でのタスク実行の使用 DataSync - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

でのタスク実行の使用 DataSync

In (イン)AWS DataSync、aタスクの実行個別のタスク実行。これには、開始時間、書き込まれたバイト、ステータスなどの情報が含まれます。

タスクの実行が開始されると、タスクの進行状況をモニタリングしたり、帯域幅スロットリングを追加または調整したり、完了する前にキャンセルしたりできます。

タスク実行の帯域幅スロットリングの調整

タスク実行の帯域幅スロットリングは、AWS Management Consoleまたは DataSync API。API の使用の詳細については、「」を参照してください。UpdateTaskExecution

帯域幅スロットリングを変更するには

  1. を開きます。AWS DataSyncコンソールでhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. ナビゲーションペインで、[Tasks (タスク)] を選択します。

  3. モニタリングする実行中のタスクのタスク IDを選択します。コンソールを使用して、現在実行中またはキューに入っているタスク実行を変更できます。

  4. 履歴を選択して、タスク実行インスタンスを表示します。

  5. 変更するアクティブなタスク実行を選択します。

  6. [Actions (アクション)] で、[Edit (編集)] を選択します。

  7. タスク実行を編集するダイアログボックスで、[Use available (使用可能)] をクリックして、帯域幅スロットリングを削除し、使用可能なすべての帯域幅をタスク実行に使用します。

    [帯域幅制限の設定 (MIB/秒)] を選択して、帯域幅の制限を変更します。

    タスク実行の帯域幅制限に対する変更を保存するには、[変更の保存] を選択します。新しい帯域幅制限設定は、60 秒以内に実行中またはキューに入れられたタスクの実行に対して有効になります。

タスク実行ステータス

スタート時 DataSync タスク、これらはあなたが見るかもしれないステータスです。

コンソールステータス API ステータス 説明

キュー

QUEUED

同じエージェントを使用している実行中のタスクが別にある場合、これはタスク実行の最初のフェーズです。詳細については、「タスク実行のキューイング」を参照してください。

起動中

LAUNCHING

同じエージェントを使用している実行中のタスクが他にないか、キューイングが有効になっていない場合、これはタスク実行の最初のフェーズです。この時点で、AWS DataSync はタスク実行を初期化します。通常このステータスは急速ですが、数分かかる場合もあります。

準備中

PREPARING

これはタスク実行の 2 番目のフェーズです。AWS DataSync はどのファイルを転送する必要があるかを計算しています。このフェーズの所要時間は、送信元の場所のファイル数に比例します。通常は、送信元と送信先のファイルシステム、およびこれらのファイルシステムのパフォーマンスに応じて、数分から数時間かかります。詳細については、「の開始 DataSync 仕事」を参照してください。

移管

TRANSFERRING

これは、タスク実行の 3 番目のフェーズです。 DataSync へのデータの転送を現在実行しています。AWS。一方 DataSync ファイルの転送中。転送されたバイトとファイルの数はリアルタイムで更新されます。

検証中

VERIFYING

これは、タスク実行の 4 番目のフェーズで、オプションです。そのファイルにVerifyModeオペレーションはに設定されていますPOINT_IN_TIME_CONSISTENT, DataSync データとメタデータの完全な整合性の検証を実行します。この検証により、目的地のデータがソースのデータの正確なコピーであることが保証されます。このプロセスでは、送信先のすべてのファイルの読み取りが必要であり、大規模なボリュームでは非常に長い時間がかかることがあります。検証をスキップする場合は、VerifyModeへの移管NONE。詳細については、「ハウは DataSync データの整合性を検証する」を参照してください。

成功

SUCCESS

この値はデータ転送が成功したときに返されます。そのファイルにVerifyMode操作が設定されていません。このステータスは移管フェーズ。それ以外の場合は、検証フェーズ。詳細については、「タスクの実行」を参照してください。

エラー

ERROR

この値はデータ転送が失敗したときに返されます。そのファイルにVerifyModeオプションが設定されていません。このステータスは移管フェーズ。それ以外の場合は、検証フェーズ。

のキャンセル DataSync 仕事

コンソールを使用して、現在実行中またはキューに入っているタスクの実行をキャンセルできます。API を使用してタスクの実行をキャンセルすることもできます。詳細については、次を参照してください。CancelTaskExecution

タスクの実行をキャンセルするには

  1. を開きます。AWS DataSyncコンソールでhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. ナビゲーションペインで、[Tasks (タスク)] を選択します。

  3. モニタリングする実行中のタスクにタスク ID を選択します。ステータス実行中になっている必要があります。

  4. 履歴を選択して、タスク実行インスタンスを表示します。

  5. 停止するアクティブなタスクの実行を選択します。

  6. [アクション] で [停止] を選択します。

  7. タスク実行を停止ダイアログボックスで [確認] をクリックして、タスクの実行を停止します。