幅制限の変更を保存するには、変更の保存。新しい帯域幅制限設定は、実行中またはキューに入れられたタスクの実行で 60 秒以内に有効になります。

タスク実行をキャンセルする

コンソールを使用して、現在実行中またはキューに入れられているタスクの実行をキャンセルできます。API を使用してタスク実行をキャンセルすることもできます。詳細については、「」を参照してください。CancelTaskExecution

タスクの実行ステータスについては、「」を参照してください。タスク実行ステータスを理解します。

タスク実行をキャンセルするには

  1. を開くAWS DataSyncコンソールhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. ナビゲーションペインで、[Tasks] を選択します。

  3. を選択します。タスク IDモニタリングする実行中のタスクをで監視します。-ステータスはになっている必要があります実行中

  4. 選択履歴をクリックして、タスク実行インスタンスを表示します。タスクの実行ステータスについては、「」を参照してください。タスク実行ステータスを理解します。

  5. 停止するアクティブなタスク実行を選択します。

  6. を使用する場合アクション] で、を停止

  7. タスク実行を停止する表示されるダイアログボックスで、[確認タスク実行を停止します。

CloudWatch を使用したタスク実行のモニタリング

タスクを実行すると、Amazon CloudWatch の詳細メトリックス、ログ、イベントが生成されます。CloudWatch で使用可能なモニタリング情報の詳細については、「」を参照してください。タスクのモニタリング