AWS Direct Connect リソースのタグ付け - AWS Direct Connect

AWS Direct Connect リソースのタグ付け

タグは、リソースの所有者が自分の AWS Direct Connect リソースに割り当てるラベルです。タグはそれぞれ、1 つのキーとオプションの 1 つの値で構成されており、どちらもお客様側が定義します。タグを使用すると、AWS Direct Connect リソースを用途、環境などのさまざまな方法で分類できます。これは、同じタイプのリソースが多数ある場合に役立ちます。割り当てたタグに基づいて特定のリソースをすばやく識別できます。

たとえば、リージョンの異なる場所に 2 つの AWS Direct Connect 接続がある場合。接続 dxcon-11aa22bb は接続のための本稼働トラフィックとなり、仮想インターフェイス dxvif-33cc44dd に関連付けられます。接続 dxcon-abcabcab は冗長性(バックアップ)接続となり、仮想インターフェイス dxvif-12312312 に関連付けられます。接続と仮想インターフェイスに次のようなタグ付けをして、識別に役立たせることもできます。

リソース ID タグキー タグ値
dxcon-11aa22bb 目的 本番稼働用
場所 アムステルダム
dxvif-33cc44dd 目的 本番稼働用
dxcon-abcabcab 目的 バックアップ
場所 フランクフルト
dxvif-12312312 目的 バックアップ

ニーズを満たす一連のタグキーをリソースタイプごとに考案されることをお勧めします。一貫性のあるタグキーセットを使用することで、リソースの管理が容易になります。タグには、AWS Direct Connect に関連する意味はなく、完全に文字列として解釈されます。また、タグは自動的にリソースに割り当てられます。タグのキーと値は編集でき、タグはリソースからいつでも削除できます。タグの値を空の文字列に設定することはできますが、タグの値を null に設定することはできません。特定のリソースについて既存のタグと同じキーを持つタグを追加した場合、古い値は新しい値によって上書きされます。リソースを削除すると、リソースのタグも削除されます。

次の AWS Direct Connect リソースにタグ付けするには、AWS Direct Connect コンソール、AWS Direct Connect API、AWS CLI、AWS Tools for Windows PowerShell または AWS SDK を使用します。このようなツールを使用してタグを管理する場合、リソースに Amazon リソースネーム (ARN) を指定する必要があります。ARN の詳細については、アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス の「Amazon リソースネーム (ARN) と AWS のサービスの名前空間」を参照してください。

リソース タグをサポート 作成時のタグをサポート アクセスとリソースの割り当てを制御するタグをサポート コスト配分をサポート
接続 はい はい はい はい
仮想インターフェイス はい はい はい いいえ
Link aggregation groups (LAG) はい はい はい はい
相互接続 はい はい はい はい
Direct Connect ゲートウェイ いいえ いいえ いいえ いいえ

タグの制限

タグには以下のルールや制限があります。

  • リソースあたりのタグの最大数: 50

  • キーの最大長: 128 文字 (Unicode)

  • 値の最大長: 265 文字 (Unicode)

  • タグのキーと値は大文字と小文字が区別されます。

  • aws: プレフィックスは AWS 専用として予約されています。タグに aws: というプレフィックスが付いたタグキーがある場合、タグのキーまたは値を編集、削除することはできません。aws: プレフィックスが付いたタグキーを持つタグは、リソースあたりのタグ数の制限に数えられません。

  • 使用できる文字は、UTF-8 で表現できる文字、スペース、および数字と、特殊文字 (+、-、=、.、_、:、/、@) です。

  • タグを追加または削除できるのは、リソースの所有者のみです。たとえば、ホスト接続がある場合、パートナーはタグを追加、削除、または表示することはできません。

  • コスト配分タグは、接続、相互接続、および LAG に対してのみサポートされています。コスト管理でのタグの使用方法に関する詳細は、AWS Billing and Cost Management ユーザーガイドの「コスト配分タグの使用」を参照してください。

CLI または API でのタグの操作

リソースのタグの追加、更新、リスト表示、および削除には、次を使用します。

タスク API CLI
1 つ以上のタグを追加、または上書きします。 TagResource tag-resource
1 つ以上のタグを削除します。 UntagResource untag-resource
1 つ以上のタグを記述します。 DescribeTags describe-tags

tag-resource コマンドを使用して、接続 dxcon-11aa22bb にタグ付けします。

aws directconnect tag-resource --resource-arn arn:aws:directconnect:us-east-1:123456789012:dxcon/dxcon-11aa22bb --tags "key=Purpose,value=Production"

describe-tags コマンドを使用して、接続 dxcon-11aa22bb のタグを示します。

aws directconnect describe-tags --resource-arn arn:aws:directconnect:us-east-1:123456789012:dxcon/dxcon-11aa22bb

untag-resource コマンドを使用して、接続 dxcon-11aa22bb からタグを削除します。

aws directconnect untag-resource --resource-arn arn:aws:directconnect:us-east-1:123456789012:dxcon/dxcon-11aa22bb --tag-keys Purpose